スーパー大麦について~part2|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > Let‘s整骨院 > スーパー大麦について~part2

スーパー大麦について~part2

Let‘s整骨院
2017.07.25

フルクタンの働き◆

らっきょなどにも多く含まれるフルクタンは

・大腸の手前で効果を発揮

・大腸でのミネラル(鉄・カルシウムなど)の吸収アップに貢献

・ナトリウムの吸収抑制

・血糖値の上昇を抑える

・コレステロール値の低下

・脂質の吸収を抑える・脂肪燃焼効果

・短鎖脂肪酸を発生し、痩せ菌を増やす

などの特徴や効果が期待できます。

短鎖脂肪酸は痩せ菌のエサである食物繊維を
食べて分解した時に発生し、

脂肪細胞の脂肪を蓄える動きを
ブロックする働きや脂肪をつきにくくする
効果があります。

※痩せ菌:腸の中に存在する痩せを導く菌

このように健康や特にダイエット効果があると
して注目されている成分です。

・大腸の中間で効果を発揮

・糖質の消化吸収を抑える、血糖値が上がりにくい

・セカンドミール効果

といった特徴があります。

◆セカンドミール効果とは?◆
最初の食事(ファーストミール)が次の食事
(セカンドミール)時まで影響が続くことです。例えば、朝食にβグルカンを含む食事をすると、
次の食事まで血糖値の上昇を抑えてくれます。

◆レジスタントスターチの働き◆

温かいご飯には含まれていなく
冷やしたご飯やおにぎりなどにも含まれています。

・大腸の一番奥で効果を発揮

・善玉菌・痩せ菌をパワーアップさせ、腸内環境改善に貢献

・善玉菌が増えると、結腸癌のリスクが軽減

・インスリン抵抗性を安定させる

・血糖値の低下

・腸の機能の正常化

・満腹感が持続し腹持ちがいい

といった特徴があります。

大腸の奥まで届く食物繊維は珍しく、痩せ菌を
パワーアップさせ、腸内環境改善に貢献する
素晴らしい食物繊維です。

●フルクタンが大腸の手前
●β‐グルカンが大腸の中間
●レジスタントスターチが大腸の奥

このように腸の全体で作用してくれる食物繊維が
すべて含まれていることが、スーパー大麦の
最も注目すべき点です。

これらの食物繊維が働くことにより腸内環境が
改善して

  • 免疫力アップ
  • 便通改善
  • 肌荒れ防止(美肌)

などの効果が期待できます。

「美肌効果もあるの?」と思うかもしれませんが

スーパー大麦を1日12g以上、4週間食べた結果
排便量が増加しただけでなく

肌荒れに関係するとされるフェノール類も
減少したという実験結果が出ています。

ニキビや吹き出物に悩んでいる人にも
スーパー大麦はおすすめですね。

◆スーパー大麦のダイエット方法◆

スーパー大麦のフルクタンがやせ菌を増やし、β‐グルカンが糖質の吸収を抑え、そしてレジスタントスターチが
満腹感を持続させる特徴があることからスーパー大麦はダイエットに効果があります。

その方法ですが、毎朝スーパー大麦のグラノーラを50g食べます。

それ以外は普段の食事で大丈夫です。(ただし暴飲暴食はきをつけましょう)

最低でも2週間は続けてみてください。

 

ただし個人差があって若い人ほどやせ菌も
増えやすく、歳をとるほど効果に時間がかかるようなので
2週間で効果が見られないという方はもう一週間続けてみる方が良いかと思います。

レッツ整骨院 本間

ページトップへ戻る