解剖学的小ネタ2|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 南千住院 > 解剖学的小ネタ2

解剖学的小ネタ2

南千住院
2017.10.26

こんにちは!

前回に続き知られざる解剖学の小ネタをお伝えしたいと思います!

今回の内容も飲み会や合コンでぜひ活用してください!

 

・キリンの首の骨の数。

首が長い動物といえば、

ほぼ全員がキリンを思い浮かべるのは間違いないかと思います。

そんなキリン。

あれだけ長い首ですから骨も何個あるか想像つきにくいですよね。

ところが、

7個しかありません。

この数は我々人類と変わりありません。

というより、

哺乳類の首の骨は基本7個です!

例外も多少あります。

気になる方は調べてみてくださいね!

 

 

・世界の1割は持ってない!?長掌筋

前回でも少し触れましたが、筋肉は人類皆同じではありません。

個体差があります。

これには諸説あるようですが、

退化・進化というよりも単純に

『無くてもあまり困らない』

からのようです(笑)

 

さてその長掌筋ですが手首にて観察できます。

 

 

 

 

 

この真ん中の浮き出てるのが長掌筋です。

(厳密には長掌筋の健が浮き出ています)

手首を曲げる時に使われる筋肉ですが、

無くてもほかの筋肉の作用でちゃんと手首は曲がります!

皆さんも指を少し曲げたまま手首を曲げてみると浮き上がってくると思います。

これが、10人に一人くらいは無いと言われています。

ぜひお知り合い10人で観察してみてください!

一人くらいいるかもしれませんよ。

 

・みんな朝起きたら身長が1cm伸びているはず!?(理屈的に)

あくまで理屈的に言うと、ですのであしからず(笑)

人類が二足歩行になってもうずいぶん経ちます。

背骨によって姿勢が保たれているのはご存知かと思いますが、

各背骨の間にはクッションの役目をする椎間板があります。

よく『椎間板ヘルニア』なんて聞く、あれのことです。

その椎間板ですが、多量の水分を含んでいます、

水まんじゅうと想像してもらえれば分かりやすいかと思います。

背骨の間に挟まってる水まんじゅうですが、

日中は絶えず重力と自重によって圧迫されています。

その結果水まんじゅうの水分が一日かけて少しずつ抜け、

約1cm分縮んでいるといわれています。

そして夜、横になって寝ている間は圧迫がかからなくなるので、

抜けた水分が戻ってきます。

結果、起床時は水まんじゅうの水分が戻り身長が1cm伸びている!

・・・身長測るタイミング次第だろ、という突込みは飲み会でしてもらってくださいませm(_ _)m

 

・自分で心臓マッサージができる

幾つかの条件さえクリア出来れば心臓マッサージを自分で行うことができます。

下の図の通り、心臓は横隔膜の上に乗っかっています。


 

 

 

 

 

 

 

ただ乗っかっているだけでなく、靭帯を介してくっついています。

つまり心臓は横隔膜の動きと共に動いていることになります。

横隔膜とは呼吸の際に上下する歴とした筋肉です!

つまり、呼吸法を正しくマスターした人ならば自在に心臓をも横隔膜を介してマッサージ出来るのです!

因みに、正しい呼吸法をマスターした人々を『ヨガマスター』と呼びます。

自分で心臓マッサージしたければ、まずは秘境にてヨガの悟りを開きましょう!

 

今回もちょっとした小ネタをお伝えさせて頂きました。

是非ともご活用くださいませ!

南千住院 中尾

ページトップへ戻る