夏の冷え性|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > オレンジ堂整骨院・鍼灸院 > 夏の冷え性

夏の冷え性

オレンジ堂整骨院・鍼灸院
2017.08.16

女性は男性よりも筋肉量が少なく、脂肪が多い体質をしています。

筋肉は食べ物から得たエネルギーを燃焼することで体温を維持しており、筋肉量が少ない女性は男性より体温を維持することが難しく冷えにとても弱いのです。

また、脂肪は体の熱を閉じ込めておく防寒剤のような役割をしているのですが、脂肪自体に熱を生む力はないので1度冷えてしまうと保冷材のようになり体を冷やしてしまいます。

こういった女性の身体の構造を利用して、簡単に冷えているかどうかのチェックすることもできます。

自宅や職場のエアコンの温度設定を男性の意見に従って決めていませんか?「寝室のエアコンの温度で旦那とケンカになる」なんて話もよく聞きますよね。

女性と男性では体内で作られる熱量が違うため体感温度に5℃前後の違いがあるのだそうです。そのため、男性が心地よいと感じる温度に設定していると、女性にとっては寒すぎる温度になってしまうのです。

また、暑いから、日中は日焼けするからとエアコンの効いた涼しい部屋にばかりいるのも良くありません。常に涼しい部屋にいると体がその温度になれてしまい、いざ外に出た時に温度差に体の順応が追い付かず熱中症になりやすくなります。

夏やアイスや冷たいジュースなどを摂取する機会がどうしても多くなります。

胃はお腹の真ん中にあり、血液を送り出す心臓とも隣り合っています。冷たい飲み物ばかり飲んでいるとお腹が冷える上に、心臓から送り出される血液まで冷えて血流が悪くなってしまいます。

また、生野菜は体の熱を取り除く働きがあり、夏で野菜がおいしいからと生野菜ばかり食べていると体が冷えてしまいます。

体に熱がこもっている時は、熱を冷ましてくれる冷たい飲み物や生野菜が効果的です。ただし、キンキンに冷えた飲み物を一気に飲むと胃が急激に冷えて血流が悪くなり、胃の動きが低下して胃もたれや胸焼けを起こしてしまいます。

プールや海へ行く前に、必死にダイエットを行う人をよく見かけます。

薄着になる季節は色々なところのお肉が気になって慌ててダイエットに取り組む方も多いですが、過度な食事制限やカロリー制限は体を冷やす元です。

体が熱を作るには食事から摂取したカロリーが必要不可欠。常に空腹を感じたり、1000kcalを下回るような過激な制限はやりすぎです。

いつも以上に食べる必要はありませんが、食事制限のやり方や栄養バランスには気を付けましょう。

オレンジ堂整骨院 田仲

ページトップへ戻る