〇〇フルネス|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 亀有南口分院 > マインド フル 寝る

マインド フル 寝る

亀有南口分院
2018.03.24

以前、受講した講座で一緒になった方から

「マインドフルネスよかったですよ」

「一度受けてみるといいんじゃないですか」

というお話がありました。

 

全く興味がなかったのですが

新しい認知行動療法のひとつとして

メディアに多く取り上げられていたので

「(どんなものか … )」

と、興味半分で先日講座を受講してきました。

 

どうして

全く興味がなく、興味半分でだったかというと

 

マインドフルネスを検索すると

『いま、この瞬間』

『全身全霊意識を向ける』

『瞑想』

 

 

 

「  絶対 ‼ 」

「 あやしい… 」

 

 

でも

胡散臭いとは思っていたのですが

新しい認知行動療法として

結果が出てるという学術論文が

出てきているので(もちろん反論もありますが)

物は試しと受講しました。

 

 

 

 

マインドフルネスは元を辿ると

仏教瞑想に辿り着きます。

その仏教瞑想はインドのヨガや

日本の禅へと流れていきます。

 

この流れは呼吸法や宗教色が強いですが

アメリカ、ヨーロッパに流れ着くと

心理療法として新たな活用方法が見出され

仏教で使用されていたマインドフルネスを

ストレス対策や心理療法に用いるため

再定義されることになりました。

 

そして

相性のいい認知行動療法と結びつき

現在、心理療法として用いられるようになり

企業での社員研修やリーダーシップ教育で

活用され注目を浴びるようになったのです。

 

 

 

 

じゃあ

「マインドフルネスは何をするの?」と言われれば

『瞑想』です。

 

「瞑想で何をするの?」と言われれば

『いまの自分に意識を向ける』ことです。

 

もう

やっぱり

あやしいですよね (笑)

 

 

じゃあ、例えば

通勤や買い物に行く途中

みなさん何を考えていますか?

 

歩いてなら

「右足出して」「左足出して」

自転車なら

「右足でペダルをこいで」

「両手でハンドルを左に切って… 」

 

なんて考えながら

通勤や買い物に行く人は少ないと思います。

 

きっと

別のこと(仕事、家事、人間関係、過去・将来のこと)を

考えながら歩いたり、自転車に乗ってると思います。

 

人は

色々なことをふと考えながら ( ← 自動思考と言います)

色々なことを自動的に処理しているのです。

 

環境に適応するため

日常の思考や行動は自動的に行われているのですが

それに私たちは気づいていないのです。

 

ここで

ふと考えていることが

ネガティブなことばかりだったらどうでしょう?

 

自動思考がネガティブ思考に支配され

それに伴って自動処理されていく行動も

いつかはその人にとって

負に働くものになってしまうかもしれません。

 

そこで

マインドフルネスの登場です

 

瞑想することで

意図的に

まずは

いま、その瞬間の

からだの状態へ

注意を向けていき

そして

からだから

出来事やこころの状態へと

注意を向け

観察し

気づく

 

日常の自動的に生じている思考や行動を

マインドフルネスを用いて気づくことで

状況に応じた自動行動を変化させることが

可能になるのです。

 

 

 

テレビや新聞などの情報しかなかった頃に比べ

グローバル化に加え

SNSなどのネットメディアによって

現代の情報量は急激に増えたと言えます。

 

そんな情報量過多の中で

全てに注意を払うことは無理です。

いかに効率よく注意を向け気づくことが

私たちにとって大事なのかもしれません。

 

そういう意味で

スピード感を必要とするIT業界が

いち早く企業研修に

マインドフルネスを取り入れたのかもしれません。

(有名外資系企業が取り入れて知られるようになった)

 

 

 

 

ここで

マインドフルネスの効果をあげます

・注意力、集中力の向上

・自己肯定感を高める

・発想力、創造力を高める

・感情に翻弄されないこころを養う

・こころの安定、充足感を得る

 

ただし

マインドフルネスの目的は

あくまでも

いま、この瞬間の

あるがままに気づくこと

なので

効果を目的に瞑想しないことが重要で

結果は後からついてくるという姿勢が

大切です。

 

 

 

 

 

講座は2週にわたってあったのですが

瞑想を自宅に帰ったらいつでもいいので

やってみるよう言われやってみました。

 

5~10分程度の瞑想でも

慣れるまではなかなか大変でした。

 

心理教育として人に勧めるには

まずは自分がやるよう頑張ってみたいと思います。

 

ただ …

寝ないようにするのが …

 

 

 

マインドフルネスや

具体的な瞑想方法に興味がある方は

南口院までどうぞ

 

 

 

 

 

 

 

南口院 いたばし

ページトップへ戻る