緑の癒し効果|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > Let‘s整骨院 > 緑の癒し効果

緑の癒し効果

Let‘s整骨院
2018.04.24

こんにちは。
レッツ整骨院の後藤です。
桜の花もすっかり散って、新緑がまぶしい季節になりました。
個人的には今自分からゴールデンウィークまでのこの季節が一年の中で一番好きです。
そんな新緑をまとう植物は目にも優しく、ひょっとしたら癒し効果もあるんじゃないの?というわけで、お部屋の中の植物がもたらすちょっとしたヒーリング効果を紹介していきたいと思います。

1、観葉植物の空気清浄効果
観葉植物にはシックハウス(ビル)症候群の原因となる有害物質(ホルムアルデヒドやトルエン、キシレン、アセトンなど)を吸収する力があることが発見されました。
観葉植物は、私たちが日ごろ生活している職場や、家庭内での空気をきれいにするだけでなく、健康被害を抑える役割を持っていることが判明しています。
室内に置く観葉植物の数が多ければ多いほどその効果は大きくなるので、植物が多い空間に行くと思わず深呼吸したくなるのはそのためなのかもしれません。

2、カビに対する効果
観葉植物はフィトケミカルという化学物質を放出し、空気中を浮遊している人体に有害なカビの胞子やバクテリアを抑制しています。
もともとは植物が自分自身を守るために放出しているのですが、結果的には私たちの健康も守ってくれています。
観葉植物は二酸化炭素を吸収すると同時に、優しい空気を送り出す、優秀な空気浄化システムなんだと思います。

3、リラックス効果
植物が存在する事で、私たちは気分をリラックスすることができます。
それは植物が目に入る環境下で、人の脳波からアルファ波が増幅されるという実験結果に基づいており、アルファ波は血圧を低下させ、筋肉の緊張をほぐし、リラックス状態にしてくれます。
緑を見てリラックスするのはそのためで、こうした作用は、一般に植物の持つ”心理的効果””生理的効果”と呼ばれています。

4、目に対する効果
観葉植物は目の疲れを癒してくれるといわれています。
パソコンなどの画面を見る仕事をしながら、観葉植物のあるケースと、無いケースでは眼精疲労の影響は前者の方が疲労が小さいことが判明しました。

5、湿度の調整
観葉植物は葉から水分を放散し快適な湿度に調整します。
この作用は蒸散作用と呼ばれます。
植物が放出する水分は完全な蒸留水なので雑菌のない清潔なもので、この蒸散作用は乾燥しがちな場所でのドライアイを軽減してくれます。

6、ストレスの軽減
観葉植物や室内緑化のような効果的な方法によって職場の環境が改善されることにより、職場で働く人達が心身共になマイナスな影響を受けることが減少していきます。
植物による、癒し効果、空気清浄効果が、職場の満足度や雰囲気を飛躍的に向上にさせることは言うまでもないのでしょう。

以上のように植物にはこういった優れて効果が沢山あります。
皆さんもお部屋にこんな優れて植物を導入してはいかがでしょうか。

レッツ接骨院 後藤

 

 

 

ページトップへ戻る