スポーツと食事の関係|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > リラクゼーションサロン ソレイユ KSC店 > スポーツと食事の関係

スポーツと食事の関係

リラクゼーションサロン ソレイユ KSC店
2018.01.05

こんにちは!ソレイユKSCです!

あけましておめでとうございます。

お正月美味しい物いっぱい食べましたかー?

運動しなきゃ!食事そろそろ見直さなきゃ!、、、

と【正月太り】に焦る今日この頃…

知っておくと得!スポーツ栄養的な的な的なこと、

抑えてみましょう!!!!!!!

 

食事はなぜ大切なのか?

自分の才能を活かす、練習で身につけたことを試合で

十分に発揮するためには【基礎体力】を備えた身体が必要です。

そして、その基礎体力は運動、栄養、休養の3つから作られます。

つまり、練習やトレーニング、食べること、寝ることのバランスが大事ということになります。

基礎体力がつけば、今よりもっと強度で高度な練習が出来るはず!

憧れの選手に近づく日もそう遠くないってことですかーーー!?

 

スポーツに必要な栄養

スポーツをするということは、

「生きるために必要な分の栄養」+「日常生活に必要な分の栄養」

に加えて、【スポーツをする分の栄養】も必要になってきます。

さらに成長期のスポーツ選手に至っては、そこにとても大切な

「日々成長する分の栄養」も加えなくてはなりません。

栄養が不足した状態で自分の身を削って動いたり、疲労した身体が回復できなかったり、

成長するための栄養まで運動のためにまわしたりと、

スポーツ選手に必要な強い身体を手に入れるどころか健全な成長を阻害してしまうかもしれません!

ですから、スポーツ選手は、たくさんの栄養を毎日の食事でしっかり摂る必要があります。

 

では、具体的に何を摂取したら良いのか…

炭水化物(糖質)・脂質・たんぱく質・ミネラル・ビタミンの【5大栄養素】が整った食事です。

スポーツをするうえで、5大栄養素にはそれぞれの役割がありますので、

どれも欠かさずバランスよく摂ることが大切です。

 

①主食(炭水化物) → 集中力の維持

ごはん・パン・麺類(パスタやそばなど)・シリアルなど。

「炭水化物(糖質)」が豊富に含まれています。

②おかず(タンパク質、脂質) → 強い身体を作る材料

肉・魚・卵・豆腐・納豆などで、主菜やメインディッシュですね!

カラダづくりを支える「たんぱく質」をたっぷり含んでいます。

③野菜(ビタミン、ミネラル) → 体調を整える

「ビタミン」「ミネラル」「食物繊維」が豊富に含まれてます。

ビタミンやミネラルは不足しがちな栄養素でもありますので、

必ず毎食、サラダや温野を積極的に食べるようにしましょう!

④果物(ビタミン、炭水化物) → 疲労回復、怪我予防、ストレスを抑える、風邪予防

「ビタミン」「ミネラル」「炭水化物(糖質)」が豊富に含まれています。

主に2つのタイプがあり、1つは主食同様に炭水化物(糖質)を豊富に含み

ビタミンCが少ないもの(バナナ・桃・メロン・りんごなど)、

もうひとつは酸味を感じさせるビタミンCが豊富に含まれるもの

(オレンジ・グレープフルーツなどの柑橘系、イチゴ・キウイフルーツなど)があります。

⑤乳製品(タンパク質、ミネラル) → 強い骨を作る、精神を安定させる、筋肉の動きをスムーズにさせる

牛乳・ヨーグルト・チーズなどで、「カルシウム」の宝庫であり、

たんぱく質も一緒に摂れる非常に効率的な食品です。

 

食事の際には①~⑤がそろっているかチェックしてみましょう!

 

朝ごはんを食べましょう!

朝ちゃんと朝ごはんを食べていますか?

朝ごはんには大切な役割があります!

スポーツをしている人は、たくさんの栄養を摂る必要がありますので、

1日3食の内、大事な1回である朝ごはんを抜いてしまうと、

昼からどんなに食べても1日分の必要な量をまかなえない場合もあります。

こうなるとカラダづくりどころか、成長する分の栄養までも削るという悪循環が生じてしまいます。

朝ごはんをきちんと食べないと体温が上昇しませんので、

身体のウォームアップができていない状態になってしまいます。

しっかりとした朝ごはんは、その日の活動に備えた大切なウォーミングアップであり、

半年後・一年後の成長を左右します。

朝ごはんを抜くなんてことはとんでもないみたいことだそうです!

朝から十分に食べられる良い生活サイクルを身に付けましょう!

 

 

 

 

アスリートとして競技力の向上を目指すためには、まずは、自分の身体を知ることが必要です。

そうして食事を考えたり、運動メニューを考え、健康な身体づくりをしていきましょう!

脱!お正月太り!

 

https://onemorehand.jp/fitness/

 

ページトップへ戻る