仮|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 南千住院 > 貧血

貧血

南千住院
2018.07.26

こんにちは!

南千住院の中尾です(^^)/

今日は朝いちばんで驚きのニュースが届きましたね!

『桐谷美玲結婚!!』

いやぁおめでたい事ですね!

お相手は三浦翔平ということで、

もし子供が生まれたらどっちににても美男美女間違いないですね!!

 

さて、本題です(笑)

 

前回は貧血についてお話ししました。

貧血と言うか低血圧についてですが(‘ω’)

 

そこで今日は改めて貧血についてお話したいと思います。

低血圧との違いと貧血の簡単な説明は前回やらせていただきましたので、

今回はもう少し細かい部分をお伝えしたいとおもいます。

 

世間で良く耳にする貧血は、

大半が『鉄欠乏性貧血』と言われるものです。

 

前回のブログで酸素を運ぶのはヘモグロビンとお話ししましたが、

そのヘモグロビンが酸素と結合する為に必要なものが『鉄』なんです。

 

つまり、

鉄が欠乏する

ヘモグロビンが酸素と結合できない

酸欠を起こす

貧血

 

という流れが起きます。

 

貧血は女性に多いです。

 

理由としてはやはり月経による出血が関係してきます。

出血により鉄分が失われるので貧血が起きやすい言われています。

 

ドクターも患者さんが貧血の症状を訴えるときは、

まず出血を疑うという話があります。

 

男性の場合などもそうですが、

内臓(主に胃・腸・肝臓など)から出血を起こしていても貧血の症状を訴えるからです。

 

貧血の症状は、

・動悸

・息切れ

・めまい

・蒼白

・爪がスプーンみたいにへこむ

 

等が挙げられます。

 

このような症状が見られたときは、

軽く考えないで早めに病院を受診しましょう!

 

貧血もいくつか種類があります。

次に紹介するのが、

『巨赤芽球性貧血』

正常な血液をつくるために必要なビタミンB12葉酸が不足して起こる貧血です。

胃の切除手術を受けていたり、

胃炎が進行して胃が委縮しているとこれらの栄養素が吸収できなくなります。

また、妊娠やアルコール中毒、

末期がんなどによってもビタミンが大量に消費されて、

巨赤芽球性貧血を引き起こすことがあります。

・全身の倦怠感

・めまい

など貧血の症状の他にも、

・足のしびれ

・知覚麻痺

・食欲不振

・下痢

などが生じます。

 

巨赤芽球性貧血の場合は、

ビタミンB12と葉酸をサプリメントで補給することが大事です。

夏になり食欲も落ちて、

冷たい飲み物ばかり摂取する等になりがちですが、

まんべんなく栄養を取って貧血も夏の暑さにも負けないようにしましょう!

 

今週末は台風12号が本州直撃するかもという事なので、

皆さんお気を付け下さいね!!

ページトップへ戻る