秋は咳喘息に注意!!|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 亀有北口本院 > 秋は咳喘息に注意!!

秋は咳喘息に注意!!

亀有北口本院
2017.10.01

こんにちは!亀有北口の鹿島です。

秋は気温的には涼しく過ごしやすいですが実は咳喘息にかかる人が多いようです。

なので今回は咳喘息について書いていきます。

・咳喘息とは

かぜは治ったはずなのに、咳はちっとも治まらない、といったような状態が数週間続いたら、それは咳喘息かも知れません。
咳喘息は、慢性的に咳が続く気管支の病気です。一般的な喘息と同様、気道(呼吸をするときに空気の通る道)が狭くなり、いろいろな刺激に対して過敏になって、炎症や咳の発作が起こります。
室内外の温度差や、たばこの煙を吸う受動喫煙、運動、飲酒、ストレスなどのほか、ホコリやダニなどのいわゆるハウスダストが発作の要因になるといわれており、患者数は年々咳き込み増加しています。この病気は、特にアレルギーのある人に多いとされています。アレルギー反応によって、気道が炎症を起こしてしまうためです
かぜに併発して起こることが多く、かぜをひいたあとに2~3週間以上、咳が続くことがあれば、この病気の可能性があります。女性に多い傾向があり、しばしば再発を繰り返します。

・咳喘息の特徴

◦ほかに原因となる病気がないのにいつまでも咳だけが続く
◦咳は数ヶ月から、ひどい場合は1年以上続くことがある
◦かぜの後におこることが多い
◦ゼーゼー、ヒューヒューや呼吸困難はない
◦ほとんど痰は出ない
◦咳は夜間から明け方にかけてでることが多い
◦冷たい空気やタバコの煙を吸うと咳き込みやすい
◦会話、電話、運動などのときに咳き込みやすい
◦かぜ薬や咳止めを飲んでも効かない
◦気管支拡張薬が有効

・喘息と咳喘息の違い

咳喘息にかかると、一カ月以上、空咳が続きます。ひどい場合は咳が一年以上続くこともあります。ただし、喘息に見られるゼイゼイ、ヒューヒューといった喘鳴や呼吸困難はありません。また、発熱や痰などの症状はほとんど出ません。
夜中から明け方に激しい咳が出たり、寒暖の差や喫煙で咳が出やすくなるのが特徴です。のどにイガイガ感を伴うこともあり、長話をした際、のどが渇いたり枯れたりもします。咳の発作が激しい場合は、胸の痛みを感じたり、嘔吐、失神したりすることもあります。
咳喘息は、喘息の前段階ともいわれています。咳喘息を放置すると、本格的な喘息に移行してしまうことがあるので、そうなる前に正しい治療をし、健康管理を続けることが大切です。

・季節性がある

秋特有の気圧の変化や寒暖の差も原因の一つ。深夜や明け方に激しい咳が止まらなくなったり、台風が近づくと発作が出たりするのもこの病気の特徴です。長話をしたり、笑ったり運動したりしたときも、空気が口の中で温められず冷たいまま肺に入ってくるので、やはり咳き込みやすくなります。たばこや線香の煙、香水の匂いなども同様で、要は肺に入り込む空気が変化したとき、喘息の咳が出るのです。
痰や異物を肺から排除するのが咳の本来の役割。防御反応として仕方がないとはいえ、実はこの咳喘息、長引かせるとかなりやっかいです。進行すると、気管支の内壁がむくんで厚くなり、気道が細くなって呼吸困難に陥る……つまり、気管支喘息になってしまう。気管支喘息は完治が難しく、発症すれば一生付き合わざるをえません。とくに65歳以上は重篤になりやすく、死亡者は年間でなんと約2千人。咳喘息のおよそ30%が気管支喘息に移行するといわれているのです。

・予防が大事

一番の予防は、風邪をひいて気管支に炎症を起こさないことです。インフルエンザもこれに該当します。風邪の流行シーズンは、外出時はマスクを着用し人ごみは避け、帰宅と同時に手洗いうがいを忘れすに行いましょう。また喫煙が習慣になっているのであれば、本数を減らし気管支への負担を減らしていきましょう。さらに、飲酒も気管支に負担をかけるので、飲む量を減らす、日数を減らすなど工夫して飲みすぎに注意しましょう。

ハウスダストも原因の一つにあげられているので、マメに掃除をしたり、ほこりっぽい場所には足を運ばないように心がけることも大切です。

寒暖差から気管支を守るため、寒暖差の激しい場所に足を運ばなければならないときは、マフラーを首に巻いたり、ストールを巻いたり喉周辺の防寒対策を忘れずに行います。また、自己免疫力アップするため、バランスの取れた食事をとり、早寝早起き、ストレスをためない生活を心がけます。小さな積み重ねが咳ぜんそくへの予防法となります。

・まとめ

咳が止まらずおかしいと思ったらすぐに病院で検査しましょう。近年咳喘息にかかる人が増えてきているので気を付けましょう。

ページトップへ戻る