真室川祭り|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 南千住院 > 梅の里で真室川祭り

梅の里で真室川祭り

南千住院
2017.08.31
画像

こんにちは南千住院はらだです(; ・`д・´)

今年は久しぶりに山形のばーちゃんちに帰省しましたよ!!

新幹線がリニューアルしていてちょっとがっかりしましたが、

席に置いてある小冊子がシャーマンキングでテンション上がりました!ヽ(^o^)丿

↑恐山アンナさん

(※武井宏之先生は青森出身だそうです)

あと東京ばななが30周年記念で、皆お土産にしていました🍌

 

「山形フォトギャラリー」

↑新庄のよくわからない人形たち

↑新庄駅には漫画ミュージアムなるものがありました

↑冨樫義博先生は山形出身だそうです!!

↑真室川駅前で盆踊りと和太鼓の演奏を聴きました

↑毎年作られる謎の車、今年は銀魂でした

↑太鼓の後に謎のおもち拾いがあり、31個拾いました

↑韓国で有名らしいインスタ映えしそうな電球ソーダ

↑花火が思ったよりも見ごたえありました

↑ばーちゃん犬のぽてこです。花火の音に吃驚してちびってました

 

さて、真室川は梅の里として有名?らしいので、梅について少し調べてみました

 

~梅について~

 

・原産国:日本南部、中国南西部

・産地:和歌山県、群馬県など

・分類:バラ科アンズ属

・収穫時期:夏

・旬:5月~7月ごろまで

 

梅は中国から観賞用として伝わり、大正時代に入り本格的に栽培されるようになりました。

昭和37年の酒造法の改正により、自家製造での梅酒作りが可能になり、一気に需要が広がりました。

生の青梅には青酸配糖体(アミグダリン)という物質が含まれていて、めまいや呼吸困難を引きおこす可能性があります。

この物質は種に多く含まれるため、生の青梅を種ごと食べるのは絶対にやめましょう!

ですので、梅酒や梅干しなどに加工するのが一般的です。

 

☆オーソドックスな梅酒のレシピ

・青梅 1㎏

・ホワイトリカー1.8ℓ

・氷砂糖1㎏~500g

 

①梅を洗い1~2時間水につけ、あく抜きする

②水気をふき取りヘタをとる

③消毒した瓶に梅と氷砂糖を交互に入れる

④ホワイトリカーをぶっかける

⑤冷暗所で1年ほど寝かせる

⑥オイシー!!😋

ホワイトリカーをウイスキーにしたり、氷砂糖をはちみつや黒砂糖にしても可

 

☆よくある梅シロップ・梅ジュースのレシピ

・青梅 1㎏

・氷砂糖 1㎏

・消毒用のお酒 適当

①梅を洗い1~2時間水につけ、あく抜きする

②水気をふき取りヘタをとる

③消毒した瓶に氷砂糖と交互に入れる

④できるだけ毎日瓶をゆする

⑤1週間~10日したら火にかけて沸騰させる

⑥冷めたら完成!

牛乳に入れると飲むヨーグルトみたいで美味しいです(^O^)/

 

☆意外と簡単な梅干しのレシピ

・完熟梅 2㎏

・あら塩 360~400g

・消毒用焼酎 少々

 

①梅を洗いヘタを取る

②消毒した容器に塩と交互に入れ、重しをして冷暗所へ

③梅酢が上がってきたら余分な分を梅が浸かる程度にすくう

④一ヶ月くらいして晴れが4日以上続く日に土用干しする

⑤干しあがったら密閉容器に入れて三か月~1年たてば完成!

※干しあがれば食べられるので食べても良い

最近はジップロックを使った失敗の少ないレシピもたくさんあります

 

ハッピーな梅ライフをお過ごしください(^^♪

 

ページトップへ戻る