「見た目」に即効果!歩き方のセルフチェック法|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > Let‘s整骨院 > 「見た目」に即効果!歩き方のセルフチェック法

「見た目」に即効果!歩き方のセルフチェック法

Let‘s整骨院
2017.10.17

「歩き方」の癖は人それぞれです。

改めて意識する機会が少ないせいか、立った時の基本の姿勢が取れない人も多く、

きれいな「歩き姿勢」を身に付けるのは意外と難しいようです。

ファッションや見た目以上に目立つ「歩き方」のセルフチェック法と、

颯爽とした見た目を作り出す簡単なコツをご紹介します(^^)/

 

 

姿勢だけで見た目は変わる!

普段なかなか意識することのない「歩き方」。

自分の歩き姿勢を見ることはなかなかないと思いますが、

道行く人の歩き方を見てみると背中を丸めて歩いている人が多いです。

頭の重さは成人で約4~5kgで頭の位置が数cm前にズレるだけでも、

首から背中、腰にかけての負担は2~3倍ほど上がってしまうと言われています。

背面にある筋肉は、身体が前に倒れないよう常に緊張していなければならなくなり、

こうした筋肉の緊張が肩の痛みや腰痛の原因にもなります。

いくらファッションや見た目に気を使っていても、背中が丸まり、

肩や腰に不調を抱えた状態では、すっきりした印象にはなりません。

長期的に取り組むダイエットもよいですが、第一印象の「見た目」をUPしたい方は、

見た目ですぐに結果が出る「歩き姿勢」から見直してみてはいかがでしょう?

 

 

基本の「まっすぐ姿勢」の作り方

まず、歩き姿勢の前に、基本となるまっすぐした姿勢の作り方から。

背中の筋肉をほぐしたり、ストレッチをしたりすることも大切ですが、

頭が前方にいかないよう、アゴを軽く引いて顔を上げるようにするとよいでしょう。

わかりやすいのは、「あやつり人形」のイメージを持つことです。

自分が頭頂部から糸で吊り下げられているようなイメージで立ってみましょう。

顔が上がって背中がすっと伸びた状態になります。

単純におでこを軽く押さえるだけでも頭の位置を意識することができます。

またカバンの持ち方によっても姿勢が崩れやすくなることが指摘されています。

長時間、同じ側にカバンを持っていると、左右のバランスを崩すだけではなく、

前後の姿勢も崩れやすくなります。

両側に均等に重さがかかるリュックタイプのものは比較的姿勢に

悪影響を及ぼさないと考えられていますが、左右のバランスがよくても、

背中にかかる重さを補おうと首が前に傾きがちになり、

これも肩の痛みや腰痛を引き起こすリスクを高めてしまいます。

リュックタイプのものを背負っていても、アゴを軽く引いて視線を上げ、

頭が前方にいかないよう意識することが大切です。

 

 

歩く時に簡単にできるコツは「肩の力を抜く」こと

頭の位置が修正できたら、次に意識したいのは肩周りです。

頭を支えるだけでも緊張しがちな肩周辺部。

さらにきれいに歩こうと意識的に腕を振ってみたり、

デスクワークなどで長時間パソコンやスマホの画面をのぞき込んだりしていると、

どうしても肩には力が入った状態になってしまいます。

簡単にできるセルフチェック法は、首を軽く回してみること。

もし動きにくさを感じたら、首周りのストレッチを行い、

意識的に肩の力を抜くようにしてみましょう。

肩をすくめる動作を繰り返すことで、余計な力が抜けやすくなります。

腕を振って歩くときは肩甲骨を動かすことを意識してみると、自然に腕が振れるようになるでしょう。

ショルダーシュラッグ

  1. 両肩をすくませるようにして肩と耳を近づけるように上げる
  2. その状態で肩甲骨を背中側で締めるように近づける
  3. 一気に脱力し、上げていた両肩をストンと落とす

 

 

腰に手を当てて骨盤の位置をチェック!

骨盤が後傾した状態を改善しよう!

次に、骨盤の位置をチェックしてみましょう。

一番出っ張っている部分に手を当てて、骨盤の位置を確認します。

誰かにチェックしてもらってもいいですし、鏡を見て自分でチェックすることも可能です。

骨盤の高さが違っていると、柔軟性のバランスが崩れていたり、

偏った身体の使い方をしたりしていることが考えられますので、いつも同じ足を組んだり、

立っている姿勢が常に片方の足に寄りかかっていないかといったことを見直してみましょう。

また骨盤が後傾した状態(たとえばソファーに浅く腰掛け、だらしなく座っているような状態)になると、

猫背になりやすくなり、しっかりと骨盤を立てて前傾した状態(軽く腰が反った状態)を保持するようにすると、

重心の位置も正しくおさまり、きれいな歩き方になります。

 

 

全体が整ったら、最後に自然な足運びを意識する

さあ、ここまでできたら最後に歩き方です。

歩くときには足のつま先を前方に向け、膝も同じ方向にして歩くようにしましょう。

膝はまっすぐ前に向いているのに、つま先が外側に向いていたり、内側に入っていたりすると、

膝や股関節などに大きな負担がかかりやすくなります。

普段の歩き方でつま先の位置を確認し、

前方に向いていない時はスクワット動作などで足の動きを確認することも一つの方法です。

また左右の足が接地する幅は、骨盤からすっと足をまっすぐ下ろした位置が理想的です。

骨盤が歩くたびに前後しないように、左右の足幅は拳一つ分くらいの間隔を空けて歩くように心がけましょう。

 

 

普段の歩き方を見直してみるだけでも姿勢が変わりますし、肩の痛みや腰痛などの改善にもつながります。

ダイエットよりも即効性のある、見た目印象をぐっと改善する方法です。

颯爽とした気持ちのよい歩き姿勢をさっそく今日から意識してみてくださいヾ(≧▽≦)ノ

 

Let’s整骨院  齋藤

ページトップへ戻る