530(ゴミゼロ)の日|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > Let‘s整骨院 > 530(ゴミゼロ)の日

530(ゴミゼロ)の日

Let‘s整骨院
2017.05.30

こんにちは!

今日は語呂合わせで530(ゴミゼロ)の日ですね。

ゴミゼロと言えば掃除。掃除と言えばほこり。

そんな私はハウスダストアレルギー…(´・ω・`)

そんなわけで、今回はハウスダストについてです。

 

ハウスダストとは、家の中のほこりやダニ、カビなどの総称で、アレルギー疾患の原因として最も多くを占めるものです。

この中で、ダニが最も大きなアレルゲンと言われ、気管支ぜんそくやアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などの症状を引き起こします。

とくにダニの死骸やフンは、空気中に舞ってしまうほど細かくて小さいものなのです。それらを吸入することによってアレルギー症状を発症してしまうと言われています。

年々増えてきているハウスダストアレルギー。

お子様がアレルギー体質である場合、アレルギー症状を発症させないように、頻繁に清掃をされている方がほとんどだと思います。

しかし、もしも清掃方法が間違っていたら?

・・・さらにハウスダストに悩まされてしまうのかもしれません。そこで、効果的な清掃方法をいくつかご紹介したいと思います。

 

☆拭き清掃から始める
ハウスダストを舞い上げてしまわないように、まずは雑巾がけをしましょう。いきなり掃除機をかけると、単に埃をまき散らすだけとなってしまいます。拭き清掃は高い場所から低い場所へと進めるのがポイントです。

 

☆換気に注意
掃除機をかける時は必ず部屋の換気を行いましょう。換気をしないと部屋中にハウスダストが漂うことになります。閉め切った状態で掃除機をかけることは決してしないようにしましょう。エアコンのスイッチはいったん切り、空気清浄機をお持ちの方は運転を「強」にしておくと効果的です。

 

☆こんな場所にもハウスダストが
布製ソファやぬいぐるみにもたくさんのハウスダストが潜んでいます。ソファはなるべく日当たりの良い場所に置き、掃除機のブラシ部分でほこりを良く吸い取っておきましょう。ぬいぐるみは洗える素材のものを選び、こまめに洗濯をしてしっかりと乾燥するまで日光に当てましょう。

 

☆寝具の清掃
天気の良い日はなるべく布団を干し、乾燥させましょう。その際、遅くとも15時までには取り込むようにしないと外の湿気を吸ってしまい、逆効果となってしまいます。取り込んだ後は布団用の掃除機ノズルを使って表面のハウスダストを除去しておきましょう。

 

初夏になり、陽気のいい日が多くなっています。

梅雨になる前にいつもよりちょっと丁寧に掃除をしてみましょう♪

 

Let’s整骨院 江原

ページトップへ戻る