夏のダメージを引きずらない!秋のヘアケア☆彡|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

お知らせ

ホーム > スタッフブログ > リラクゼーションサロン ソレイユ KSC店 > 夏のダメージを引きずらない!秋のヘアケア☆彡

夏のダメージを引きずらない!秋のヘアケア☆彡

お知らせ
2017.09.05
夏の強い紫外線やエアコンによるダメージを引きずりやすい髪の毛…
秋にしっかりヘアケアをしておかないと、切れ毛や抜け毛になることも
あります。秋は夏の疲れた髪と冬仕度のダブルケアをすることが、
美しい髪を保つ秘訣です!ここでポイントを抑えましょう! 

夏の紫外線は髪の内部にまでダメージ

キューティクルという言葉はよく耳にすることがあると思いますが、
それがどれだけ美しい髪にとって重要な働きをしているのか、、、まず、
1本の髪は、外側から中心に向かって3つの層から成り立っており、
一番外側をキューティクル、その内側をコルテックス、中心部を
メデュラといいます。キューティクルは硬いたんぱく質が主な
成分ですが、紫外線はこれを変性させるほど、髪にダメージを与えて
しまうことがあるのです。
②秋は巡りが滞って頭皮の状態が不安定

夏の終わりから秋にかけて気温が徐々に下がり、とても過ごしやすく
なります。ここで気を付けたいのが気温の低下に伴って、血行が悪く
なりやすいということです。体の巡りが悪くなると、新陳代謝が低下
して、全身に栄養が行きわたりにくくなります。顔の皮膚のように、
頭皮も約6週間のターンオーバーを繰り返すことで新しく生まれ変わり、
健康な状態を維持しています。しかし、巡りの滞りはターンオーバーを
乱したり、老廃物を促す働きにも影響を及ぼすため、頭皮の状態が不安定
になり、美しい髪づくりを妨げることがあります。
③やってはいけない7つの習慣!
1、お湯の温度が高すぎる2、髪を濡らして即シャンプーする3、シャンプーを泡立てずに頭にのせる4、すすぎの時間が短い5、洗髪後すぐに乾かさない

6、ドライヤーと髪の距離が近い

7、十分にに乾いていない状態で寝る

んー、よくやってしまいがちなことばかり(^^;

ただでさえ傷んでいる髪をさらに傷めつけてしまうのでNG!

今すぐ!やめます!やめましょう!

④夏ダメージから修復するヘアケア

〇頭皮マッサージをする

→あまりギュウギュウ力を入れず、気持ち良いと感じるくらいがベスト。

〇徹底したトリートメント

→髪は内部から修復してあげる必要があります。

〇蒸しタオルで頭皮と髪の毛のケア

 →水で濡らして絞った タオルをレンジで温め蒸しタオルを作り、
頭に巻くことで血行が良くなりストレスを和らげることもできます。
〇髪の毛を洗う前にはブラッシングを行う
→髪の毛の表面に付いた汚れを効果的に落とし、頭皮に血行も
促進することができます。
〇髪を上げて寝る
→寝返りによる摩擦を減らすために髪を枕の上に上げて寝るように
しましょう。

傷んでしまったものはしょうがない、まだ諦めなくたって平気、

いくらでも髪のケアはできます。自分の髪を労わってあげてください(^^)/

☆ソレイユのヘッドスパ☆

肌への浸透力に優れ、べとつきのない洗い流さなくても良いジェルを

使用。リラックス効果が高く睡眠不足の方などにオススメです♪

20分  2,500円(+税)

下記URLからWEB予約もできます!

https://onemorehand.jp/fitness/

 

ページトップへ戻る