紫外線対策|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 南千住院 > 紫外線対策

紫外線対策

南千住院
2018.06.28

こんにちは南千住院の後藤です。

最近は嫌な暑さになってきましたね。

暑いというよりもぬるいって感じですね。

暑ぬるい!

毎日職場につく前にくたくたになってしまいます。

ですが東京の梅雨明けはもうすぐみたいなので、変な暑さとはおさらばできそうですね。

そして梅雨が明けて夏が来てもっとくたくたになっていきそうです。

院内はクーラーがきいているので涼しいのが救いですね。

外でお仕事されている方々はこの季節は中々大変なのではないのでしょうか?

夏といえば紫外線が絶好調な時期なので、肌に気を使っている女性の方々は警戒しなくてはいけないですね。

梅雨が明け夏が来る前に紫外線対策をしっかりとしていきましょう。

 

紫外線とは

皮膚の炎症やシミの発生、コラーゲンの減少やエラスチンの破壊などによるハリ・弾力の低下、シワなどの要因となっています。

 

誰でもできる対策方法

いろいろな方法があるので今回は簡単なやつを紹介します。

1.日焼け止め

最近の日焼け止めは汗でぬれても簡単に落ちないのが発売されていたりと、一人一人様々なニーズ合わせて多くの種類が出ているので、昔に比べて自分に合ったものが探しやすいのではないのでしょうか。

毎日の紫外線が肌に蓄積されてダメージを受けるので少しだけ外に出る時でも日焼け止めを塗るのが良いでしょう。

2.帽子・アームカバー・サングラス・傘

日焼け止めが苦手な方でもできる対策で、熱中症対策にもなります。

紫外線は皮膚がんや白内障の原因なるのでそれらも予防できます。

 

紫外線のメリット

デミリットの方が多い紫外線ですが、メリットもあります。

紫外線は体内でビタミンDを作ったり、太陽光を感知して体内時計をリセットするなどのメリットがあります。

なので全く日差しを浴びないというのはよくないみたいです。

ほどほどに浴びるのが良いみたいですね。

 

 

どうだったでしょうか?

夏は肌に気を遣う人たちには大変な季節ですね。

特に女優さんとかはお仕事にかかわるので紫外線対策もお仕事みたいですね。

夏は紫外線だけではなく、熱中症も気を付けなくてはいけませんね。

高校時代真夏の練習で、自分はまだ若いので大丈夫だと思ってたのがダメでした。

熱中症で倒れたのは今でもいい思い出です。

それから外に出て運動する時は必ず水分補給をこまめにとるようになりました。

僕は今年の夏は真っ黒にになりたいと思っているので、水分をこまめにとり日光をガンガン浴びていこうと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る