夏に起きやすい体の不調|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 西川整骨院・鍼灸院 > 夏に起きやすい体の不調

夏に起きやすい体の不調

健康の話
2017.07.21

こんにちは、西川の梅原です!

 

ここのところ、気温がずっと30℃を越えてとっても暑いですよね(;´・ω・)

通勤だけでも汗が止まりません…冷房ガンガンに効いているところに行くと生き返ります(笑)

そんな夏に起きやすい体の不調をご紹介していきます。

 

最初に紹介するのは‟冷え”!

冷えと聞くと冬になるのが多いと思いますが、夏にもなるんです。冷房が効いているところにずっといると今度は寒くなってきたり、冷たい飲み物や食べ物をたくさん摂取したりすることで体が冷えてきます。

特に女性で増えているのが内蔵型冷え性

これは、体温調節を司る自律神経が正常に機能しなくなることといわれています。自律神経に異常をきたすと、末端の血管を収縮できずに手足は暖かいまま、末端の血液を内臓に送れないため内臓が冷えてしまいます。

●原因

・冷房で冷えすぎている

・冷たい飲み物や食べ物をたくさん摂る

・運動不足

・疲労や睡眠不足、ストレス

・入浴をシャワーだけで済ませる

冷えると血流不良により、自律神経のコントロールが上手くいかない状態にを招くため、外部環境に合わせて体温調節がしにくい体質になってしまいます。そうなると熱中症にもなりやすくなります。熱中症も、体温調節がうまくできず、体温が上昇することで発症するため、冷房で冷えた屋内から暑い屋外に出た際、急激な温度差に対応できず、体温が急上昇し、熱中症になってしまう可能性が高くなります。

●特徴

・手足は暖かい

・大腿部や上腕部が冷える

・腹部を触るとひんやりと冷たい

・いつも倦怠感を感じる(特に寒い日は酷い)

・低体温(36.0℃以下)になりがち

・自覚症状がない

冷えることによって免疫力低下を引き起こします。体内の免疫細胞が約60%集まっている腸が冷やされると、免疫の機能が十分に発揮できなくなります。結果、風邪をひきやすくなったり、病気にかかりやすくなります。

●対策

・お風呂で体を温める

血流がよくなって冷えた体が温まり、夏冷えしにくくなります。

・部分温めで解消

電車やオフィスなどの冷えが気になる環境では、肌に直接貼れる温熱シートをお腹や腰に貼りましょう。

・温かい食べ物や飲み物で内臓を温める

飲み物は基本的に常温で、体の冷えを感じたら温めて飲みましょう。夏野菜は体の中から冷やしてしまうのでたくさん食べる場合は火を通す等温めて食べましょう。

・服装を選ぶ

上着やインナーなどで衣類を調節しましょう。また、汗でひやさないよう、着替えを用意するのもおすすめです。

 

一番はやはり冷えにならないよう予防することが重要です!

少しでも冷えを感じたら体を温め、いつでも体調万全で暑い夏を乗り越えましょう(⌒∇⌒)

 

次回はむくみについてご紹介します!

 

 

 

ページトップへ戻る