急性大腸炎|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > オレンジ堂整骨院・鍼灸院 > 急性大腸炎

急性大腸炎

オレンジ堂整骨院・鍼灸院
2017.10.18

感染性と非感染性に分けられます。感染性腸炎では、赤痢菌、コレラ菌などの細菌や、エンテロウイルス、ノロウイルスなどのウイルスの腸管への感染が原因になります。非感染性腸炎では、サバやエビなどの魚介類や卵といった特定の食品に対するアレルギー反応として起きるもののほか、暴飲暴食、寝冷えなどによる慣例刺激が腸管に炎症を起こす原因になります。細菌感染によるものは、抗菌薬が有効です。

細菌やウイルスが原因の場合は、下痢によって病原体を早く体外に排出できるので、下痢止め薬は使用しません。乳幼児や高齢者で下痢の症状がひどい場合は、脱水症状を起こす危険があるので、入院して点滴による栄養補給を行います。

大腸の炎症。外部からの刺激作用に対する生体の応答の表現で,いろいろな病気が含まれる。病理学的には,急性・慢性カタル性(この場合を大腸カタルという),出血性,壊死性,偽膜性,化膿性などの病変がある。消化管全般にわたる炎症の部分的な現象として現れたり,また独立して大腸に現れたりする。特異性大腸炎と原因不明の非特異性大腸炎に分けられ,特異性のものとしては,細菌性赤痢,粘膜侵入性大腸菌,腸管出血性大腸菌(O‐157),カンピロバクター腸炎,大腸結核症,淋菌性直腸炎,クラミジア直腸炎,大腸放線菌症,アメーバ赤痢,日本住血吸虫症,バランチジウム症などがあり,非特異性の大腸炎としては,潰瘍性大腸炎,大腸クローン病(肉芽腫性大腸炎),非特異性(単純性)結腸潰瘍ベーチェット病,放射線照射性大腸炎,大腸憩室炎,虚血性大

急性胃腸炎とは、嘔吐や下痢といった症状が急性に発症する病気です。

また、急性胃腸炎の多くは感染性胃腸炎で、その原因はウイルスと細菌によるものだと言われています。細菌による急性胃腸炎の中でも、病原体に汚染された食べ物が原因であれば食中毒となりますが、感染性胃腸炎ではウイルスによるものが圧倒的に多いとされています。

しかし一方で、原因が不明な急性胃腸炎が起こることも少なくはありません。

原因不明となると、予防する手立てがないのではないかと不安になってしまいますが、実は私達が日頃からとても身近に感じている〝ある事〟こそが、原因不明で起こる急性胃腸炎の正体なのかも知れないのです。

では、急性胃腸炎とは一体どのようなものなのでしょうか。

その症状や潜伏期間、治療法や予防法などを詳しく調べてみましょう。

オレンジ堂整骨院 田仲

ページトップへ戻る