リフレクソロジーの効果!|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

リラクゼーションサロン ソレイユ KSC店

ホーム > スタッフブログ > リラクゼーションサロン ソレイユ KSC店 > リフレクソロジーのあれこれ!

リフレクソロジーのあれこれ!

リラクゼーションサロン ソレイユ KSC店
2018.01.16

こんにちは!

ソレイユKSC店のタマキです。

 

今日はソレイユのコースの1つでもある

リフレクソロジーについて描いていきたいと思います(^^)/

 

そもそも

「リフレクソロジーってなに...(・・?)」

っと、思う方もいると思います。

 

リフレクソロジーとは

フレックス=反射

ロジー=学問

からできていて、反射学と訳されます。

つまりは反射療法という事です!

簡単に言うと足や手にある反射区と呼ばれる内臓や器官に連動する

末梢神経を刺激して血液などの流れをスムーズにしていくことを言います。

 

足裏マッサージの方が馴染みがあるかも知れませんが

リフレクソロジーと何が違うかというと

反射区を刺激するか、ツボを刺激するかの違いがあるだけで

基本的な効果は同じと言えます。

 

リフレクソロジーはアメリカで発祥しましたが

日本では「英国式」と「台湾式」と呼ばれるものが有名です!

 

因みに台湾式の方が英国式に比べて刺激が強いとされているので

強い刺激をお望みの方は台湾式をお勧めします。

 

日本には大きく分けて2つの術式がありますが

効果も若干異なってくるようです。

 

西洋式

比較的痛みが少ないので施術の途中で寝てしまう人も多く

心身ともにリラックスした状態になりやすいのが特徴

リラックスすることで脳波のα波が増加しストレスの軽減につながります。

そのうえ、ストレスや睡眠不足、食生活の乱れなどによって

乱れがちなホルモンのバランスも整える効果があります。

 

※ストレスによるホルモンバランスの乱れは

男性では精力の減退。

女性では更年期障害や生理前症候群(PMS)

などの原因になることがあります((((;゚Д゚))))

 

英国式リフレクソロジーは欧米ではターミナルケア(終末期医療)として医療機関に取り入れらえています。

東洋式

中国では古来より「気・血・津液」が身体の中を流れていて

それらが健康や病気に関係しているとされ

リフレクソロジーで足の気の流れを良くすることで身体全体の回復を助ける働きがあるとされています。

 

西洋式よりも痛みを伴う東洋式は身体の働きの正常化を重要視しています。

なので、東洋式では関連する反射区を刺激することで病気の回復に役立つとされています。

 

 

身体にいいことが多いリフレクソロジーですが注意が必要な状態も!!!

・食事のすぐあと

食後は胃に血液が集まるのでその状態でやってしまうと、

血液が十分に胃に集まらなくなって消化不良の原因になることが!

30~60分はできるだけ様子見ましょう。

 

・血圧が安定しないとき

足を刺激することで足に血液が集まりやすくなるので

低血圧の時などは注意が必要です。

 

・重篤な病気で通院している方

糖尿病や胆石などで通院をされている方は

医師の方と相談をしたうえで施術を受けましょう。

 

 

【英国式】でリラックスするのも良し

【東洋式】で健康の維持をするのも良し

まだまだ寒さが強くなるこの時期に

足元から身体にいいことしませんか( *´艸`)?

 

https://onemorehand.jp/fitness/

 

ページトップへ戻る