お風呂っていいよね|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 亀有北口本院 > お風呂っていいよね

お風呂っていいよね

亀有北口本院
2018.02.11
こんにちは!北口本院の籠谷です!
最近は外が寒すぎてコタツかお布団かお風呂の中にしかいません( ˘ω˘)スヤァ
今回はお風呂についてお話していきます🙌
①温熱作用
温かいお湯に入るとまずは体の表面温度が上がります。お湯に触れているのは皮膚表面だけなのですが、皮膚にも多くの血管があります。この血管を通して血液は全身に巡るので体全体が温まります。体が温まると全身の血管が拡がり、血液の流れが良くなります。

一方、私たちが生きていくための重要な細胞は、血液から栄養と酸素をもらい、不要となった二酸化炭素や老廃物を血液に排出しています。つまり、人の体は血液の流れがとても大事で、これが人間の体を維持していくためにとても大切な役割を果たしていることがわかります。この流れを増やすことで疲労回復につながる、ということなのです。

温熱効果で血流の流れを増やすお風呂は私たちの日常に非常に役立っているのです。基本的な入浴は、40度のお湯に約10分間で十分効果が得られます。無理をして長湯をする必要はありません。

【嬉しい効果】
・関節の緊張が和らいで肩こり、腰痛、筋肉痛などの痛みが解消
・新陳代謝が活発になり、リフレッシュ効果が得られる

②水圧作用
お風呂に入ると水圧が作用し、その作用によって肩まで浸かった場合ウエストを計ると数センチ縮んでいるともいわれるほどです。
この水圧によって足が締め付けられ、下半身にたまっていた血液が心臓へ戻り、血液循環を促進させます
お風呂に入ると足がスッキリするのはこの水圧の効果でむくみが改善されるからなのです。
【嬉しい作用】
・血液循環の促進
・水圧効果でむくみ改善
                                                                                                                                                                                 ③浮力作用
水に浸かると水面下にある体積分、体重が軽くなります。例えば肩までお湯に浸かっていれば、浮力によって体重が約10分の1となり60キロの人なら6キロになる計算です。体が軽くなったことで、水中ではその体重分だけ支えればいいので足腰の負担が軽減されます。地球上では重力から唯一解放され、リラックス効果が得られます。重力から解放されると、筋肉の無駄な緊張もなくなりますね。

【嬉しい効果】
・足腰の負担が軽減される
・筋肉の無駄な緊張がなくなり、リラックス効果が得られる

~お風呂の入り方のすすめ~
1 水分を摂る(コップ1~2杯の水またはお茶)
2 かけ湯(シャワーでも可)
3 半身浴(足先〜腰〜みぞおち)で1、2分一息つく
4 全身浴(肩まで)
5 洗い場で髪や体をやさしく洗う
6 全身浴
7 お風呂から出る
8 水分を摂る(コップ1~2杯の水またはお茶)
9 休息
わたしはお風呂でパックしたり、歌を歌ったりしていると長時間浸かっていることが多いのでいつかのぼせるのではないかと心配してはいるのですが…
これを機に改善していこうかなぁと感じました!
みなさんもお風呂でリフレッシュ!!(*^-^*)

ページトップへ戻る