わたしはコーヒーが飲めない|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 南千住院 > わたしはコーヒーが飲めない

わたしはコーヒーが飲めない

南千住院
2018.02.15

こんにちは南千住院のはらだです|д゚)

突然ですが皆さん、

コーヒーは・・・お好きですか?

わたしは飲めません

香りは好きなんですがどうにも腹痛を伴うのです・・・

なぜでしょうか?”(-“”-)”

 

★コーヒーと腹痛・下痢の原因

原因①カフェイン

コーヒーに含まれるカフェインは緑茶や紅茶に比べると2~3倍多いのです。

カフェインには胃酸の分泌を刺激する作用があり、空腹時には胃酸が出過ぎて腹痛になる場合があります。

また、カフェインの摂り過ぎは自律神経のバランスを乱す可能性もあるので気をつけましょう。

 

原因②クロロゲン酸

これはコーヒーに含まれるポリフェノールの一つです。

カフェイン同様胃酸の分泌を促す効果があります。

 

原因③タンニン

これもコーヒーに含まれるポリフェノールの一つで、苦みや渋みのもとになります。

タンニンも過剰に摂取すると腸粘膜に過度な負担が掛かります。

 

原因④コーヒーアレルギー

体質にあっていない可能性も十分あります。

 

原因⑤砂糖の入れすぎ

砂糖を摂り過ぎると血糖値が上がり、浸透圧の関係で腸内の水分量が増加し下痢を引き起こす可能性があります。

若しくは砂糖以外の人工甘味料を摂り過ぎても下痢になります。

 

原因⑥その他の内科的疾患がある

ストレスや疲労でお腹が緩くなる過敏性腸症候群などが隠れているかもしれません。

 

原因⑦酸化したものを飲んでいる

時間がたって酸っぱくなったコーヒーは酸化しているため、あまりお腹によくありません。

出来るだけ淹れたてのものを飲むようにしましょう。

また、缶コーヒーなど一度開けたものもすぐに飲み切るようにしましょう。

 

それでもコーヒーが飲みたいときは・・・

対策①牛乳で割る

牛乳には胃壁を保護する作用があるので、カフェオレにして飲めば胃への負担が減らせます。

ホットにして飲むとさらに胃に優しくなります( ^ω^ )

 

対策②カフェインレスコーヒーを飲む

今はカフェインレスのコーヒーやタンポポから作られたコーヒー風飲料など、色々なものがあります。

 

対策③飲み方に気をつける

大量に飲まない、空腹時の摂取を避ける、時間を空けて飲むなどして気をつけましょう。

 

★もし腹痛がおきてしまったら?

水分をたくさん摂って血中のカフェイン濃度を薄めましょう。

冷たい水よりも温かい白湯などがおすすめです。

 

決して悪い飲み物ではないので、上手にコーヒーと付き合っていきましょう(^^)/

 

 

 

ページトップへ戻る