入浴法|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

館山院

ホーム > スタッフブログ > 館山院 > 入浴法

入浴法

館山院
2017.10.20

こんにちわ!

最近夜すごく寒いですね(T_T)

こうゆう日はお風呂にゆっくり入りたくなります。。

ってことで、今回はお風呂の色々な効果について調べてみました!

 

 

 

 

 

 

 

★肩こり解消する入浴法

◎肩こりを改善するための入浴ではしっかりと全身浸かることがポイント。

半身浴ではほぼ効果がないのでしっかりとお湯を張るようにしよう。

◎入浴時間は20分くらい、お湯の温度は40度くらいが理想。

◎お風呂に入れば身体が温まり、血行が促進される。

肩コリは血行不良が原因でもあるので血行を促進すればかなり改善に向かうはず。

◎またお風呂の浮力により、全身の筋肉が弛緩するため凝り固まった筋肉の緊張をほぐすことができる。

◎湯船につかりながら肩のストレッチをすることで効果が上がる。

◎お風呂につかる時間がなくてシャワーだけで済ませるという場合でも

肩や首に重点的にシャワーをあてるようにすれば一定の効果がある。

 

★お風呂の美容効果

◎肌表面の血行が促進されて肌に活力が生まれる。

◎代謝が上がるお風呂タイムにはボディ磨きの効果がぐんと上がる。

◎お風呂の中の熱気や湯船による発汗で老廃物が排出されて肌に潤いが生まれる。

◎逆にお風呂に入らないと身体が冷えて肌の色が沈みやすくなってしまう。

◎血行を促進させて皮膚の新陳代謝を活発化させることができる。

◎湯船に浸かることで紫外線や外部刺激からのダメージを軽減させることができる。

◎入浴時にマッサージをすることで血液やリンパの流れを促進させることができる。

◎頭皮や首元のマッサージは顔のくすみ改善に効果的。湯船の中や洗髪中に意識してマッサージしてみよう。

 

★温与冷活法

◎お風呂で身体が温まった後に冷水を浴びる「温与冷活法」も美容効果が高いとして注目されている。

◎水をかけることで身体は冷えるが、それと同時に体温を維持しようという機能も働く。体温維持のために脂肪の燃焼が行われる。

◎温与冷活法により新陳代謝が活性化されてウイルスや雑菌の影響もうけにくくなる。

 

★みかんの皮を使おう!

◎お風呂にみかんの皮を入れることで美容効果がたかまる。

◎みかんには美肌効果があるビタミン類が豊富なため入浴剤としての利用価値が高い。

 

★入浴の疲労回復効果を高めよう

◎疲れには身体疲労と精神疲労があるが、入浴ではそのどちらの緩和にも効果的である。

◎42度以上の高音浴における疲労回復効果が最も高い。

◎高音浴により汗がたくさん出るということは、疲労物質含めた多くの老廃物が排出されるということである。

◎高音浴の場合は心臓より下部分だけ浸かる半身浴がおすすめである。

◎半身浴だと心臓に負担もかからないため長時間の入浴が可能である。

◎半身浴のほうが身体への負担が少なく、疲労回復には向いている。

◎ただしあまりに長時間風呂に浸かっていると、返って気だるさを感じてしまうのでせいぜい

20~30分程度にしておこう。(温度にもよる)

◎おすすめは最初の10分だけ全身浴で、残り10~20分は半身浴という方法だ。

無理なく長続きするし、半身浴ではとくに疲れやすい下半身を重点的に休ませることができる。

◎リンゴ風呂には疲労回復効果がある。

◎緑色の入浴剤は心身の癒しに効果がある。

◎ぬるめのお湯に浸かっても疲労回復に効果的である。

◎風呂の浮力により全身の筋肉が弛緩して疲労により凝り固まった筋肉に柔軟性を持たせることができる。

 

★入浴のリラックス効果を最大限に高める方法

◎リラックスしている状態というのは人の副交感神経が働いている状態である。

◎人間は副交感神経が活発になっている時に心臓の鼓動がゆるやかになり血圧が下がる。

◎そして入浴は副交感神経を活発にするのに大変有効な方法なのである。

◎入浴後にマッサージをすることでリラックス効果が増す。マッサージには副交感神経を刺激して心の疲労を癒してくれるのだ。

◎リラックス効果を得たいならばお湯はぬるめのほうが望ましい。

◎特に38度前後のぬるめのお湯に入った後は、体温も下がりやすく熟睡へといざなわれやすい。

◎風呂の浮力もリラックス効果を高める大きな要因である。全身風呂に浸かることで浮力で身体の筋肉が弛緩し、緊張がとける。

 

★レモン風呂・ゆず風呂・ヒノキ風呂の効果

◎レモン風呂・ゆず風呂・檜風呂など天然の素材を使った風呂のリラックス効果はとくに高い。

◎レモンの香りはストレス解消や精神安定作用がありうつ病の予防や対策に効果的。

◎檜の香りをかぐことで脳からアルファ波がでてリラックス効果を得ることができる。

◎ゆずの揮発性の香り成分が全身を包むと、心身の疲労を回復させてくれる。

 

 

お風呂の入り方によって色々な効果が得られるんですねー(`・ω・´)

みなさんもこれからの季節だからこそ、いろんな入浴剤で

お風呂にゆっくりつかってみてください\(^o^)/

 

 

 

最近、使ってる入浴剤がそろそろ飽きてきたから今日は違うやつ買って帰ろーー(*’▽’)!!

 

 

はいっ!くろかわでした!

 

 

 

ページトップへ戻る