もうすぐ節分!!|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 亀有北口本院 > もうすぐ節分!!

もうすぐ節分!!

亀有北口本院
2018.01.28

こんにちは!北口本院の鹿島です。

もうすぐ節分なので今回は、節分と大豆の健康についていろいろ調べてみました。

・節分について

クリックすると新しいウィンドウで開きます

節分は年に4回あった?                                                                         そもそも「節分」とは、四季を分ける節目の日のこと。立春・立夏・立秋・立冬の各前日のことで、本来は1年に4度ありました。中でも大寒の最終日である立春は、厳冬が明けて草木が芽吹く1年の始まりとして重視されたことから、立春前日がいわゆる「節分」として定着したのです。つまり、節分は1年が始まる前日、すなわち大晦日に相当する日といえるのです。ちなみに、節分の日は必ずしも2月3日ではなく、閏年(うるうどし)には2月2日や4日になることもあります。

節分の始まり                                                                              季節の変わり目には体調を崩すという人が少なくありませんが、古来、季節の変わり目には鬼(邪気)が生じるといわれており、奈良時代~平安時代の宮中では、節分に陰陽師(おんみょうじ)によって旧年の鬼(厄)をはらう「追儺(ついな)式」が執り行われていました。これは俗名「鬼やらい」ともいわれ、中国で大晦日に行われていた儀式が7世紀頃に日本に伝来したようです。今でも節分祭で有名な京都の吉田神社では、四つ目の仮面をかぶった鬼を陰陽師が祭文を読み上げて追いはらう追儺式が行われています。

まくのは大豆だけ?                                                                            豆まきの由来は、平安時代に京都の鞍馬山の鬼が都を荒らしにきた際、毘沙門天のお告げによって、炒り大豆を鬼の目に投げつけたところ、鬼を退治できたという逸話がもとになっているという説があります。鬼の魔の目=「魔目(まめ)」に豆を投げることは、魔を滅する=「魔滅(まめ)」に通じ、豆を炒ることは「魔を射る」につながると考えられていたのです。また、大豆は米や麦などと並ぶ五穀のひとつで、古来より穀霊(豊饒を司る精霊)が宿るといわれ、神事でも重用されてきました。ただし、近年では北海道、東北、北陸の6~7割の人が、節分に大豆ではなく「殻つき落花生」をまいているようです。

今度はまくだけでなく食べる方について調べてみました

大豆の栄養素

大豆は豆の王様だと言われ、「畑の肉」と呼ばれるほど豆類の中でもタンパク質の含有量が最も多く、体内で合成できない必須アミノ酸をバランスよく含んでいます。現代人の食生活は動物性タンパク質・脂質の摂取が増えてきており、それに伴い肥満をはじめとする成人病も増えてきています。これを防ぐには、動物性タンパク質を減らし、植物性タンパク質を多く摂ることが重要です。大豆は植物性タンパク質を摂取するのに最適な食品なのです。大豆には脂肪も含まれていますが、動物性脂肪のようにコレステロールを含んでいないという優れた点もあります。

イソフラボン…女性ホルモンに似た物質で、更年期障害、生理不順、骨粗しょう症、前立腺ガンなどの改善に効果があるといわれる。悪玉コレステロールの増加を抑えて血管の疾患を予防する効果も。

レシチン…余計なコレステロールや血液中の中性脂肪を減らす作用があり、高血圧症、動脈硬化、高脂血症などの血管疾患の予防をする効果がある。神経の伝達をスムーズにして、認知症や記憶力の低下を防ぐ効果もあるとされている。

サポニン…悪玉コレステロールを下げる、脂肪の蓄積予防、抗酸化・抗炎症作用、肝機能の向上など。

この他にビタミンやミネラルも含み、ビタミンB1、B2、E、葉酸、カルシウム、カリウム、鉄、マグネシウムなどが豊富です。

大豆は世界でも健康食品として注目を浴びている食品です。

節分の日はしっかり豆まきをして更に大豆を食べて健康になりましょう!!

 

 

 

ページトップへ戻る