鍋奉行|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 金町院 > 鍋奉行

鍋奉行

金町院
2017.12.11

日本には冬は鍋を食べるものっと言ったような習慣があります。

確かに、 冬に食べる鍋はその温かい様子から多くの日本人に好まれていますよね。

では、そんな鍋の素晴らしいところについて挙げていきたいと思います。

温かいものを食べると心も体も温まる

温かい鍋を食べると体が温まるのはもはや 当たり前といってもいいでしょう。

温かいものを食べると体がポカポカしてきますからね。

しかし、体が温まってくる理由はそれだけではありません。

鍋にはたくさんの野菜が温かく、そして柔らかい状態で入っています。 そして食物繊維も柔らかくなっているので 沢山食物繊維を食べたいという人にも持って来いのメニューなのです。

そして多くの野菜に含まれているミネラル、ビタミンは 身体を温める効果のあるものばかりですので、 実際にも身体を温める食材として起用されます。

温野菜となっている野菜たちが沢山含まれた鍋は まさに身体を温めるに最適な料理なのです。

そしてもう一つ身体だけではなく心も穏やかな気持になります。

例外はありますが、 鍋を食べるときに一人で食べるという人は殆どいませんよね。

誰かと食事をするということは食べるものがなんであっても 心が和やかになるものです。

それが鍋の場合同じ鍋のものを一緒に食べるのですから その気持はより一層強くなると考えても良いでしょう。

家族と団らんしながら食べるとしても、 友達とワイワイしながら食べるとしても 鍋というものはなぜか人の心も一緒に温めてくれるメニューなのです。

風邪の予防にも有効な鍋料理の効果・効能

冬といえばやはり風邪の季節です。

でも鍋を食べることによって強い風邪予防の効果が得られるのです。

なんといってもその豊富な野菜による豊富な栄養素は 私達の身体を強くしてくれます。

ビタミンやミネラル、タンパク質殆ど全てが詰まっている鍋を 食べていると風邪がひきにくくなります。

また、身体を温める効果があるので ウィルスと戦ってくれる抗体の力が強くなります それもまた風邪がひきにくくなるポイントの一つです。

そして、もう一つは部屋の湿度です。 鍋を食べるときに部屋の湿度は鍋から出てきた湯気によって高くなります。

その湯気によって喉の粘膜や鼻の粘膜が乾燥せず 潤いを保った状態でいられるので ウィルスを身体の中に入れないように出来ます。

一時的な効果では有りますが、 その状態で帰るときにマスクをつけるなどをすれば 効果は長く続くことができるのです。

鍋で健康になりましょう。

ページトップへ戻る