体を温める食べ物|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > オレンジ堂整骨院・鍼灸院 > 体を温める食べ物

体を温める食べ物

オレンジ堂整骨院・鍼灸院
2017.10.25

最近の長雨に体調崩していませんか?

そんな時にはまず食事から。しっかり食べて元気でいるのが大事ですよね。

寒さも日に日に増しました。体を温めてくれる効果のあるものをとりたいです。

どんな食材でも、温かくして食べれば体は温まると思っていませんか?

私も以前はそう思って、何も考えずにただただ温かいものを食べていました。

ですが、冷え性は一向に改善する改善する気配もなく・・・それもそうですよね、私が好んで食べていた温かいものの材料は体を冷やすはたらきのある野菜だったんです。

こんな失敗をしないためにも、ここでは体を温める食事の選び方のコツをご紹介します。

まずは、どうして食材に体を冷やしたり温めたりする効果があるのかということを考えてみてください。

今でこそ世界各国の食材を簡単に手に入れることができますが、本来は「地産地消」が当たり前でした。

自分たちの地域で作ったものを、自分たちで食べることで消費してきました。

不思議ですが、暑い地域では体を冷やさないといけませんから体を冷やす食物が多く採れます。

つまり、原産国が熱い国・熱い地域の食材は体を冷やす物である可能性が高いのです。

反対に、寒い国・寒い地域で採れる食材は体を温めるものであることが多いです。

国内でも沖縄などの温かい所で多く採れるものは体を冷やし、北海道などで多く採れるものは体を温めるものが多いのです。

さらに、水分の多い野菜は体を冷やし、地面より下に生る野菜は体を冷やします。色が白いもの、青や緑の野菜も体を冷やす食材なので注意が必要です。

以上を踏まえてまとめると、体を温めてくれる食材(野菜)は

・寒い国や地域で採れるもの
・冬が旬のもの
・地面の下に出来るもの
・黒や赤、オレンジ色のもの
・水分の少ないもの

と覚えておくと便利ですよ。

具体例を挙げると

・ねぎ
・玉ねぎ
・にんじん
・カボチャ
・れんこんやごぼうなどの根菜類
・にんにく
・しょうが
・山芋 など

大根は色が白く水分が多いので体を冷やしますが、温かく調理して食べることで体を温めてくれます。

また、果物は基本的には体を冷やしますがぶどうやいちご・桃・イチジク・プルーンなど体を温めるものもあります。

 

食欲の秋です!なんでも美味しく食べて、健康でいる事を大切にしていきたいですね。

オレンジ堂 横山

 

ページトップへ戻る