チョコレート|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > リラクゼーションサロン ソレイユ KSC店 > チョコレート

チョコレート

リラクゼーションサロン ソレイユ KSC店
2018.02.14
むかーし昔、チョコレートは貨幣として使われて、薬としても重宝されていました。
実は、チョコレートに含まれるカカオ成分は美容や健康に効果的で、本当に注意しなくてはいけないのが甘くする為に使う砂糖なのです。
チョコレート(カカオ)がもたらす効果
★太りにくい
チョコレートはカロリーが高い!と言われているのは、砂糖とカカオバターによるものなのです。
チョコレートに含まれているカカオバターは脂肪分が多いのですが、その脂肪分の成分は良質なものなので、食べても血中の悪玉コレステロール値は上がらないという調査結果も紹介されています。
しかも、脂肪を分解する働きがあるのです!
脂肪分解酵素リパーゼの働きを抑え、脂肪が血中に残るのを防いでくれます。
そのため体脂肪率は上がりにくくなるのです。
つまり、注意すべきは砂糖の量(摂取)です!
★免疫力の向上
チョコレートに含まれているカカオ・ポリフェノールという成分には、強力な抗酸化作用があり、がんや動脈硬化、胃潰瘍、現代病とまで言われているアトピーや花粉症などのアレルギー、ストレスの原因となる活性酸素の過剰な働きが著しく抑えられたのです。
 特にカカオ成分の多いダークチョコレートは、100グラムでワインの2倍、緑茶の5倍の抗酸化効果を得ることができるのです。
★美肌効果
ポリフェノールやフラボノールにより、美容と健康の両方に効果があります。
ダークチョコレートに含まれるフラボノールは、日焼けによるヤケドや赤みからお肌を守ってくれることが臨床実験済みなのです。
ポリフェノールの殺菌作用により、睡眠不足やストレスからくるニキビ・肌荒れも抑えることができます。
美容界ではエイジングケアへの効果も注目されています。
★集中力・リラックス効果
チョコレートの甘い香りには、集中力や記憶力を高める効果があることが研究で明らかになっています。
また、テオプロミンという成分が自律神経を調節する作用があり、リラックス効果を高めることも分かりました。
★虫歯予防
ウーロン茶や緑茶には虫歯の予防効果のある成分が含まれていることが知られていますが、カカオ成分にはウーロン茶や緑茶以上に虫歯菌をおさえ、歯周病菌を減らして傷の治りを早める効果があるのです。
チョコレートを食べるにあたって
★食べ過ぎはダメです
いくら美容や健康に効果的だから~♪と言っても食べすぎはいけません。
少量に抑えず、大量に食べてしまうと体重増加や虫歯など体に害を及ぼします。
ミルクチョコレートやホワイトチョコレートなどは飽和脂肪(悪玉コレステロール)も多く含まれているので要注意です。
肥満傾向にある人や肥満の人は気をつけてください。
★どのくらいなら食べてもいいの?
1日だいたい30~90g目安に摂取すれば大丈夫です。
ダークチョコレートやローチョコレートには、食物繊維も含まれているのでアーモンドなどと一緒に取るとミネラルも同時に摂れるのでおススメです。
あと、食べるならカカオ60%以上がおススメです!
★食べるのを気を付けた方がいい人は?
妊娠中の方は、胎児に影響を与えることがありますので控えたほうがいいそうです。
 PMSの方は、月経前には避けた方がよさそうです。
ps,EXILEのATSUSHIもチョコレートが大好きなようで
毎日チョコレートバーを食べているそうです。笑

ページトップへ戻る