恋がもたらす美容と健康効果|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > Let‘s整骨院 > 恋がもたらす美容と健康効果

恋がもたらす美容と健康効果

Let‘s整骨院
2017.08.01

徹底検証! 恋愛と健康にまつわる7つのウワサ

今、好きな人は居ますか?

芸能人でも一般人でも好きな男性がいるという方は、気分良く楽しい毎日を過ごしているのではないでしょうか。好きな人を見つけることは生活に潤いを与えるだけではなく、体にも良いことが沢山あります。
恋に落ちるとはどういうこと?恋をすると脳に変化が!

恋することを「恋に落ちる」と表現しますが、一体どういうことでしょうか。まずは、恋のメカニズムをご紹介します。

恋のメカニズムとは?

恋にはドーパミンという神経伝達物質の分泌が欠かせません。男性と出逢い、「いいな」と扁桃体で判断するとドーパミンは分泌されます。脳の視床下部から流れ出るドーパミンが分泌されるほど感情脳が刺激されるので、好きという気持ちが強くなるのです。

ドーパミンによって起こる恋愛の変化は以下です。

ドーパミンの分泌によって脳が快感を覚える

胸がドキドキする

恋愛状態になる

ドーパミンは、不足しても多すぎても恋にも体にも良くありません。ドーパミンが不足することで体に起きてしまうことは以下です。
思考回路に支障が出るので言葉がおかしくなる
話しがまとまらず飛んでしまう
記憶できなくなる
ドーパミンが多すぎることで起こること
運動のコントロールがきかない
幻覚が見える
チック症になる
強迫神経症になる

ドーパミンは喫煙でも増えるのですが、依存しやすいですし健康上好ましくないので、恋愛のようにできるだけ自然な形で増やすことが大切です。では、恋のスパイスでもあるドーパミンはいつまでも続くのでしょうか。

恋にもある賞味期限とは?

恋のメカニズムについてご紹介しましたが、ドーパミンは一体いつまで持続するのでしょうか。ドーパミンは無限ではなく、残念ながら賞味期限のように終わりがあります。

ドーパミンの分泌期間は、18カ月~3年程度と言われています。理由は、子孫を残すという人間の本能と関係があります。

現代の人間は、子供が成長して手がかからなくなるまでは男女共に協力し合って子育てをしていますが、人間が二足歩行を始めた頃は少し違います。大昔には、子供が2歳になる頃には、男性の助けが不要になると考えられていました。

そのために、ドーパミンは限定的な恋にするために期間限定で分泌されていたのです。

現在でも一夫多妻制の制度を用いている民族も多いですが、日本では一夫一婦制なのでドーパミンの分泌が減少しても子育て放棄や別れを選ばずにパートナーとしても関係を築くことが一般的です。

ドーパミンが関係している恋ですが、そこから安心感や安堵感がある愛に発展すればまた違った楽しみが出てくるものです。

恋も愛も味わうためには、まずは恋することです。では、恋することで得られる美容と健康効果についてご紹介していきましょう。

恋する女性は美しくなる!?恋の美容効果とは

恋している女性はいつもと違って輝いて見えると言われていますが、どんな美容効果があるのでしょうか。美容効果を3つご紹介しましょう。

1 美肌効果

恋をすると脳内でPEAが分泌され、ドーパミンを促進させます。ドーパミンは、快感物質と言われており、脳内は幸福感で満たされます。

恋をすると景色が普段と違って見えると言われていますが、これはドーパミンが作用しているケースも多いのです。ストレスによって女性ホルモンが乱れますが、ドーパミンの幸福感には女性ホルモンを安定させる効果が期待できます。

女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が活発になることは美肌に繋がるのです。エストロゲンは、肌のハリや潤いに欠かせないコラーゲンを作り出すので顔や足、腕などの細胞に働きかけてきめ細かい肌へと導きます。

2 ムダ毛抑制効果

不規則な生活やストレス、恋愛をしないことなどは男性化しやすくなります。女性でも口の周りに髭が生える、脇毛が濃くなるなど男性的な体になることあり、自己処理を繰り返すことでますます体毛が濃くなることもあります。

これらは不安定なホルモンバランスや誤った脱毛方法、食事のバランスの乱れなどによって起こります。先程ご紹介したエストロゲンには、男性ホルモンが優位になった体に働きかけて女性ホルモン優位の体に戻す効果があるので、ムダ毛抑制効果もあるのです。

3 口臭予防効果

恋に欠かせないキスには、唾液の分泌を増やす効果があります。濃厚なキスであるほど唾液の量が増えるので口腔内に以下の効果が期待できます。
抗菌効果
浄化効果
洗浄効果

また、キスを頻繁に行わなくてもするかもしれないという期待から、口腔内のケアの頻度も増えます。歯磨きやデンタルリンスなどが増えることで、口臭予防だけではなく虫歯予防にも繋がるでしょう。

美容効果だけじゃなかった!恋の健康効果とは

恋は、美容だけではなく体にとっても良い効果があります。健康効果を5つご紹介しましょう。

1 長生き効果

イタリアのエマヌエレ博士は、恋をしている男女の血液を検査しました。その結果、恋人が居ない男女よりも恋をしている男女のほうが血中の神経栄養因子は40パーセント以上も高いことがわかりました。

神経栄養因子とは、認知や学習機能を高める因子で、神経細胞の生存や発生、機能に必要とされています。トキメキ気分が高いほど濃度が高くなるので、恋で幸せを感じる人ほど長生きできることがわかったのです。

2 風邪撃退効果

恋をすると免疫力の質や量を司る自律神経のバランスが交感神経へ傾きます。交感神経は恋愛中の緊張やトキメキ中に働いているので、恋愛や仕事で忙しい時ほど風邪を引きにくくなるのです。

だるさや辛さも感じないことから普段以上の力を発揮することもありますが、交感神経だけでは体は上手く機能しません。風邪を撃退する免疫細胞は副交感神経で作られているので、交感神経だけでは力に限りがあります。

癒しやリラックスによって働く副交感神経も必要ですから、恋をしたら適度なリラックスタイムを作ることをお勧めします。

3 妊娠効果

妊娠力は年齢と共に低下すると言われており、妊娠する体を作るためには体温アップが欠かせません。恋すると体温が上がりやすくなるので、基礎体温も安定しやすくなることから妊娠しやすい体になるのです。

また、妊娠するためには、ストレスや緊張が無くリラックスしている状態が望ましいのですが、恋すると体はリラックスしやすくなるので安心して妊娠できる状態へ変化します。

付き合ってすぐに妊娠して、できちゃった結婚をする方も居ますが、これは体が妊娠体制に入るからなのです。

4 ダイエット効果

ダイエットの敵と言えば、ストレスではないでしょうか。お菓子や肉類などの好物を食べることができないストレスに耐えかねて、思わず口にしてしまいそのままダイエットを止めてしまったという経験は無いでしょうか。

恋している間は、精神を安定させる女性ホルモンの分泌が活発になりますので、普段はイライラやストレスによって中断するダイエットが成功しやすいと言われています。

恋している期間が長ければ、ホルモンの分泌も続きますのでダイエットを無理なく長く続けることができるのです。

また、恋をすると好きな人へのプレゼント探しや綺麗になるためのエステ通いなど行動範囲が広がりますので、自然に体を動かす機会も増えます。これによって脂肪の燃焼が起こり、筋肉アップや体力アップにも繋がるでしょう。

5 安眠効果

好きな人と触れ合うことで、脳の下垂体からオキシトシンが分泌されます。オキシトシンは、安心や信頼など安らぎを与えることから睡眠を促す効果があると言われています。

興奮状態の時はなかなか寝ることが出来ず不眠になることもありますが、オキシントンの分泌によって質の良い睡眠を手に入れることが出来ます。自然な形で眠れるので睡眠薬が手放せない方にもお勧めです。

好きな人と触れ合い時間を増やすほど安眠効果が期待できるので、肌荒れや目の下のクマを予防するためにもスキンシップを増やしましょう。

結論!恋することは自分にプラスになる!

shutterstock_144696943 - コピー
ご紹介した通り、恋には様々な美容と健康効果があります。恋することが面倒になっている方も居るかもしれませんが、精神面にも良い効果があります。

  • 積極的になる
  • 集中力が高まる
  • 心の成長に繋がる
  • 人に優しくなれる
  • 自己評価が高くなる
  • 社交的になる

恋することは自分にプラスになることばかりですので、仕事だけではなく恋愛も楽しんで人生を充実させてみてはいかがでしょうか!

 

レッツ整骨院

ページトップへ戻る