眼精疲労について|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 亀有北口本院 > 眼精疲労について

眼精疲労について

亀有北口本院
2017.10.08

 

 

 

皆さん、こんにちは!

本日の議題は「眼精疲労」についてです。

 

最近、我々の院にも目の疲れを訴えてくる患者様が増加しています。

デスクワーク・スマホの操作・テレビ鑑賞…

様々なところで人は目を使い、目を酷使しています。

 

そもそも何故目は疲れるのか…

それは人の目は、加齢もありますが、疲れと共に焦点を合わせる「調節力」が低下します。

特に、遠視の人、眼鏡やコンタクトレンズの過矯正の人、老眼の人は、近くの物を見るためにピントを合わせるために苦労しています。

ピント合わせを行なっているのが、レンズの役割をする水晶体の厚みを調節する「毛様体筋」という筋肉があります。

長時間目を酷使する作業によって、この毛様体筋が酷使されると、疲労が蓄積し、眼精疲労を発症。

 

では、眼精疲労の代表的症状は何なのか。

眼精疲労の症状としては、次のような症状があります。

  • 目の疲れが激しい
  • 目が乾く
  • 視力が落ちる(視力低下)
  • 目の充血する
  • 目の痛み・目の奥が痛い
  • 肩こり・頭痛
  • 目の痙攣
  • 目のカスミ
  • 吐き気・食欲不振

 

では原因は?

現代人のライフスタイルは近くのものを見る生活が多いのですが、スマホの登場によって、その距離は45㎝から15㎝となり、さらに近い距離で物を見ています。

近くでモノを見続けるというのは、つまり、ピントを合わせ続けているということ。

現在、スマホやパソコンなどの画面を長時間見ることで目を酷使することにより、目のピント調整力が低下し、夕方頃になると老眼と同じような症状になっている人が増えています。

目には「水晶体」があり、カメラでいうとレンズに当たり、この水晶体を、近くを見るときには厚くし、遠くを見るときには薄くなるように調節を行なっています。

スマホを見る際には、近くにピントを合わせるために毛様体筋の調節を行っているのですが、目を酷使することで、この毛様体筋に負担がかかっています。

 

スマホは強い光を発していて、目に入る光の光量を抑えるための虹彩筋にも負担がかかっているようです。

また、暗い部屋で、寝た状態でスマホ操作をしている女性が約5割もいるそうです。

これも、スマホとの距離が近い理由の一つになっていると考えられています。

 

ではどうすればいいの?

・目を温める

⇒42度のシャワーで眼の周囲を温めると、目の疲労回復に効果があるそうです。

・マッサージ

⇒蒸しタオルで目を暖め血行をよくして、目の周りをマッサージする。

 

 

わが院でも眼精疲労を和らげる施術を行っております。

最近「目が疲れたな」、「見えずらい」などある方はぜひお越しください!

 

ご清聴ありがとうございました。

北口本院 伊勢

 

ページトップへ戻る