海のミルク『牡蠣』|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > Let‘s整骨院 > 海のミルク『牡蠣』

海のミルク『牡蠣』

Let‘s整骨院
2017.11.28

牡蠣の栄養ととんでもない効能「海のミルク」の実力とは?

牡蠣の栄養と効能

牡蠣に含まれている栄養とその効能を具体的に解説します。ぷりぷりっとした食感とつるっとしたのどごし。牡蠣って本当に美味しいですよね。

生はおろか、網焼きや牡蠣鍋、カキフライなんかもいいですね。最近では、オイスターソースなんかにも使われています。

牡蠣は昔から滋養強壮に優れた食材として、多くの人に愛されてきました。また、マイルドな食感と豊富な栄養から「海のミルク」とも呼ばれています。

今回はそんな牡蠣について、含まれている栄養とカラダにもたらす効果についてご紹介していきます。

お皿に盛られた牡蠣とレモン

牡蠣は鉄分ビタミンB12のミネラル類、ビタミン類などの栄養を豊富に含みます。

鉄分はヘモグロビンの構成成分となり、貧血を予防する効能が期待できます。銅はこれら鉄分の吸収を助ける働きをします。

また、ビタミンB12はヘモグロビンが合成されるのを助ける補酵素となるため、こちらも貧血の予防に適した栄養です。

鉄分、銅、ビタミンB12はいずれも貧血を予防する効能があり、それぞれの栄養の相乗効果も期待できます。月経のある女性には特に重要な栄養素です。牡蠣のように、これらの栄養素がバランスよく配合された食材はあまりありませんね。

なお、鉄分はビタミンCと合わせると吸収力が高まります。生で食べる際には、レモンゆずすだちなどをかけて食べると良いでしょう。

牡蠣にはタウリンも多く含まれています。このタウリン、栄養ドリンクなんかで聞いたことがある栄養素ですね。

タウリンとは、含流アミノ酸の一種で、筋肉や胆汁酸と結合して存在している栄養です。牡蠣をはじめ、魚介類や貝類、タコ、イカなどに多く含まれます。

タウリンには、カラダや細胞を正常に保つ効能(ホメオスタシス)があり、肝臓の機能を正常にする効果や、コレステロールを下げる効果、血圧を下げる効果などがあります。

普段からお酒を飲む人、血圧やコレステロールにお困りの方にはおすすめの栄養素となります。

皿に盛られている生牡蠣

牡蠣には、カルシウムマグネシウムも含まれています。

カルシウム、マグネシウムはいずれもミネラルの一種で、いずれも骨格の形成に欠かせない栄養素です。カルシウムが骨や歯を形成する働きがあることはご存じかと思います。

カルシウムは一般的に、魚に含まれているイメージが強いですが、牡蠣などの貝類にも含まれています。

カルシウムは細胞の機能調整を、マグネシウムは代謝を促す補酵素になるなど、いずれも生命活動に重要な役割を果たします。

レッツ整骨院

 

 

ページトップへ戻る