ナスとキュウリ|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > リラクゼーションサロン ソレイユ KSC店 > キュウリとナス

キュウリとナス

リラクゼーションサロン ソレイユ KSC店
2017.08.13

こんにちは!ソレイユです!

キュウリのお漬物が好きでよく食べるのですが、

お盆のときのアレを思い出しました(笑)

本日は、お盆のときにいつも見かけるアレを調べてみました!

 

 

 

これです、【キュウリ】と【ナス】です。

小さい頃よく意味も分からず作った記憶があります(笑)

 

 

 

①【キュウリ】と【ナス】を飾る意味

 

先祖や故人の霊がお盆に帰ってくると考えられており、

その時に【精霊馬】(しょうりょうま)という乗り物に帰ってきます。

それを、キュウリやナスに割り箸などを刺して牛や馬型の人形に見立てて飾るのです。

 

 

②キュウリは【馬】

行きは先祖の霊が一刻も早く家に戻ってこられるようにという願いを込めて、

キュウリは足の速い馬をイメージしています。

 

 

③ナスは【牛】

帰りは多くのお供え物を乗せて帰ってほしい、

ゆっくりと景色を楽しみながら戻ってもらいたいという願いを込めて、

ナスは歩きの遅い牛をイメージしています。

 

※牛(ナス)でゆっくりとお迎えをして、馬(キュウリ)で迷わずに帰ってもらいたい。

という地域もあるようです。

 

 

④なぜ【キュウリ】と【ナス】なのか

 

このお盆の時期に手に入れやすく、また旬の野菜であることからお供え物として適していることから、ナスとキュウリが古くから使われているようです。

 

 

⑤精霊馬の飾り方・置き方

飾るのはお盆の時期の8月13日~8月16日までの4日間です。

目印として13日の夕方に迎え火、16日の夕方に送り火を焚くところもあります。

 

飾り方・置き方は、地域やその家の慣習によって様々なので、年長者に聞いてみるのがいいかもしれません。

 

・キュウリは内向きに、ナスは外向きに飾る

・二頭とも13日には家向きに、16日には外向きに飾る

・二頭とも玄関先に飾る

 

などなどあります。

 

 

⑥精霊馬の処分の方法

・燃やす

・川に流す

・土に埋める

・お寺でお盆飾りと一緒に処分してもらう

・お清めの塩と一緒に包んで捨てる

 

など地域によって様々です。

 

いくら勿体ないとはいえ、ご先祖様の乗り物として置いてあるので、普通のお供え物とはちょっと違います。

それに、常温で数日放置しているので食べないでくださいね!

 

 

⑦精霊馬の作り方

 

キュウリ、ナス、割り箸 or 爪楊枝

 

キュウリは【馬】なので、早そうなキュウリを選んでください。

ナスは【牛】なので、どっしりと力強そうなナスを選んでください。

 

どちらも少し曲がっている方が【馬】【牛】みたく見えるのでおススメです。

 

あとはヘタの方を頭として、割り箸を4本刺して足に見立てれば完成です!

割り箸を長くして美脚にしてもいいですし、

短くして短足にしてもいいです(笑)

 

 

ご先祖様が喜ぶような精霊馬を作ってあげてください♪

 

 

ページトップへ戻る