野菜メリット②|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

健康の話

ホーム > スタッフブログ > 館山院 > 野菜メリット②

野菜メリット②

健康の話
2018.06.08

 

こんにちわ!

前回のブログで野菜の必要性を書かせていただきましたが、

その後の田中がどうなったのかと言いますと・・・

変わって・・・・ない・・・・

さんざん言ったくせに変わってない・・・・

というかむしろ暑くなってきてキッチンに立つのがぁぁぁぁぁぁぁぁ

とも思っています。

世のご飯作っている方たちは本当に頑張ってますね(´;ω;`)

毎日お疲れ様です!!!!!!!!!!!!!!!!

 

それで今回は栄養価が高い野菜をご紹介していきます!!

①キャベツ

胃炎や潰瘍の回復に効果があると言われるビタミンUを含み、またビタミンCやアミノ酸、カルシウムが豊富で、葉の緑の部分にはカロテンが多く含まれます。

(キャベジンってキャベツが由来なのか・・・)

1年中お店で見かけますが、春と冬でも栄養素や食感が異なるそうですよ!

春キャベツは葉の巻き方が緩く内部まで黄緑色をした、葉質が柔らかい物が多く、サラダなどの生食に向いています。

冬キャベツは何枚にも重なった葉がしっかりと巻かれていて、ずっしりと詰まったように重さがあり、こちらは甘みがあるのでロールキャベツなどに込み料理に向いていているそうです!

(私的には茹でてあるキャベツが好きですね(*^▽^*))

 

②大根

イソチオシアネートという辛味成分が含まれており、代謝をアップしてくれダイエットに効果があります。

また9割は水分でその中に含まれるジアスターゼと呼ばれるでんぷん消化酵素は、胃腸の働きを助ける作用があります。

たんぱく質分解酵素のプロテアーゼ、脂質の消化を助けるリパーゼ、発がん性物質を抑える働きのあるオキシターゼなどが含まれているそうです。

(大根の味噌汁が私的には大根料理の中でも一番好きです)

 

③トマト

ヨーロッパでは『トマトが赤くなると医者が青くなる』ということわざがあるほど、栄養がたっぷりなんですって!

赤い色はリコピンという成分で、有害な活性酸素の働きを抑える強い抗酸化作用が豊富に含まれていて、がんや動脈硬化を予防する効果も高いことがわかっています。

血圧を下げるカリウムやルチン、脂肪の代謝を助けるビタミンB6なども豊富に含まれているんです!

(トマトは何しても美味しい!!)

 

④ピーマン

栄養価は抜群で、ビタミンCの含有量はトマトの約4倍とも言われています。(まじか・・・)

カロテン、ビタミンE、カリウムなども多く含まれています。

独特の苦みは、加熱すると軽減されるそうですよ!

においの成分であるピラジンには血をさらさらにする作用があり、血栓や血液凝固を防ぎ、脳梗塞や心筋梗塞の予防にも効果があります。

ピーマンにそんな効果が・・・。

びっくりです( ゚Д゚)

(ピーマンの肉詰め美味しいですよね)

⑤ごぼう

食物繊維のセルロースやリグニンの含有量はトップクラス!!

便秘の解消や整腸作用、動脈硬化やがんの予防などに効果があると言われています。

イヌリンは血糖値を下げる働きがあるので、糖尿病にも効果的です。

カリウム、マグネシウム、亜鉛、銅などのミネラル成分が多く含まれています。

(きんぴら食べたい・・・。)

 

⑥にんじん

豊富に含まれるカロテンは免疫力を高め皮膚や粘膜を強くし、がんや心臓病、動脈硬化などに効果があると言われています。

カリウムやカルシウムも豊富でビタミンCも含まれています。

ですがアスコルビナーゼというビタミンCを壊す酵素が入っているため、その働きを抑制するために熱を加えたり酢やレモンなどを使って調理するといいそうですよ!

(きんぴら食べたい・・・。)

 

⑦かぼちゃ

ビタミンEが豊富で、これは血行を促進し体を温めるので冷え性の緩和に効果があるため、冷えから体を守る女性の味方です。

その他にカロテン、カリウム、ビタミンC、B1、B2、カルシウム、鉄などが含まれ、中でも豊富なのがカロテンです。

肌や粘膜、目を丈夫にし、免疫力を高めます。

(かぼちゃの煮物食べたい・・・。)

 

⑦ブロッコリー

カロテンとビタミンCが豊富で、キャベツの約4倍!!

さらに、糖尿病の予防効果があるクロム、血圧を下げる働きがあるカリウム、貧血を予防する鉄、カルシウムと、カルシウムの摂取を助けるビタミンKが多く含まれています。

アブラナ科の野菜は抗がん作用が高いと言われていますが、中でもブロッコリーは上位に位置します。積極的に食べ生活習慣病を予防していきましょう!!

(ブロッコリーにはマヨネーズ派)

 

⑧オクラ

独特の粘りの成分は、水溶性食物繊維のペクチンと複合たんぱく質のムチン

ペクチンには血中コレステロールを減らす働きがあり、血圧を下げる効果があります。

ムチンは胃粘膜の保護やタンパク質の消化促進、整腸作用などがあります。

その他にもカロテンやビタミンB1やB2、C、カルシウムやカリウム、マグネシウムなども多く含まれ、体の免疫力を高めてくれる野菜です。

(免・・・疫・・・ほしい・・・。)

 

⑨とうもろこし

野菜の中では高カロリーで、糖質とタンパク質が主成分。

ビタミンB1、B2、カリウム、亜鉛、鉄など様々な栄養素が詰まっています。ま

たセルロースという不溶性食物繊維が豊富なので、腸がキレイになる効果もあります。

(とうもろこしにこんな効果が!!!知らなかった・・・。)

 

意外な野菜が栄養価が高いことを知って驚きました( ゚Д゚)

今度こそは!!!

野菜を!!

食べる!!!

てて整骨院 田中

ページトップへ戻る