血管を若くする②|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 金町院 > 血管を若くする②

血管を若くする②

金町院
2018.01.29

先日、テレビ東京「主治医が見つかる診療所」で「10歳若く見られるようになるぞプロジェクト~血管を改善して若々しくなる方法~」

が放送されていました。

とても参考になるになりました。

前回に続き詳しく見ていきたいと思います。

①毛細血管衰え度チェック

 

<①毛細血管衰え度チェック> 赤澤純代(あかざわ すみよ)先生金沢医科大学病院 女性総合医療センター 副センター長/女性疾患

Q1最近シミやシワが増えた
Q2薄毛や抜け毛・白髪が増えた
Q3傷が治りにくくなった
Q4冷え性だ
Q5目や口が乾くなど 粘膜が弱くなった気がする
Q6胃もたれや胃腸炎が多くなった
Q7カゼを引きやすくなった
Q8爪が白っぽい 欠けやすい 凹凸がある

チェックの数が多いほど毛細血管が衰えている可能性があるとのことです。

●「Q4冷え性だ」は冷え症だと血管が硬くなって老化が進み、血圧に異常が起きることがあるそうです。

冷え症の人は普通の人より血管が硬くなっている、つまり老化しているということです。冷え症の原因は手先や足先の血液の循環が良くないことが原因のひとつとされています。どうやら、その血液の循環の悪さが血管を老化(硬く)させてしまっているようなのです。

つまり、冷え症は「体が冷えてつらい」だけでなく、体を老化させる原因になっている可能性が高いということなんです。

●「Q5目や口が乾くなど 粘膜が弱くなった気がする」

血液の循環は自律神経によってコントロールされています。緊張したりストレスを感じたりすると交感神経が優位になり、唾液の分泌が抑制されます。反対に、リラックスしているときは、副交感神経の働きによって唾液はよく分泌されます。そのため、常に強いストレスにさらされていると、口の中が乾く原因になります。

●「Q6胃もたれや胃腸炎が多くなった」

胃の動きは、自律神経によってコントロールされています。不規則な生活が続くなどストレスが強ければ、胃や十二指腸の働きも弱まります。

●「Q7カゼを引きやすくなった」

加齢、ストレスや運動不足、食生活の乱れなどでも低下し、免疫力も低下、疲れやすくなり、風邪を引きやすくなったり、朝すっきり起きられなくなったりなど、さまざまな体に不調を感じます。

●「Q8爪が白っぽい 欠けやすい 凹凸がある」

白っぽい爪→ 一般的には貧血が考えられますが、腎臓病の場合にも多く見られます。

欠けている→爪が割れやすい、欠けるなどのトラブルは、栄養が不足していたり、血流が悪く栄養がゆきとどかない時、爪に水分が貯めにくくなり、乾燥して起こりやすくなります。

凸凹→胃腸の働きが弱くなることによって、爪まで栄養が行き届きにくくなってしまうためです。

次回は「1週間で効果てきめん 毛細血管を元気にする5大メソッド」見ていきたいと思います。

 

 

ページトップへ戻る