七草がゆ|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 亀有南口分院 > 七草がゆ

七草がゆ

亀有南口分院
2018.01.06

明日は1月7日七草粥を食べる日ですよ!!

あまり美味しいものではありませんが、健康に良さそうなので食べましょう!

今回はご存知の方も多いと思いますが・・七草粥についておさらいしていきます!!

まず七草粥は正月行事として定着していますが、本来は1月7日の「人日(じんじつ)」の日に行われる「人日の節句」の行事で、五節句のひとつです。

五節句とは江戸幕府が定めた式日で、1月7日の人日、3月3日の上巳、5月5日の端午、7月7日の七夕、9月9日の重陽をさすそうです。

人日とは文字通り “人の日”という意味で、中国の前漢の時代に、元日は鶏、2日は狗(犬)、3日は猪、4日は羊、5日は牛、6日は馬、7日は人の日としてそれぞれの占いをたて、

8日に穀を占って新年の運勢をみていたことに由来するそうです。

中国の唐の時代には、人日の日に七種菜羹(ななしゅさいのかん)という7種類の若菜を入れた汁物を食べて、無病息災を願うようになりました。羹はあつもの、汁という意味だそう。

また、官吏昇進を1月7日に決めたことから、その日の朝に七種菜羹を食べ、立身出世を願ったそうです。

この風習が奈良時代に日本へ伝わると、年のはじめに若菜を摘んで食べ生命力をいただく「若草摘み」という風習や、7種類の穀物でお粥を作る「七種粥」の風習などと結びつき、

「七草粥」に変化して今のような形になったようですね。

では七草粥の中身といえば

芹 に対する画像結果

・芹(せり) ・・・・・水辺の山菜で香りがよく、食欲が増進。

なずな 画像 に対する画像結果

・薺(なずな) ・・・・別名はペンペン草。江戸時代にはポピュラーな食材だったそうです。

御形 画像 に対する画像結果

・御形(ごぎょう) ・・・別名は母子草で、草餅の元祖。風邪予防や解熱に効果があります。

はこべら 画像 に対する画像結果

・繁縷(はこべら) ・・・目によいビタミンAが豊富で、腹痛の薬にもなったそうです。

ほとけのざ 画像 に対する画像結果

・仏の座(ほとけのざ) ・別名はタビラコ。タンポポに似ていて、食物繊維が豊富です。

すずな かぶ 画像 に対する画像結果
・菘(すずな) ・・・・・・蕪(かぶ)のこと。ビタミンが豊富です。

すずしろ 画像 に対する画像結果

・蘿蔔(すずしろ) ・・・大根(だいこん)のこと。消化を助け、風邪の予防にもなります。

 

正月美味しものばかり食べて胃がもたれている方にもおすすめですので、是非お試しください!!

南口院 名嘉真

 

 

 

ページトップへ戻る