医者が青くなる?|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

館山院

ホーム > スタッフブログ > 館山院 > 医者が青くなる?

医者が青くなる?

館山院
2017.11.03

こんにちは。

秋も本格的になり、スーパーの品揃えも秋らしい野菜や果物が増えてきてますね。

そして患者さんからは秋の食べ物を色々と頂くようになって来ました。いつもありがとうございます。

今日いただいたのはこちら。

柿です。

「柿が赤くなれば、医者が青くなる」と言われるぐらい、本当に身体にいい食べ物なんだそうです。

そこで、どんな物が含まれているのか、調べてみました。

 

●カリウムは筋肉にとっても欠かせないミネラル

カリウムはナトリウム(塩分)を排泄する役割があり、高血圧の予防に効果があります。また、長時間の運動による筋肉の痙攣などを防ぐ働きもあります。逆に不足すると、筋肉が弱り、障害を起こすそうです。

●柿はビタミンAとCが豊富

どの品種にもペクチン、βカロテンをはじめβ-クリプトキサンチン、ゼアキサンチン、リコピンなどのカロテノイド、ビタミンCを多く含みます。ちなみに、ビタミンCは柿1個で一日の必要量をほぼまかなえるくらい含んでいるそうです。疲労回復、かぜの予防、ガン予防、老化防止に効果があります。

●柿は二日酔いに効果があると言われています

ビタミンCとタンニンには血液中のアルコール分を外へ排出する働きや副腎機能低下を防止する働きがあるそうです。また、酵素(カタラーゼ、ペルオキシダーゼ)がアルコールの酸化、分解を促ため、血中アルコール濃度の上昇を防ぎます。まさに二日酔いにはもってこいの効果があるようです。

●柿の葉

柿は実だけでなく、葉も利用されます。ビタミンCではなんとみかんの30倍も含まれているそうです。柿の葉寿司や柿の葉茶が有名です。

 

●そのほかに

柿はそのままだけではなく、干し柿として食べることも多いですよね。保存食として長く楽しめるのがいいのですが、水分が少ない分、栄養も凝縮されているんですよ。

効能としては、高血圧や脳卒中の予防、二日酔い、むくみなどに効果があります。ただし、皮をむいて干すと、ビタミンCは減ってしまうので、要注意!

 

これだけ栄養豊富な柿、ぜひ、摂取したいですよね♪それでは、どれくらいの量をとればいいんでしょうか?たくさん食べても大丈夫なの?

柿は、摂取しすぎると、お腹を冷やして消化不良になったり、便秘を起こしたりしてしまいます。また、タンニンが鉄と結合してしまうため、鉄分不足に陥ってしまう可能性があるんです。

いくら体にいいといっても、食べ過ぎは禁物ですよ。適量は、一日に1個から2個がちょうどいいとされています。これを守ってくださいね。

 

ということで2個皮を剥いたので美味しくいただきます!(*´-`)

てて整骨院館山店 齊藤

ページトップへ戻る