ガングリオンって?|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 亀有北口本院 > ガングリオンって?

ガングリオンって?

亀有北口本院
2017.10.15

こんにちは!北口本院の籠谷です!

この前、手首が痛いなぁ~なんて思っていたら左手首にガングリオンができていました。

最近はコブがひいてきてはいるのですが、痛みはまだ残ってますが…

 

【ガングリオンって?】

ガングリオンとは、主に手関節背側に出来るゼリー状を含んで現れる腫瘤。

手関節背側以外にも、関節包やばね指の生じることもあるようです。

気になる腫瘤・・・先に良性であることを伝えておきますね。

しかし腫瘍ではない!だけど、限りなく腫瘍に近い疾患とされているそうです。

そして、

原因・・・現在、明らかな原因は分かっていないそうで、結合組織の変性?が原因なのか・・・?とも考えられているそうです。

原因については、未だ解決させれいないのが事実です。

 

【ガングリオンの症状】

  • 特徴的なコブ
  • コブはブヨブヨ、または固くなっていることも
  • 早朝、起床の時間は指が動かしにくい
  • 指のしびれ
  • 指に力が入らない

 

ここまでの特徴、症状はなんとなく想像つくと思いますが、しかし、このガングリオン、手関節背側以外にも姿を現し、さらに不快症状を与えます。

膝関節にガングリオン・・・
膝の痛みを感じます。

足に出来るガングリオン
痛みがひどくなると歩くことさえ出来なくなります。

さらには、背中や、顔にガングリオンが出来ることもあるそうで、原因を気になってしまいます。

 

ガングリオン自体は特に悪いコブではないのですが、周りの神経を圧迫してしまうこともあるので早めに取ってしまうことをおすすめします。

実は、ガングリオンは簡単につぶせそうですが、なかなかつぶすのは難しいです。

しかも、専門的な知識や技術のない方がつぶそうとすると、周りの神経を痛めてしまうこともあります。

よって、できれば病院などに行って治療をしてもらうことをおすすめします。

ただ、自分でもつぶそうと思えば、つぶすことは可能です。

つぶし方としては、ガングリオンを上から強く押してつぶすだけです。

ただし、つぶす前にひとつ行ってほしい作業があります。

それは、ガングリオンやその周辺をしっかりともみほぐすということです。

指の腹でマッサージをするようにして、ガングリオンをもみほぐしていくと、次第に柔らかくなっていくはずです。

このようにしっかりともみほぐしてからつぶすことで、ガングリオンが再発する可能性や痕が残りにくくなるのです。

ただ、やっぱり病院で治療してもらうのをおすすめします!

【ガングリオンの主な治療法】

●穿刺吸引
注射器で内容を穿刺吸引するなどの治療法。注射器で中身を抜いてもまた膨らんでくることもあるそうで、抜いた後は1~2週間ほど包帯で圧迫しておく再発防止を取り入れているそうです。

●手術
穿刺吸引でも、繰り返しガングリオンが出来る場合、症状も関係してきますが手術が必要なことも。できてしまったふくろを手術で取る方法。しかし、手術は最終手段!手先に行く血管、神経があるため手術に関しては十分な注意が必要とされているそうです。

●低出力半導体レーザー治療
週3回~4回、1ヶ月から2ヶ月の時間をかけ行う低出力半導体レーザー治療。レーザーなので手術は・・・と言う方や、穿刺吸引で再発した方が受けやすい治療法です

 

自分は昔からお世話になっている接骨院へ行き、超音波をあてて腫れはひきましたが効果は個人差がありますので参考までに(^^)

体のことで気になることがありましたら、気軽にひまわり堂接骨院まで!(^O^)

 

ページトップへ戻る