寝すぎが原因で頭痛が起こるのはなぜ?|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > Let‘s整骨院 > 寝すぎが原因で頭痛が起こるのはなぜ?

寝すぎが原因で頭痛が起こるのはなぜ?

Let‘s整骨院
2018.05.08

皆様ゴールデンウィークは、お出かけで楽しい時間を過ごせましたでしょうか?

時間に縛られず、ゆーっくり1日寝ていた方もいたかと思います。

その中で…

昼まで寝ていて頭痛が・・・なんて経験ありませんか?

でも、どうして寝すぎで頭痛がするのでしょうか。

今回は、「寝すぎが原因で頭痛が起こるのはなぜだろう?」

について書かせていただきます。

 

 

*頭痛の原因*

頭痛の原因はさまざまです。

頭痛を起こす原因はいろいろですが、ここでひとつ重要なことがあります。

なんとなく“頭の痛み=脳の痛み”と考えてしまいがちで、

これは、感覚的にはよくわかりますが、本当は、脳自体は痛みを感じない場所なのです。

頭の血管や筋肉が刺激を受けて、初めて『頭が痛いなあ。』と感じるのです。

例えば、二日酔いの後に、脈に合わせてズキズキ頭が痛むことがありますが、

コレは、頭の血管が拡張して周りの神経を刺激するからと言われています。

また、『パソコンを仕事にする人の頭痛』はずっと同じ体勢でお仕事をしていることで、

頭や首の筋肉が緊張して、ひどくこってしまうことによるものと考えられています。

さらに、怖い話ですが、脳腫瘍や脳出血で起こる頭痛は、

脳をとりまく血管や神経が引っ張られたり、圧迫されることにより起こるとも言われています。

 

 

*寝すぎで頭痛が起こるワケ*

寝すぎると緊張が緩み、頭の血管が広がることで頭痛が起こるといわれています。

なんとなく血管が広がるのは悪いことではないような気がしてしまいますが、

一説に、血管が収縮してその後広がり過ぎた時、

拡がった血管が近くの感覚神経(三叉神経)を刺激することと、

同時に神経伝達物質などの放出を介して血管の周囲に炎症が広がることで、

痛みが起こると言われているのです。

かぜをひくと頭痛がおこるのも同じ機序ではないかとも考えられています。

ところが、寝不足でも、体にストレスがかかって頭痛がおこる場合があります。

とても、困ります…(;_:)

特に女性は女性ホルモンが急激に変動する生理前後、

更年期に頭痛が起こりやすいともいわれています。

また、空腹による低血糖は頭痛の原因になりますので、

過度のダイエットは控えたほうがいいでしょう。

特にマグネシウム、ビタミンB2をしっかりとるように心がけるといいでしょう。

寝すぎても、寝不足でも体にとって大きな負担になります。

規則正しい生活をこころがけて、健康的な身体作りをしましょう(^^)/

 

Let’s整骨院

齋藤

ページトップへ戻る