二日酔い予防|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > オレンジ堂整骨院・鍼灸院 > 二日酔い予防

二日酔い予防

オレンジ堂整骨院・鍼灸院
2018.03.28

今回は、二日酔い予防についてお話ししていきます。この時期歓送迎会等で飲み会が多いなか皆様二日酔いで悩んでいる方が多いと思います。

まずは二日酔いの原因について知っておこう。「アルコールの飲み過ぎによる脱水状態、体内で過剰に発生したアセトアルデヒドの作用、胃の炎症などが主に考えられています」それぞれ不調をきたす理由を理解したうえで、対策を講じるといいだろう。 お酒を飲むと脱水状態になってしまうのは何故だろうか。「アルコール類には利尿作用がありますので、おしっことして水分を外に出してしまいます。加えて、おつまみには塩分過多のものが多く、これを排せつするためにも水分が使われてしまいます。二日酔いの翌朝の体内は、水分不足でカラカラだと思ってください」こうした脱水状態は、頭痛やめまいなど、様々な症状を引き起こす。

このため、二日酔いの朝にまず行うべき処置は、水分を補給することだ。「特にお勧めなのは、塩分や糖分が含まれ、吸収もいいスポーツドリンクです。二日酔いのときは胃が荒れていることが多いので、真水よりは少し塩分が入っていたほうが胃にやさしく、刺激も少ない。さらに、尿の排出に伴って、糖分も不足していることが多く、これがだるさの原因になりますので、糖分の補給もある程度は必要です。冷やす必要性はなく常温が一番いいですよ」気持ち悪くなければ、塩分を含む味噌汁、水、野菜ジュースなど、自分が飲みやすいものを選ぶといい。

お酒を飲みながらおつまみ食事を必ずとるといいと思います。そうすることによって二日酔いもだいぶ軽減されると思います。日常生活もきちんとしておかないと二日酔いも強く出る可能性があります。翌年の新年会へと続く、怒涛の宴会シーズンの幕開け.

百戦錬磨の大人なら、自分の酒量も知ったもの。でも、お酒デビューして間もないバイトの身では、後先考えずについ飲み過ぎてしまうことも。酔って醜態をさらしてクビになっても困るし、二日酔いでシフトに穴を開けるのも困ります。記憶がないのは最悪だし、トイレで目覚めるのもバット・モーニング。アナタも私もそんなことにならないように、今からしっかりと策を練ろうではありませんか!

この時期の疲れは、これから五月に向けて体調不良として出てきてしまう可能性もあるので気を付けていきましょう。それとアレルギーをお持ちの方はこの時期免疫力が下がるのでメンテナンスしっかりしていきましょう。

 

 

オレンジ堂整骨院 田仲

ページトップへ戻る