音楽の無限の可能性・・・!|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 亀有北口本院 > 音楽の無限の可能性・・・!

音楽の無限の可能性・・・!

亀有北口本院
2017.07.23

こんにちは!!北口本院の籠谷です!

皆さんは“音楽”はお好きですか?

自分はご飯と同じくらい大好きです!😋

お勉強のお供に音楽は必須です!(最近はゴダイゴやBEATLESハマってます)

 

 

“NO MUSIC, NO LIFE.”

“音楽なしでは、生きられない”ということを端的に表現した言葉ですが、音楽は私たちの人生にとって、切っても切り離せないものです。

何千年もの昔から世界中で愛されてきた音楽は、私たち人類が共有する“世界共通言語”の1つ。私たちの精神活動に及ぼす影響の大きさは計り知れません。

幸せな気分になったり、気持ちが落ち着いたりする感覚、皆さんも経験ありますよね。このような音楽が持つ不思議な力に対して、科学による裏付けがなされようとしています。

今回は、科学的実験によって明らかとなりつつある、音楽が私たちにもたらしてくれる3つの健康効果についてご紹介します。

 

音楽が健康に効くワケその1: ストレスや不安の解消

仕事や恋愛で疲れた時、好きな音楽を聴いて疲れを癒す――多くの人が習慣的に行なってきたことですが、科学的にも理にかなった行動と言えるかもしれません。

音楽は人の脳や自律神経に作用し、快感をもたらしてくれるドーパミンの分泌を促します。

そのうえ、ストレスホルモン、コルチゾールを減少させる効果も確認されています。研究によると、聞くだけでなく自分が演奏する場合にも、同様のストレス解消効果が得られるそうです

 

音楽が健康に効くワケその2: 免疫力の向上

音楽には直接・間接的に体の免疫力を高めてくれる働きもあります。

英・独の研究者たちにより行われた共同実験では、300人の被験者を対象に音楽と免疫力の関係性を調べました。

50分間音楽を聞き続けた被験者の体内でどのような変化が起きているのかを調べたところ、体の免疫機構において、最前線で機能する抗体の一種である“免疫グロブリンA”が体内で増加したとの結果が。

お気に入りの音楽を聞くことは、心の免疫力だけでなく、体の免疫力を高める効果も期待できるのです。

 

音楽が健康に効くワケその3: エクササイズの効率アップ

携帯音楽プレーヤーやスマートフォンの普及とともに、運動中に音楽を楽しむ習慣は一般的なものになりつつあります。

実はこれ、エクササイズの効果を高めてくれる可能性があると、最近の研究で報告されています。私たちが音楽を聞いている時には、脳の一次聴覚野(聴覚を司る部分)が積極的に活動しています。

それだけではなく、周辺にある運動皮質(運動を司る部分)・小脳(全身の動きの調和を司る部分)も音楽によって同時に活性化されていることが、最新の脳スキャン技術から判明しました。アップテンポの音楽を聞いている時、思わず身体を動かしたくなるあの感覚は、このようにして生み出されているのです。

この発見を裏付けるかのように、音楽を聞きながら運動した方が、パフォーマンスが向上するという実験結果も報告されています。

 

音楽の健康パワーを最大限発揮させるには?

最も大切なことは、ジャンルを問わず自分が好きな音楽を聞くことです。

お気に入りの音楽を聞いている時ほど、音楽の健康パワーは高められます。

しかし、繰り返し同じものを聞き続けると、徐々に効果は薄れてしまいます。適度に曲のバリエーションを持たせることも、脳に刺激を与え続けるうえで重要です。音楽のテンポは、私たちの血圧・心拍数・呼吸数に影響を及ぼすことで私たちの気分にまで作用します。

そのため、リラックスしたい時にはゆっくりとしたテンポのクラシック、気分を高めたい時にはアップテンポのヒップホップなど、目的やシチュエーションに合わせて音楽を選択するように心掛けましょう。

 

音楽を聴くことが〇ならカラオケは◎なのでは・・・?

 

歌詞を覚えるには「左脳」が、メロディーやリズムは「右脳」が刺激を受けますが、歌うときはその両方の脳が同時に刺激されると言われています。

また、歌詞を覚えようとする際には、学習や記憶に関係する神経伝達物質、アセチルコリンの分泌が活発化するほか、気持ちを込めて歌うことで感情表現が豊かになります。

好きな音楽を聴くだけでも脳の活性化に効果があるとされていますが、歌うことはさらに脳を刺激し、フル回転させる要素でいっぱいなのです。

 

そしてなんと認知症にも効果があるようです・・・!!!

認知症は、動脈硬化や糖尿病など、高血圧が関係する病気により引き起こされることがあります。

歌を歌うことは、精神を安定させ、なおかつ血圧を正常化する傾向があるため、認知症の予防に期待できることがさまざまな研究からわかってきました。

大切なのは、「楽しんで歌うこと」。

思い出の曲や懐かしい曲を歌い、当時の記憶を回想することが、脳に良い刺激を与え、認知症予防に更なる効果があると考えられています。

 

音楽の健康パワーはさまざまな形で私たちの健康に貢献してくれます。

音楽をただ楽しむだけではなく、その健康効果を知り、意識して生活の中へ効果的に取り入れることで、心身ともに充実した毎日を後押ししてもらいましょう。

そしていっぱいカラオケに行って歌っちゃいましょう!!!!!( *´艸`)

ページトップへ戻る