さつまいもの話|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

館山院

ホーム > スタッフブログ > 館山院 > さつまいもの話

さつまいもの話

館山院
2017.12.01

こんにちは!

めっきり寒さも厳しくなってきた今日この頃ですが、寒がりの私は1ヶ月ほど前から灯油ストーブを出してぬくぬくしてます。館山に引っ越してくる前は、館山=南房総=暖かい というイメージがあったのですが、意外に風が強い日が多かったりしてエアコンの暖房では物足りず、今年の2月ぐらいに灯油ストーブを購入したのでした。写真を見るだけで暖かさが伝わると思います。笑

 

 

写真の上のほう、ストーブの天板に銀色の物体が写っていますが角度を変えて撮影です。

 

 

はい。今回のテーマ、さつまいもです。

さつまいもをよく洗って、湿らせたキッチンペーパーや古新聞などで包み、更にアルミホイルでくるんでストーブに乗っけるだけ。時々上下を返したり少し回したりしながら1時間半ぐらい、じっくりと火を通していきます。このじっくりと火を通すというのが美味しさの秘訣だそうです。

 

 

焼きあがりました。今回はシルクスイートという品種のさつまいもを焼きました。最近デビューした新しい品種らしいのですが、上品な甘みと食感の滑らかさで私のお気に入りです。

 

さてさて、そのさつまいもなのですが美味しくてついつい食べ過ぎるぐらいなので、カロリーや栄養成分について調べてみました!

 

さつまいも(100g中)の主な栄養成分

炭水化物
・・・31.5g

たんぱく質
・・・1.2g

脂質
・・・0.2g

ビタミンB1
・・・0.1mg

・糖質の代謝を助ける働きがあります。

ビタミンC
・・・30mg

・さつまいもに含まれるビタミンCは、なんと、

”りんごの7倍!”

”みかんと同量ぐらい!”

といわれています。なんか意外な感じがします。

そしてうれしいことに普通ビタミンCは加熱すると減ったりしますが、さつまいもはでんぷんが熱から守ってくれるので加熱しても壊れにくいのです。

美容効果も高くシミやシワの予防効果もあるんですね。

ビタミンE
・・・1.5mg

・ビタミンEは、からだが酸化するのを防ぐ抗酸化作用があります。

カリウム
・・・460mg

・塩分を排出してくれるのでむくみ解消効果があります。

カルシウム
・・・40mg

・イモ類の中で一番多く含まれています。

骨を丈夫にして、イライラ解消の働きもあります。

 

さて、気になるカロリーですが、さつまいものカロリーは100gあたり

●生の場合
・・・132㎉

●蒸した場合
・・・131㎉

●焼き芋にした場合
・・・160㎉

といわれています。

調理法によってカロリーが変わるのは面白いですね。

他の主食として食べられている食材は

100gあたり

●白米:168㎉

●食パン:264㎉

●中華麺:150㎉

●ゆでうどん:105㎉

●ゆでそば:132㎉

●スパゲティ:150㎉

とされているので、思ったよりは・・・という感じでしょうか。

 

それとご存知のとおり、さつまいもには食物繊維が豊富に含まれているのですが、100gあたり

食物繊維
・・・1.7g

・不溶性食物繊維のセルロースなどが含まれていて、イモ類の中でも非常に多くの食物繊維が含まれています。

血中コレステロールの改善や血糖値を下げたり、便通をよくするなど腸内環境の改善の働きなどあります。

との事です。

コレステロール改善、血糖値など生活習慣病を予防するにも適した食材ということが分かりますね。

 

これからも美味しい焼き芋でストーブ生活を楽しみたいと思います!

てて整骨院館山の齊藤でした!

 

ページトップへ戻る