気圧の変化による体調不良|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > オレンジ堂整骨院・鍼灸院 > 気圧の変化による体調不良

気圧の変化による体調不良

オレンジ堂整骨院・鍼灸院
2017.07.05

天気が悪くなると急に体調が悪くなることがあります。この原因と言われているのが「自律神経の乱れ」です。

自律神経には下記の2つがあります。

  • ストレスを感じた時に優位になる「交感神経」
  • リラックス時に優位になる「副交感神経」

普段はこの2つの神経が生活しやすいようにバランスよく働いているのですが、天候の変化で交感神経の方が活発化し、それが痛みとなって出るのが「頭痛」です。

この痛み、実は鎮痛剤を飲んでも効かないという人が多く悩んでいる女性も多いそうです。その原因は耳にあります。

自律神経は日頃から乱れないように整えておくことが大事です。また、ホルモンと自律神経は関わりが深く、自律神経が乱れればホルモンバランスも崩れるため、女性は注意が必要です。特に更年期女性など、ただでさえホルモンバランスが崩れて自律神経も乱れがちな人は、症状もひどくなる可能性があります。

自律神経を整えるため

自律神経を整えるのに1番大事なのが「規則正しい生活を送ること」です。それで体内リズムが整い自律神経のバランスも整えられます。

朝起きてすぐに太陽の光を浴びることで体内時計がリセットされ、そこからスタートします。起きてもカーテンを閉めきって暗い部屋にいると体内時計が動かないので、そういう人は夜も遅くまで起きてしまうようです。

太陽が出ていない日も朝起きたらすぐにカーテンを開けて、外の光を浴びるようにしましょう。そうするだけで気分も晴れやかになります。

には、次の4つのことを心がけるようにしましょう。

入浴する時、38~40℃のぬるめのお湯につかり体を温めると心と体がリラックス状態になります。心がリラックすると副交感神経のバランスが良くなり、さらに心も体もリラックスしてきます。

よく「代謝をあげるため」といって熱いお風呂に入る人もいますが、これは知らない間にストレスを感じて交感神経が活発化してしまうので、寝つきが悪くなる場合もあります。

自律神経を整えるためには熱めのお風呂は適していないので、ぬるめのお湯に浸かるようにしましょう。

特に何かがあったわけでもないけれど、暗くなったり寒くなると気分が憂鬱になり、寂しい気持ちになることがあります。実はこれも天気による体調の変化の1つと言われています。

落ち込んだ気分をそのままにしていると、精神バランスが悪くなるので気分をリフレッシュしてくれるようなもので気分転換するのが大事です。

気分のリフレッシュ、リラックスさせてくれるものは人それぞれですが、一般的に効果が高いと言われているのが、アロマなどの香りでの気分転換です。

自分の落ちつく香りを見つけ、気分が落ち込んだ時や疲れた時に香りを使って気分をリフレッシュしましょう。

 

オレンジ堂整骨院 田仲

ページトップへ戻る