ジャムは好き、嫌い??|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > オレンジ堂整骨院・鍼灸院 > ジャムは好き、嫌い?? ~ブルーベリー~

ジャムは好き、嫌い?? ~ブルーベリー~

オレンジ堂整骨院・鍼灸院
2018.02.21

皆さん、こんにちは!!

皆さんは、朝ごはんはパン派orご飯派どちらですか?? 自分はパン派です。

パン派の人は何かつけて食べますか?ジャム?バター?人それぞれ違いますが今回はジャムについてです!!

カナダに来てからよく食べるようになったものにブルーベリーがあります。ブルーベリーは小さくて可愛いですね。

青紫だから見た目はあまりおいしそうに見えませんが、とても健康にいいフルーツです。野菜やフルーツはみんなからだにいいのですが、ブルーベリーは特にアンチエイジングにパワーを発揮しますから、老化が気になる方に、一押しですよ。

 

ブルーベリーのどこがすごいのか

強力な抗酸化作用

ブルーベリーのおもな成分は、アントシアニン、ポリフェノール、ビタミンA、ビタミンE、ベータカロチン、亜鉛、カリウム。果物なので植物繊維も豊富です。

ブルーベリーの1番の特徴はその強い抗酸化作用です。

ブルーベリーの青紫色は、アントシアニンという天然色素のせいですが、この色素が、フリーラジカルを中和させる働きをします。ポリフェノールにも抗酸化作用があります。

野菜や果物の中で、ブルーベリーは1番抗酸化作用があります。抗酸化物質が豊富なので、まるでスーパーフードのような健康効果が期待できるのです。

 

ブルーベリーに含まれている、ビタミンAは動脈硬化の予防や粘膜・皮膚の保護に有効です。

ビタミンCはご存知の通り美白効果や体の免疫力アップに有効です。
食物繊維に至っては、水溶性・不溶性両方の食物繊維が含まれており、含有量だけをみるとなんとバナナの2.5倍!正直、ちょっと意外ですよね。

あんなに小さな実にたくさんの食物繊維が含まれているだなんて。

他にも、心臓病や糖尿病、ガンの予防効果もあるそうです。

それでは、ブルーベリーが妊婦さんにどのような効果があるのか・・

妊娠中は、ホルモンの影響やお腹の胎児の成長により便秘になりがち!
それに、つわりで食事もままならない方も中にはいらっしゃいますよね。

私自身、つわりがひどくで食事という食事ができず、果物に救われていた思い出があります。

つわりにバナナが良いと言いますが、さっぱりしていて食物繊維も豊富に含まれるブルーベリーもおススメだと思います。

ブルーベリー自体小さいので、少しずつつまめるのが更に良い点かなと思います。

食物繊維の他にも、アントシアニンには骨粗しょう症を予防する働きもあるので、妊娠中お腹の胎児にたくさんのカルシウム を持っていかれてしまい産後、骨粗しょう症になるリスクが高いためそれを予防するためにも有効的だと思います。

妊娠中に不足してしまうと困る葉酸。

胎児の脳や神経を作るために必要な栄養素ですが、この葉酸は過熱に弱く水に溶け出してしまう性質をもつので生で食べることができるブルーベリーからだと余すことなく摂取でできます。

ビタミンやミネラルも豊富なので、貧血予防にも効果があります

脳の働きを活性化し、記憶力をアップする

私が注目しているのはこの点です。抗酸化作用があるということは、若々しい身体を保ってくれるということですから、脳も若くいられるはずです。

ブルーベリーに含まれる抗酸化物質は、脳内の知能を維持する場所にたまるという動物実験の結果があります。

老化に関係のある脳内神経に作用するのです。

あくまで動物実験の結果で、人間に同じ作用をするかどうかはわかっていませんが、期待できそうです。

また、アメリカで76歳以上の高齢者に3ヶ月ほど毎日ブルーベリーを摂取してもらったら、摂取前よりテストの結果がよかった、という研究もあります。

ただし、このおじいさんやおばあさん、ブルーベリーの摂取量、相当多かったようです。食べていたのではなくジュースにして飲んでいたのです。

日々ブルーベリージュースを500ccほど飲んでいたとか。500ccのジュースを作るのにブルーベリーはどのくらいいるでしょうか?

ジュースにするとカサが減りますから、かなりたくさん食べていたと思われます。

ドライブルーベリーをおやつに食べていると、仕事や勉強の効率があがる、とも言われます。

眼精疲労をやわらげる?

アントシアニンは人間がモノを見る細胞(ロドプシン)の分解と再生を促すと考えられています。つまりブルーベリーは眼精疲労をやわらげてくれるということ。

しかしこの効果は実証されていません。

「ブルーベリーは目にいい」というのは定説ですが、薬理作用は証明されていないのです。ブルーベリーの品種によっても、この効果は違います。

ただ、抗酸化物質が豊富ということは、からだ全体にいい作用をするので、目に悪いことはないでしょうね。

 

こんなにもブルーベリーにはこんなにもたくさんの健康効果があるなんて改めて知ったと思いますので朝などにとってみてはいかがですか!?

他にもたくさんのジャムがあるので少しでもジャムを取り入れてもらえたら!!

 

オレンジ堂 岡田

ページトップへ戻る