顎のコリ|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > オレンジ堂整骨院・鍼灸院 > 顎のコリ

顎のコリ

オレンジ堂整骨院・鍼灸院
2017.10.04

季節の変わり目です。背中が張る、肩が凝る、目の奥が疲れる、耳鳴りがする……。

最近プチ不調ありませんか?気分もブルーになっていきますよね。

でもその理由、もしかしたら「あご筋」のコリにあるかもしれません!

「歯を食いしばる癖がある」
「横を向いて寝ることが多い」
「スマホを眺めている時間が長い」

これらの習慣がある人はあごが凝っている可能性があります。

そんな経験がある方は

顎のこりをほぐすと症状が良くなるかもしれません!

 

あご筋マッサージ1 側頭筋をほぐすマッサージ

1.側頭部を手のひら全体で包み込みます。

2.奥歯をグッとかみしめます。そのとき、盛り上がったり動いたりするところが側頭筋です。

3.側頭筋の上を、指を少しずつずらしながら押していき、痛いところやコリコリとしこりになっているところを探します。

4.痛い箇所やしこりを見つけたら、指の腹で円を描くように押し回しながらもみほぐします。

 

あご筋マッサージ2 咬筋をほぐすマッサージ

1.左右のほおに手のひらをあて、あごのラインまでほおを包み込みます。

2.奥歯をギュッと噛んだときに盛り上がったり、動いたりする部分の筋肉が、咬筋です。

3.咬筋の上を、少しずつ指を押しずらしながら、痛いところやコリコリとしこりになっているところを探します。

4.痛い箇所やしこりを見つけたら、指の腹で円を描くように押しすべらせながらもみほぐします。

 

あご筋ストレッチ 口を開けるストレッチ

1.あごを前に突き出すように出します。

2.そのままゆっくりと口を開き、ムリのない程度に口を大きく、開けられるだけ開けます。

3.両側の耳のあたりにある外側突筋(ピンクの部分)が伸びているのをイメージしながら、この状態で1〜2秒キープします。

4.ゆっくりと口を閉じ、あごを戻します。

 

 

なんだかわからないけど

慢性的に首に痛みやこりがある(*_*)

そんな時は

顎のこりをほぐしてみてください!!

 

すっきり軽い体を目指しましょう♪

オレンジ堂 横山

ページトップへ戻る