TOPICS|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > 2018年 > 5月

これから旬な野菜 ~ズッキーニ編~

オレンジ堂整骨院・鍼灸院
2018.05.30

皆さん。こんにちは!!

5月ももう終わりますねマジで早い(笑)

これから梅雨入りしたらまた暑い夏がやってきますね!! 楽しみですね

今回はズッキーニについてです。

最近は野菜売り場でも見かける事が多くなったズッキーニ。見た目は「きゅうり」みたいだけど、実は「かぼちゃ」の仲間。

ペポカボチャの熟していない状態がズッキーニです。料理への使い方は油との相性が良い点などは「なす」に似ています。なんとも不思議な野菜ですが、最近はイタリアンメニューでの人気も高いです。

そんなズッキーニにはどんな栄養があるのでしょうか?そして、その知られざる効能を知ったあなたは、きっとズッキーニの恩恵に預かれることでしょう。

 

歯ごたえがある夏野菜であるズッキーニには「カリウム」と呼ばれる栄養を含んでおり、この成分は体の余分な塩分を排泄してくれる効果があります。

そのため高血圧、動脈硬化、糖尿病などの予防に効能を発揮します。

カリウムには利尿作用があり、体内の塩分濃度を調節する働きがあります。

そのため、余分なナトリウムを体外へ排出し、高血圧を予防・改善、過度な運動による筋肉の痙攣などを予防する効果があります。

また、夏は大量の汗をかくため喉がカラカラになり摂取する水分量も他の季節に比べ多くなりがちです。

その結果、顔や足がパンパンに浮腫んでしまうということも少なくないのではないでしょうか。

ズッキーニには利尿作用のあるカリウムの他に血液の流れをスムーズにするビタミンB群が含まれてるので、浮腫みを解消することが可能です。

今まで女性に多かった便秘ですが、近年では小さなお子様から高齢者、さらに男性の方と年齢・性別問わず便秘になる方が増えています。

ズッキーニにはお通じをスムーズにする食物繊維が含有されており、さらに糖質が他の食材よりも低いためダイエット中の方にもオススメです。

またズッキーニにはビタミンCを含んでいて、肌にコラーゲンを与える事で美肌効果と疲労回復や風邪の予防をする作用もあります。

しかし、運動やストレスで消費する栄養なので注意が必要です。

ズッキーニに含まれている「βカロテン」は強い抗酸化作用を持っていて、摂取すると体の活性酸素を取り除いてくれる効能があります。

活性酸素とは体の老化を早めたり、体の機能を悪くする効果がある成分です。

βカロテンは体内の中でビタミンAに変化する性質を持ち、免疫力を上げる作用と癌を予防する効能があるので体が弱い人におすすめです。

ちなみにズッキーニを食べると皮膚の粘膜が強くなり、花粉症対策になります。

また夏野菜であるズッキーニには夏バテ対策として有効な栄養であるビタミンBを含んでいて、摂取すると疲労や食欲不振を取り除けます。

そのため疲れた時に食べると効能を発揮してくれます。

 

 

ズッキーニは見た目はキュウリと似ていますが、カボチャの仲間で味も癖が少なく低糖質でダイエットを頑張っている人にとても向いている野菜化と思います。

夏バテ予防などや生活習慣病の予防にも効果がありますので、今まで食べた事が無いという人は一度この機会にズッキーニを食べてみてはいかがでしょうか。

 

オレンジ堂 岡田

詳細はこちら

ヨガのお話① アヒムサーって??

リラクゼーションサロン ソレイユ オアシス店
2018.05.28

皆様、こんにちは!

ソレイユオアシス店スタッフの青木です(^^♪

 

ヨガはポーズや呼吸法だけではないという事を前回も軽く触れさせて頂きましたが、

今日はヨガ哲学の基本となる【八支則】という教えのお話です。

この【八支則】の中の1番目がヤマ(禁戒、避けるべきこと5つ)、2番目がニヤマ(勧戒、追及すべきこと

5つ)というものなのですが今日はこのヤマ、ニヤマについて少し詳しくご紹介していきたいと思いますね。

以下がその内容になります。

《ヤマ》                                              アヒムサー・・・傷つけない、非暴力

サッテャ・・・正直であること

アステーヤ・・・盗まないこと

ブラフマチャーリヤ・・・禁欲の誓い

アパリッグラハ・・・貪欲さのないこと

《ニヤマ》                                             シャウチャ・・・清らかさ

サントーシャ・・・知足

タパス・・・修練

スヴァーデャーヤ・・・哲学の勉強

イーシュワラ・プラニダーナ・・・献身、理解、熟考

と、こんな感じです!                                        サンスクリット語なので、読み方が難しいものもありますね(笑)

 

「ヨガの教え」とか「ヨガ哲学」と聞くとちょっと宗教っぽい感じがしたりスピリチュアル的なイメージを

してしまうかもしれませんが実際そこには、

『清らかさ』→考え・体・環境を清らかに保つ練習(掃除、入浴などもこれに当たります)

『正直であること』→嘘をつかない、人や自然を傷つけないようにいつも考えと言葉に一貫性を持つ練習

『盗まないこと』→ 他の人に所属するものを欲しがったり、奪ったりしない練習(物質的な事だけでなく、

例えば待ち合わせに遅刻したりするのも相手の時間を奪うという解釈になります)

『修練』→自己鍛錬(ヨガのポーズを深めていく事もこれに含まれます、日常生活の中で考えると

〖目の前の事に最善を尽くす〗〖新しいチャレンジをする〗〖やろうと決めた事を継続する〗辺りが

近いですかね☆)

など私たち日本人が幼い頃から親や学校で教えられてきて、日常生活で皆様がすでに行っている事や

意識している事もたくさんあるんですよ!

 

そして今日は私がヨガを学んでいく中で、特に心に響いた

『アヒムサー』

という教えを解釈も含めて詳しく皆様にご紹介させて頂きたいと思います。

『アヒムサー』とは先程ヤマの最初に出てきました『傷つけない、非暴力』の意味の教えなのですが、

さらに分かり易く言うと『考え、言葉、体を使った行いで人や自然を傷つけない練習』という事です。

そして、、、これはご自分に対しても同じです。

生きていく上で、もちろん頑張る事や目標に向かって努力する事、時に我慢したり耐える事は

とても大切で必要な事だと思いますが、

 

—– 頑張り過ぎたり我慢し過ぎたりしてしまって、ご自分を傷つけてはいないでしょうか? ——

—– 心を無視し続けたり、体調を崩す程身体を酷使してしまってはいないでしょうか? —–

 

頑張る事、努力する事は苦労や苦しみと決してイコールではないんです。

そして自分を大事に労わる、守る事はただの甘えや怠けではないという事。

 

私が初めてこの考えを知った時、軽く衝撃を受けました。

それまでの自分の価値観には全くなかった考え方だったからです。

「頑張るって無理する事でしょ!」って本気で思っていましたし(笑)

皆様はこの教えをどんな風に感じますか?

 

身体の替えはありません。

痛みや心地よさだったり、本当の心の声はご自分しか受け取る事が出来ません。

もちろん代わりとなる存在もいません。

 

一生のパートナーとして、どうぞご自身のお身体のケアやメンテナンス、心のリフレッシュや気分転換も

ぜひ意識的に生活に取り入れていきながら長い長いマラソンのような人生を出来るだけ『健康で、自分らしく』

過ごしていけたら素敵ですよね!

 

元来、真面目で親切で思いやりや人との和を大切にしてきた私たち日本人の国民性もあると思いますが、

いつも家族や誰かのために一生懸命な方にこそぜひ知っておいて頂きたいヨガの教えでした。

では、今日も皆様が健やかに過ごせますように♪

 

★ソレイユオアシス店へのWeb予約はこちらから★

→→→https://onemorehand.jp/oasis/

 

 

 

詳細はこちら

口呼吸②

金町院
2018.05.28

今回は口呼吸を続けるとどのような影響を身体に及ぼすのか、見ていきたいと思います。

<口呼吸の弊害>

では具体的に口呼吸になるとどのような弊害が起こるのでしょうか。

ウイルス、ダニ、ほこりをフィルターをかけずに吸い込むため免疫力が低下する。

鼻腺毛という鼻の中にある毛によるフィルターは20μmまでキャッチするそうです。
空気中のばい菌やアレルギー成分は100μmなのでキャッチする「空気清浄機」と、吸い込んだ空気の温度・湿度をうまく調整する「加湿器」のような働きが備わっています。
一方で口呼吸ではそのような物質をダイレクトで体内に取り込んでしまうため、免疫力が低下します。

空気中の細菌やウィルスが気管支や肺にダイレクトに侵入することと、乾燥した空気がリンパ組織である扁桃を腫らすため、免疫機能が低下し、感染症やアレルギー疾患にかかりやすくなります。

本来、人間は鼻呼吸が理想です。鼻で呼吸すればばい菌やウイルスが入ろうとしても、鼻毛がフィルターになり、90%はカットしてくれるもの。口呼吸では、ダイレクトに入ってくるので、風邪を引いたりしやすい傾向になるそうです。

口まわりの筋力の低下によって面長・たるみがちな顔つきになる。

口を閉じるためにはある程度の筋力を要します。
この筋力によって顔や口周りを常に引き締めることができ小顔が期待できるのですが、口呼吸が習慣化してしまうとしまりのない顔つきになってしますのです。噛む力も飲み込む力も弱くなり、食べ物が早く奥へ運ばれて落っこちてしまい、喉や食道につかえてしまいます。

疲労感が増す

本来人間は呼吸は鼻でするものなので、鼻には口よりも多くの酸素を取り込む働きがあるのです。
そのため口呼吸になると体内への酸素の供給が不十分になったり、浅い呼吸が原因の質の悪い睡眠になってしまうことが多いのです。口呼吸によって鼻からの気道がせまくなると、気道を確保するために首は前傾し、下あごは前方に出た姿勢をとります。

就寝中にもかかわらず呼吸のための運動をしているため、汗をかき、体力を消耗し、疲れるため寝起きが悪くなります。

就寝中、鼻からの呼吸が十分できないと、脳が覚醒し口呼吸を行うように命令し、結果として寝ぼけた状態が起きるそうです。

口臭が強くなる

口臭の主な原因は口内の細菌の繁殖だと言われています。
鼻呼吸であればウイルスの侵入を防ぐだけではなく、口内の湿度を一定に保つことによりその繁殖を妨げることができるのです。
口呼吸であればウイルスにとって良い環境を作り、当然ながら呼気としてそれを吐き出してしまうことになります。

口内の乾燥によって細菌が繁殖しやすくなり、口臭やムシ歯、歯周病、ドライマウスの症状が現れることもあるそうです。

次回は鼻呼吸にするにはどうすれば良いのか。

詳細はこちら

夏バテ解消!

亀有北口本院
2018.05.27

 

皆さん、こんにちは(‘ω’)ノ

 

最近暑い日が続いていますね。

暑がりである僕には耐えがたい夏がやってきました…(; ・`д・´)

 

そこでそんな夏に負けない話題を持ってきました。

それがコチラ(^_-)-☆

 

 

『夏バテ防止の夏野菜!』です(^^♪

 

夏野菜が夏バテになぜ効果的なのか夏野菜を使った夏バテ予防や対策について調べてみました。

 

  • 夏野菜の栄養分と効能

 

今現在、年中様々な野菜が販売されていて一体いつが旬なのか分からなくなるような時代になりました。

夏野菜と呼ばれる多くの野菜には、多くのビタミンやβ-カロテンを含んでいて夏バテに効果の高い野菜が豊富です。

昔の方はそのことを良く知っていて夏の暑い時期には、夏野菜をうまく食事に取り入れていました。夏野菜にはどのような栄養分があり、夏バテにどのような効能を齎すのかをもたらしてくれるのか説明していきます。

 

 

  • トマト

免疫力を高める作用を持ち、抗酸化作用を持つ赤色には「リコピン」と呼ばれる成分が含まれ肌荒れや老化を防止してくれます。
美容に効果的ビタミンを多く含みます。

β-カロテン=老化防止や、肌・髪・爪を健康に保つといった効果が期待される

ビタミンC=健康的な肌を保つ効果

ビタミンB群=糖質の代謝(エネルギーへと変えること)の働きに関わるビタミン

ビタミンE=抗酸化作用があるといわれているビタミン

上記のビタミンを豊富に含んでいます。

 

 

 

  • きゅうり

体温を下げる作用やアルコールの代謝を促進します。

カリウム=むくみを解消してくれます。

きゅうりは酢の物にすることで、ビタミンCを分解する酵素の働きを抑制してくれます。

 

 

 

  • ピーマン

辛味成分の「カプサイシン」が体温を高め新陳代謝を促進します。

※カプサイシンはトウガラシなどに多く含まれています。
ビタミンAやビタミンCが疲労回復に効果がありビタミンPがその吸収を助けます。

 

 

  • オクラ

β-カロテンやカリウムを豊富に含んでいます。

カリウムには塩分を排出を助ける効果が有り、高血圧やストレスを解消する効果があります。

 

 

 

  • ナス

ビタミンやミネラル、食物繊維を含んでいて血糖値上昇を抑え、糖尿病や肥満、生活習慣病を防ぐ効果があります。
ナスニンと呼ばれるポリフェノールの一種には強い抗酸化作用があります。

 

 

 

  • かぼちゃ

ビタミンB群やカリウムを含んでいて、食物繊維が豊富で疲労回復の効果や免疫機能を向上させるアラニンを含んでいます。

 

夏バテと言われる症状

  • 体の倦怠感(=だるさ)
  • 食欲がなくなる
  • 疲れやすくなる

などがあります。

 

湿度が高く、室内と室外の大きな温度差が生じると自律神経のバランスが崩れやすくなり、必然的に体調が悪くなります。

気温が高くなると汗をかきやすくなり、発汗によって水溶性のビタミン・ミネラルが体の外へと排出されて水分が不足しがちになります。

ビタミンB1が不足すると体や脳の働きが低下するので集中力が減少し、昼間に眠気を感じやすくなったり、疲れやすい等の症状が出現します。

 

暑いからと言ってさっぱりとした食べ物のそうめん等の麺類や冷たい炭酸飲料、アイスクリーム等を多く摂取する事で更にビタミンB1が消費され悪循環に陥ることになります。

 

※糖質をエネルギーに変えるには大量のビタミンB1が必要です。

 

夏の定番メニューとして、口当たりの良いそうめんや冷奴、ざるそば等には体を冷やす作用があります。

体を冷やし過ぎると体調を崩すもとになる(特に女性は注意しましょう。)ので様々な夏野菜を薬味や付け合わせとして使用する事でバランスを整える事をお勧めします。

そうめんやざるそばを食べる時に入れる薬味である

・ネギ

・しょうが

・しそ

・みょうが

等には体を温め食欲増進や殺菌作用があります。

 

 

いかがでしたでしょうか?

僕自身も暑がりでつい体を覚ましてしまいがちですが、

今回学んだことを生かして、今年の夏は夏バテ防止マスターになろうと思っています( ˘ω˘ )b

 

 

 

ご清聴ありがとうございました。

 

 

北口 本院 伊勢

詳細はこちら

「わかってるよな‼」「(何が…?)」

亀有南口分院
2018.05.26

「指導者の指導と選手の受け取り方に乖離があった」

 

連日、ニュースやワイドショーで取り上げられています。

 

この大学側の説明を聞いたとき

『異文化コミュニケーション』と『コンテクスト』

という言葉が頭に浮かびました。

 

 

指導者と選手とのコミュニケーション不足が原因との説明がありましたが

指導者が

「(こう言えばわかるだろう…)」

選手が

「(口に出していないがこういう意味だろう…)」

とういうやり取りの結果

お互いの解釈に大きな違いが生じて

大騒ぎになっているのだから

ましてや外国の方にとって日本語の意味するところを

すべて理解するのは難しいだろう

と、改めて思いました。

 

去年から世間を騒がしてる事件で頻繁に出てきた

『忖度』もそうかもしれません。

 

でわ、日本語のどこが難しいのでしょう。

 

 

 

 

アメリカの社会学者であるエドワード・T・ホールは

文化と言語において世界には

2つのコミュニケーションパターン

があると説いています。

 

ひとつは『高コンテクスト文化』です。

人間関係や社会習慣など

言語メッセージ以外に依存する傾向が強いタイプの

コミュニケーションを指します。

実際に言葉として表現された内容よりも

わざわざ言葉にしなくても相手に理解される内容の方が

豊かなコミュニケーションです。

日本語がその最も極端な例とされています。

非言語メッセージに頼るコミュニケーション方法を取ることから

「察しの文化」などとも表現されます。

言葉(コンテンツ)より文脈(コンテクスト)を

重視する高コンテクスト文化(低コンテンツ文化)では

会話の中でコミュニケーションと理解が行われるので

聞き手の責任が大きいといえます。

 

もうひとつは『低コンテクスト文化』です。

こちらは言語が緻密性を持ち

言語以外のものに依存しない傾向が強いタイプの

コミュニケーションです。

言葉に表現された内容のみが情報としての意味を持ち

言葉にしていない内容は伝わらないと考えられる

コミュニケーションです。

最も極端な例としてドイツ語が挙げられます。

何事も言葉にしないとわかりあえない

「言葉の文化」といわれます。

文脈より言葉を重要視する

低コンテクスト文化(高コンテンツ文化)では

説明責任が重視されるので話し手の責任が大きいといえます。

 

 

欧米のように多様なバックグラウンドを持つ人が集まる場所では

相手がどのような人間か推察するのは困難です。

そのため、誰にでも認識できて確実な内容をもって

コミュニケーションをする必要があります。

 

それに対して

比較的画一的な背景を持つ人によって構成される文化では

わざわざ言葉で説明しなくても推察することが容易で

かえって説明のしすぎは疎まれることがあります。

雰囲気や空気を感じ取って

和をもって良しとするのが美徳であり

コミュニケーションもそれに依ることとなります。

アジアや中東は比較的この傾向が強いといわれてます。

 

 

海外に赴任することも普通な時代になってきました。

国内では海外からの観光客は年々増加し

身近に外国の方は観光客に限らず増えてきています。

 

自分にとってよく知らない相手と接するとき

コンテクストの濃淡をコントロールしたコミュニケーションを

心がけるといいかもしれません。

 

「(空気読めねぇな…)」

「(ちょっと直接的すぎて引いちゃったかな…)」

 

外国の方に限らず日本人相手でも

こんな風に思ったときは

相手のコンテクストに合わせて話題や話し方を変えることで

相手も自分も気分よくコミュニケーションが取れる事でしょう。

 

 

 

 

南口院 いたばし

詳細はこちら

野菜メリット

館山院
2018.05.25

 

こんにちわ!

てて整骨院 田中です(´_ゝ`)

さて、皆様は野菜は好きですか?

私は生よりは茹でてある方が好きです。

正直な話、あまり好んでは食べないです(´-ω-`)

なんというかあのもしゃもしゃした感じがあんまり好きではないといいますか・・・

(でもトマトは好きです!!)

野菜食べるなら米と肉と麺が食べたいな!という感じです(=゚ω゚)ノ

さて、本題に入りますが、最近食生活がまぁ偏りまくってまして・・・

少し前まで野菜が高かったのもありあんまし食べてなかったんですよ(もともとそんなに食べてない)

そこで!!!今日は!!!!

改めて野菜の必要性を自分に言い聞かせようと思います!!(皆様にもね!)

 

≪野菜メリット≫

①食物繊維が豊富

五大栄養素と言われるタンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラルの5つの成分に加えて、食物繊維は第6の栄養素と言われているそうです。

この食物繊維は水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があり、働きや含む食材も異なり、

🔶水溶性食物繊維は水分の保持力が高く、胃の中で膨らみ満腹感をもたらし、さらに血糖値の急上昇を防いでくれる効果や、コレステロールなど余分な脂質を体外に排出してくれると同時に、体への吸収を抑制する作用もあります。

また食欲を抑えてくれたり便秘解消などの効果も見られ、ごぼうやアボカド、オクラや春菊に含まれるそうです。

🔷不溶性食物繊維はデトックス効果が非常に高いです。水に溶けないため、胃や腸で水分を吸収し大きく膨らむことにより便のかさが増え、腸を刺激して便通を促す働きもしてくれます。

よく噛む食材が多く、そのことにより食べ過ぎ防止や満腹感を得られダイエットにもつながります。

サツマイモなどの芋類、しめじやえのき等のキノコ類、ごぼうや菜の花、タケノコやアボカドなどがあるそうです。

②ビタミン・ミネラルが豊富に含まれている

野菜には体の調子を整えてくれたり肌をキレイにしてくれるビタミンやミネラルが豊富に含まれていますが、多くは熱に弱かったり水分に弱かったりと調理方法に注意が必要です。

ですが、逆に熱に強く加熱した方が吸収がアップする野菜などもあるそうなんです。

旬のものは栄養素も多く、ハウス栽培の物は日光を浴び育った野菜より栄養素が半分ほどしかないんですって!

ビタミンやミネラルが含まれる量は微量ですが、ほかの栄養素の働きをサポートしてくれる役割や体の機能を正常に保つ働きなど、健康には欠かせません。

生活習慣病を防ぐなど様々な効果もあります。

③生野菜に含まれる酵素を摂取することができる

酵素は人間の消化や代謝に大きな関係を持っていて、体内には消化酵素と代謝酵素の2種類があり、消化酵素は食べ物を体内で消化し、必要な栄養素を取り込むために必要です。

代謝酵素は、吸収された栄養を体中の細胞に届けて、有効に働く手助けや、毒素を汗や尿の中に排出し、他には体の悪い部分を修復して病気を治し、免疫力を高めます。

中でも食物酵素と呼ばれるものが生の野菜には多く含まれており、これを摂取することで消化酵素が増え食物の消火や代謝を手助けすると言われています。

この酵素は熱に弱く、48度以上に加熱をすると死んでしまうため生で食べるのがオススメ!!

④かさ増しができる

野菜は低脂肪・低カロリー・低糖質のため、たくさん食べても何ら問題はないんだそう・・・

芋類以外は多く食べてもカロリーはさほど変わらず、噛む回数や食べる時間が増え満足感の増加に繋がるそうです!

 

いかがでしたでしょうか?

私はこれを書きながら思いました・・・。

野菜食べようって・・・(;・∀・)

やっぱり好き嫌いは良くないですね!

しっかり栄養があるものをきちんと食べたいと思います!

この続きは次回書きますね!(*^▽^*)

お楽しみに~

詳細はこちら

血液

南千住院
2018.05.24

こんにちは、南千住院の中尾です!

本日は私たちの身近なものなのに意外と知らないものとして

『血液』についてお話します。

 

<赤血球>

血液というと真っ先に思い浮かべることと言えば『赤い』という事ではないでしょうか??

これは血液の半分くらいしか指していません。

赤く見えるのは血液成分の中の『赤血球』というものです。

血液=赤い(赤血球)と思ってしまうのも無理はありません。

赤血球は血液の中の大半を占める成分です。

成人男性で約500万。

成人女性で約450万といわれています。

赤血球が赤い最大の理由は『ヘモグロビン』です。

このヘモグロビンの最大の仕事は

『酸素を運搬すること』

赤血球の中のこのヘモグロビンがどれだけ重要な働きをしているかは、

呼吸をしている我々には言うまでもないことと思います(^^)

そして、このヘモグロビンの中には鉄成分が含まれており、

新鮮な酸素と結合すると鮮紅色となります。

これが『動脈血』です。

そして、古くなった酸素(二酸化炭素)と結合したヘモグロビンは暗紅色となります。

これが『静脈血』です。

 

ちなみに、ヘモグロビンの寿命は約120日です。

病院の検診で血糖値をごまかそうと、

検診の数日だけ甘いものを我慢してもばれてしまうのはこの為です(笑)

 

そしてヘモグロビンは分解されるとビリルビンという成分になります。

ビリルビンという言葉自体はあまり馴染みないものですが、

このビリルビンが『黄疸』の原因となります。

黄疸と言えば肝臓障害でよくみられるものです。

肝臓は血液の貯蔵庫と言われるほどの臓器なので、

肝臓の障害は血液にも関係してくるんですね。

 

<白血球>

赤血球ほどではないですが、

白血球という言葉も聞いたことがあるのではないでしょうか??

白血球の主な役割は『免疫システム』です。

成人男女ともに5000~8000あると言われています。

赤血球にくらべて圧倒的に数は少ないですが、

免疫システムの白血球が障害されたらどうなるか?

それは、普段は死に至ることのないような些細な病気ですら自己免疫で治すことが出来ず重症化していまします。

少数精鋭の凄いやつ!

それが白血球です(^^)

ちなみに、白血球が1万を超すと体で炎症が起きているとされています。

 

<血小板>

おそらくこの血小板が一番聞きなじみがないでしょう。

がしかし!

この血小板もまたとても重要な役割があります!

※というか人体に重要ではないものが何一つないのですが・・・(笑)

その役割とは『血液凝固作用』です。

別名『止血作用』と言います。

つまり、血小板が無ければ傷口から延々と血が止まらず流れてしまいます。

かさぶたが出来るのは、まずこの血小板が血を止めてくれるから出来るのです。

血小板のおかげで、我々はスポーツ現場で多少の擦り傷を恐れず動き回ることが出来るのです!

この血小板は成人の身体に13~35万あるといわれています。

 

いかがでしたでしょうか??

一口に血液と言っても、いろんな役割があります。

これからも意外に知られていない身近なもののお話をしていきたいと思います!

詳細はこちら

肉離れ

オレンジ堂整骨院・鍼灸院
2018.05.23

こんにちは。オレンジ堂の横山です。

先週の日曜、空手の稽古でやってしまいました。肉離れ…。

人生初の経験に、よく聞くけどこんなにも痛いのかっ?!

ウォーミングアップにダッシュした一歩目でグリンとふくらはぎの

筋肉がひっくり返った感じの後、あまりの痛さに転倒しました。

足をひきずりオレンジ堂へ。やっててよかった日曜日(´▽`) ホッ

この肉離れという言葉は一般的に使われる名称であり、正式には『筋断裂』と言います。

手足の筋肉の多くは、『筋線維』と呼ばれる糸のような筋肉の組織が束になって一つの筋肉として形成されています。

これが、走ったり跳んだりする際に伸びたり縮んだりすることを繰り返すのですが、

スポーツ中に急激な動きをしたり、普段出さないような力を発揮することで、筋肉の一部の線維が断裂してしまいます。

これが『筋断裂』いわゆる『肉離れ』です。

また肉離れは、筋肉が伸び切っているときに急激に力を入れて収縮したときに起きやすいという特徴があり、

ふくらはぎや太ももの筋肉など下半身の筋肉によく起こります。

どんな時になりやすいかというと

1.筋力不足や筋肉の疲労

肉離れは筋肉が引き伸ばされる力に対し、筋肉が収縮する力が負けてしまうことで起こります。
ジャンプの踏み切りの瞬間は足首が深く曲がり、ふくらはぎの筋肉が引き伸ばされます。
その時に、引き伸ばされる力以上の力で筋肉を収縮することができれば、肉離れを起こすことはないのですが

筋力が不足していて収縮する力が負けてしまうと筋肉が断裂してしまいます。

また、試合や練習で疲れた状態で、いつもと同じように踏み切ろうとしたときも、いつものような筋肉の収縮ができないため、筋断裂を起こしてしまいます。

2.柔軟性の不足

筋肉が収縮する力に対して引き伸ばされる力が大きいときに肉離れを起こすと言いましたが、引き伸ばされても筋肉の伸張性が高く

ゴムのようにのびて切れることがなければ肉離れを回避することができます。そこで、重要なのが筋肉の柔軟性です。

スポーツの前にしっかりとしたストレッチや準備運動を行っておらず

筋肉の伸びや血流が悪い状態で激しい動きをすると筋肉が引き伸ばされることに耐えることができません。
ですから、日頃からストレッチをしっかりとして柔軟性を高め、特に運動前には念入りに筋肉の柔軟性を高めておくことが重要です。

3.気候の変化

冬は夏に比べて体が硬いことを実感したことのある人もいるかと思いますが、いくら柔軟性を高める努力をしていても、気温が低いときは血流がよくなりにくく
筋肉も柔らかくなりにくい環境になります。ですから、いつもと同じストレッチや準備運動をしていても夏に比べて冬は肉離れの危険性が高くなりますので、注意が必要です。

 

私は痛みが出てすぐに行けたので、冷やして包帯で固定してもらいました。

その後、酸素オイルでマッサージを欠かさずやっていたら3日後には足をつけて歩けるようになりました。

(オレンジ堂にて絶賛取り扱い中です♪)この効果にもビックリ!!

痛いときは早いうちにやるのがいいなと実感しました。

皆さんも痛みが出たら様子を見ずにまずは治療しにいらしてくださいね。

 

 

 

詳細はこちら

口呼吸①

金町院
2018.05.21

今回は口呼吸が身体の影響にどのように関係するのか見ていきたいと思います。

呼吸というのは無意識におこなっているものですよ。
そのため口呼吸の人は気付かないうちにそれが習慣となってしまうことが多いのではないでしょうか。

口で息をするだけそんなに体に悪いのだろうか、そう考える人がいると思います。
また、もともと鼻で呼吸をする習慣がなくて呼吸は普通口からだと考えている人も多いでしょう。
実は口呼吸には様々な弊害があります。また鼻呼吸にすると健康だけでなく美容にも効果があると言われています。
今回は口呼吸になってしまう原因やその弊害、鼻呼吸への直し方をご紹介いたします。

<口呼吸・鼻呼吸のメカニズム>

口呼吸になってしまう原因について。

口や舌の筋力不足

口を閉じた時に口やあごの筋肉にストレスを感じてしまう人がこれに当てはまります。
普段は意識的に口呼吸が出来ている方も疲労感などによって口が開いてしまう人も中にはいるそうです。
また舌の筋力が弱い人は空気の通り道を舌の下に作ってしまうため、出っ歯になりやすくなってしまうそうです。

柔らかい食事も一つの原因だそうです。口周りの筋肉が発達しないため

鼻づまり

鼻呼吸ができないため口呼吸せざるをえなくなってしまうケースです。
花粉症やアレルギー性鼻炎、気管支喘息の方達が鼻で呼吸するのが難しいです。

歯並びの悪さ

意外かもしれませんが歯並びの悪さによって口呼吸になってしまう方がいるそうです。
出っ歯の方は口を閉じるのが難しく、口をあけた状態が普通になってしまいます。
そのため無意識のうちに口呼吸をしてしまうのです。
ということで、本来人間は呼吸を鼻でするものなのですが上記のような原因によって口呼吸せざるおえなくなってしまうのです。

歯並びが悪くなったり、虫歯や歯肉炎が増えたりといった口の問題も起こします。

以下のようなことがよく起こる場合、口呼吸になっていることが多いのでチェックしてみましょう。

〇口内炎がよくできる。
〇頬がたるんでいる。
〇よく聞き取れないと言われることがある。
〇いびきをかいてしまう。
〇口臭がする。

その他にも、急激な温度変化(血管作動性鼻炎や暑さや寒さの刺激でも口呼吸が誘発されます)、激しい運動、就寝中のいびきなども原因になります。携帯ゲーム機やスマートフォンの操作に集中している時も口呼吸になりがちですから要注意です。

そもそも数いるほ乳類の中で、いつも口で息が出来るのは人間だけです。これは、しゃべる機能を獲得できたからと言われています。

次回は口呼吸を続けるとどうなってしまうのか?見ていきたいと思います。

詳細はこちら

♪ウクレレ♪

亀有南口分院
2018.05.19

あつい、、、、あつい、、、、

もう~ほんとに暑いですね汗が止まらないのに

なぜか体重は増えていく

うーーーーーん

これはなにか科学でも説明出来ない現象が

僕の身体で起こっているに違いない

どうも窪田です。

最近患者様にウクレレを勧められて、音楽苦手な人でも楽しめるよと言っていただけたので、

すごく欲しいなぁと考える日々が続いています!

高校生の頃は、友人がギターを弾ていてカッコいいなぁと思って

自分も勢いでアコースティックギターを買って1ヶ月ほど練習したのですが、

音楽のセンスゼロ♪と実感しまして、

今では実家のオブジェになっております(笑)

それからはしばらく楽器をやろうだなんて全く思わなかったのですが、

今またその熱がじわじわと出始めるとは思ってもいなかったです。

ただ前回と同じ失敗をしないようにウクレレを少し調べてみました。

ポルトガルからの移民が持ち込んだブラギーニャ(braguinha)と呼ばれる楽器を起源とし、

ハワイで独自に改良を重ねられて現在の形になったとされるようです。

高級なものにはしばしばハワイ特産のコアの木(koa)が材料として用いて、

また、現在のウクレレを確立したのはポルトガル移民の一人であった

マヌエル・ヌナスが創始者と言われています。

ウクレレという言葉はハワイ語で「飛び跳ねる(lele)ノミ(ʻuku)」という意味で、

当時の人気奏者のあだ名から取られたとも、

小さな楽器の上で奏者の指が目まぐるしく動く様を表現したとも言われています。

ウクレレの音はギターより優しくほんわかしていて包み込む音色で、

高ぶった神経も落ち着かせてくれそうでリラックス効果も期待できます!

ウクレレには4つのサイズがあり、

小さいものから大きいものへと順にソプラノ、コンサート、テナー、バリトンと名付けられている。

日本ではソプラノは子供用で、大人はコンサートからが丁度いいみたいです。

自分はソプラノでもいいかなと考えています!まだ検討中ですが(笑)

お値段も安いので4000円前後で高いのが10万円を超えていきます。

ん?10万?たかっ!?と正直感じました。

ギターより小さいから高い物でも4~5万円ぐらいだと思っておりましたので

10万円を見たときは桁を数え間違えたのかと思うほどでした!

まぁー初心者ですし、前科(犯罪じゃないですよ!!!)があるので自分は買うとしたら安いのにします(笑)

あとは、ハワイに行ったことがないので家にいながら南国気分を味わえるのは最高ですね!

詳細はこちら

ページトップへ戻る