TOPICS|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > 2018年 > 7月

脱水・熱中症予防に!

Let‘s整骨院
2018.07.31

 

まだまだ暑い日が続きそうな、これからの季節に欠かせないのが水分補給です。

運動を続けていると必ず体温が上昇し汗をかきます。

夢中になって運動を続けているうちに強い疲労感を感じたり、頭痛がしたりと体に異変を感じて

適切な水分補給ができないと脱水症状や熱中症になってしまうこともあります。

このとき、身体は知らず知らずのうちに脱水症状を起こしています。

予防としての正しい水分補給の仕方をご紹介していきたいと思います。

 

 

脱水症状の原因と特徴

運動を行うと体温が上昇しますが、身体は汗をかくことで上がった体温を元の状態に戻すように調節します。

汗をかくために血液は皮膚に送られますが、運動強度があがると皮膚だけではなく

動きの激しい筋肉にも酸素が必要となり、血液が筋肉にも流れるようになります。

皮膚から水分が蒸発し、さらに血液が必要になった状態で運動を続けると、

汗をかくたびに血液中の水分が減ってしまい、血液の流れが悪くなってしまいます。

ドロドロになってしまった血液は流れを悪くするだけではなく、血液量そのものも減っているため、

 

身体にたまった熱を逃がすことや、筋肉を動かす機能が低下します。

水分補給を行わないと血液はドロドロに

身体が水分不足になると筋肉のみならず、頭痛やめまい、吐き気など体調に変化が現れます。

  • 筋肉が疲労して、けいれんを起こす
  • のどの渇きから倦怠感(疲れたと感じること)を起こす
  • 頭痛、めまい、吐き気、大量の発汗などが起こる
  • さらにひどくなると意識を失う

水分不足の状態をそのままにしておくと、やがて脱水から熱中症へと症状が移行していきます。

熱中症は炎天下の夏特有のものではなく、

湿気の多い時期や曇りの日でも起こることがあるので注意が必要です。

 

 

 

適切な水分補給は熱中症予防に効果的

運動中に水をたくさん飲んでお腹が痛くなったことはありませんか?

これは水の飲み方に原因があります。

運動を始めてしばらくすると、身体にたまった熱を下げるために水分が必要になりますが、

のどの渇きを感じない程度であれば、ついつい後回しにしてしまいがちです。

のどが渇いたと感じたときには、身体はかなりの脱水状態にあるため、

一度に多量の水分を飲んでしまうことになります。

一度にたくさん飲んでしまうと胃に水分がたまってお腹が重くなり、

痛みを感じたり、身体がだるく感じられたりすることがあります。
このようなことを予防するためにも30分を超えて運動を続ける場合には、

運動を始める前と終わった後だけではなく、運動中にも水分を補給することが大切です。

適切な水分補給の目安は次のとおりです。

■水を飲むタイミングと量

  • 運動を始める30分前、250~500mlを何回かに分けて飲む
  • 運動中は20分~30分ごとに一口~200ml程度を飲む
  • 運動が終わった後は減った体重分を補うように何回かに分けて飲む

■飲み物の温度

  • あまり冷やしすぎないこと。常温もしくは8~13℃程度に冷やしたもの

■飲み物の成分組成

  • 塩分0.1~0.2%程度
  • 糖度2.5~3%程度

糖度が5%を超えると水分の吸収率が悪くなります。

市販のスポーツドリンクを飲む場合には糖分濃度を確認し、

水で薄めて飲むとより身体への吸収が早くなります。

 

 

塩分・糖分の補給も忘れずに

身体から発散される汗は塩分を含むので、運動を続けると水分と塩分が不足します。

水分補給をするときは、あわせて塩分の補給も行いましょう。

塩分を一緒にとると水分の吸収速度がより早くなり、脱水症状も改善されます。

スポーツの現場では大きな水筒の横に、

梅干や塩などをおいて塩分を補給できるようにするなどの準備をします。

スポーツドリンクはもともと塩分を含んでいるので、

水分補給と塩分補給を同時に行うことができます。
また運動を長く続けているとエネルギー源が少なくなってくるため、

糖分をとって運動時のエネルギー補給をするとより効果的です。

 

 

正しく水分補給できているか自分で確認しよう

運動中にどのくらい身体の中の水分が失われたかは、

運動前と運動後に自分の体重を量ることで簡単に確認することができます。

運動前の体重と比較して、失われた水分量が体重の2%を超えないようにしましょう。

たとえば運動前に体重が50kgの女性であれば、1kg以内の体重減少に抑えましょう(運動後は49kg)。

体重の2%以上の水分が失われると、体温が著しく上昇し、

筋肉の温度が上がって熱っぽくなり、効率的に収縮することが難しくなります。

明らかに競技能力が低下します。

また尿の量と色を目で確認することでも正しく水分補給ができているかを確認することができます。

いつもよりも尿の色が濃く量が少ない場合には、代謝産物が多く、もっと水分をとる必要があります。

色が薄い黄色であれば、水分の代謝バランスがよい状態です。

 

 

水分補給で気をつけたいこと

  • のどが渇いたと感じる前に水分補給をする!
  • 飲み物の糖分濃度に注意し、必要に応じて水で薄めて飲む!
  • 飲みすぎは消化器官に負担をかけるので、適時適量を心がける!

正しい水分補給で脱水症状や熱中症を予防し、

よりよい身体のコンディションを保って楽しく運動しましょう(^^)/

 

 

Let’s整骨院 齋藤

 

詳細はこちら

10月にドラマチックに復帰!! と懇願…

亀有南口分院
2018.07.28

先日、10月に行われる

WORLD TOUR 2018 in JAPAN の先行チケットについて

詳細は8月中旬に発表されるとのメールが届きました。

 

しかし

メイトの最大の関心事はチケットよりも

YUI-METAL のことでしょう。

 

昨年の10月15日大阪城ホールのライブを最後に

12月の広島は体調不良を理由に出演をキャンセル。

 

そして今年

もうすでに始まっている WORLD TOUR に至っては

何の説明もなく未だに出演せず。

 

この状況にメイトたちの中では様々な憶測が飛び交っています。

「まだ病気が長引いている?」

「腰とか身体を壊して療養中なんだよ」

「働きすぎてメンタル面で疲れが出ちゃったんじゃない?」

「脱退したいけど事務所と揉めてて出演できないのだろう」

「 KOBA-METAL 説明しろ!!」

「ゆいちゃん まじ ゆいちゃん」

「出演できないのを逆手にとって新たな演出を展開中なのでは?」

などなど…

反応は人それぞれです。

 

 

 

ある事柄が起きたとき

とっさに思い浮かんだ考えを『自動思考』といいます。

 

ここでいうと

YUI-METAL の出演キャンセルを知ったとき

ふと頭に思い浮かんだことが自動思考になります。

 

この自動思考には

その人の『認知のクセや歪み』が出ます。

 

わかりやすくいうと…

人によって

事実を受け取ったときの考え方には

クセや歪みが出てしまいがちなのです。

 

 

 

自動思考のパターン(認知のクセ)をいくつか挙げてみると

 

【  白黒思考  】

物事を全て白か黒かで極端に分けようとする考え方

「ちゃんと子育て出来ていない自分は母親失格だ…」

【  悲観的  】

上手くいくはずないと未来のことを悲観的に考えてしまう

「失敗した… もう終わりだ…」

【  他人の考えを邪推する  】

相手はこうと考えて決めつけてしまう

「あいつはダメだ!! 仕事やる気ないだろ!!」

【  ~しなければいけない(~すべき)】

~すべきと考えて自分や他人を責めてしまう

「父親は威厳がなくてはいけない」

「責任者なのだから、このぐらいやるべきだろう」

【  ラベリング  】

自分や他人にネガティブな偏見を持ってしまう

「自分はダメな人間だ」

「あいつは仕事ができない奴だ」

【  過小評価  】

上手くいかないことばかりに注目して成功体験は忘れてしまう

「自分はいつも人とうまく話せない」

 

 

このような自動思考のパターンに

自分で気づくことができるようになるといいでしょう。

物事を現実的に考えられて

対応も柔軟にできることでしょう。

そして

ネガティブな思考に憑りつかれるような

認知の暴走が起きにくくなると思います。

 

 

ちなみに

自分は悲観的な自動思考が働きました。

 

LIVE AT BUDOKAN   BLACK NIGHT の

ドキ☆モの楽曲中

3人のパフォーマンスをステージに写り出される

シルエットだけで魅せるカットを観るたび

 

「(  やっぱり3人でなければ…  )」

 

と、認知が暴走してしまう今日この頃でした。

 

 

 

南口院 いたばし

詳細はこちら

辛い片頭痛について

館山院
2018.07.27

こんにちは!てて整骨院の黒川です☆

片頭痛ってすごく辛いですよね(´-ω-`)

私は元から片頭痛持ちなんですが、いつも疲れた時や

天気によってよく発症して何もかもやる気を奪われます。。

そんなつら~い片頭痛について調べてみました!

 

~片頭痛の特徴と対処方法~

片頭痛とはこめかみ部分の動脈や脳の血管が広がり、その周辺の神経が刺激されて起こる頭痛です。
主に頭の片側にズキンズキンと脈打つように痛むのが特徴ですが、両側に痛みを感じる方も少なくありません。
片頭痛に特有の前兆を伴う方もいます。前兆は頭痛の起こる前の症状で、キラキラした光、ギザギザの光など「閃起暗点(せんきあんてん)」と呼ばれる症状が視野の中にあらわれる事があります。その他の前兆として、空腹感、あくび、イライラなどの症状、半身の脱力感やしびれや言語障害など個人の特徴によって様々です。
前兆は長くなく、ほとんどの方は60分以内に終わり、その後に痛みを伴います。

【原因】

・季節の変わり目なども含めて温度変化
急に暖かくなる季節の変わり目、お風呂で温まっている時等は体温調節のために血管が拡張し、頭痛が引き起こされることがあります。(片頭痛は冷すことが効果的。)

・女性ホルモンとの関係
主に片頭痛は女性20代~40代に多く見られ、生理中の前後に片頭痛で悩まされる女性が少なくありません。

・ストレスから解放された時の緊張緩和
ストレスを受けている状態は、血管も緊張して縮んでいる状態になりますが、緊張から解放された時は、急に血管が拡張することによって片頭痛が起こるとされています。

【症状】

・頭痛の持続時間は4~72時間と個人差がある。
・こめかみから目の辺りで脈打つようなズキンズキンとした断続的な痛みで時より強まる。
・普段より光や音に敏感となり、吐き気を伴うこともある。
・頭の片側に起こるだけでなく、両側・後頭部が痛くなる場合もあります。
・頻度は週に1回~月に数回程度、女性20代~40代に多い。
・前兆として、「閃起暗点(せんきあんてん)」と呼ばれる視野の中にキラキラした光、ギザギザの光などがあらわれる人もいる、その後まもなく頭痛が始まる。
・他の前兆としてあくび、めまい、イライラしたり情緒不安定な時に起こりやすい。
・体を動かすとさらに痛みが激しくなり、仕事や家事等の日常生活に支障をきたすおそれがあるため暗く静かな場所へ移動して、患部を冷やしましょう。

【対処法】

・片頭痛の前兆がある方は、前兆が起きた時には薬の準備をしましょう
(頭痛が起きる前に飲んでも、数時間後に飲んでも効果はありませんので頭痛が起きた直後に服用するようにしましょう。)
・普段から市販薬を携行しておきましょう。
・片頭痛は患部を冷やして下さい。温めたり、揉んだりすると逆効果となります。音や光に敏感なため、にぎやかな場所は避けて、暗い静かな場所で休むようにしましょう。
・痛い時はお風呂で長時間身体を温めるのは避けましょう。
・コーヒーや緑茶に含まれるカフェインは血管収縮作用があるため、頭痛を抑える効果があるといわれています。但し、飲み過ぎには注意しましょう。
・痛みが収まらない場合は、我慢せずに早目に専門医での診療を受けましょう。

※薬剤誘発性頭痛・・・頭痛の痛みを抑えようとするばかり、 飲み続けていると慢性的な痛みと感じてしまう場合があります、治療が困難となりますので、治療薬(トリプタン系薬剤・鎮痛薬など)の飲み過ぎには注意しましょう。
トリプタン系薬剤の使用量としては1ヶ月に10日以内が目安です。

【予防法】

・寝不足や寝過ぎ、極端な空腹状態を避けましょう
・食事から改善
マグネシウム・・・玄米・納豆・ヒジキ等に多く含まれ、血管の痙攣等を防ぐ効果
ビタミンB2・・・牛・豚のレバー・卵黄等に含まれ、血流を良くする働きがあります
・頭痛予防のためのストレッチや体操も効果的ですが、頭痛中は行わないように注意。

 

 

片頭痛が起きた場合はあまり無理をし過ぎないように

頑張って乗り切りましょうね!!

 

 

詳細はこちら

貧血

南千住院
2018.07.26

こんにちは!

南千住院の中尾です(^^)/

今日は朝いちばんで驚きのニュースが届きましたね!

『桐谷美玲結婚!!』

いやぁおめでたい事ですね!

お相手は三浦翔平ということで、

もし子供が生まれたらどっちににても美男美女間違いないですね!!

 

さて、本題です(笑)

 

前回は貧血についてお話ししました。

貧血と言うか低血圧についてですが(‘ω’)

 

そこで今日は改めて貧血についてお話したいと思います。

低血圧との違いと貧血の簡単な説明は前回やらせていただきましたので、

今回はもう少し細かい部分をお伝えしたいとおもいます。

 

世間で良く耳にする貧血は、

大半が『鉄欠乏性貧血』と言われるものです。

 

前回のブログで酸素を運ぶのはヘモグロビンとお話ししましたが、

そのヘモグロビンが酸素と結合する為に必要なものが『鉄』なんです。

 

つまり、

鉄が欠乏する

ヘモグロビンが酸素と結合できない

酸欠を起こす

貧血

 

という流れが起きます。

 

貧血は女性に多いです。

 

理由としてはやはり月経による出血が関係してきます。

出血により鉄分が失われるので貧血が起きやすい言われています。

 

ドクターも患者さんが貧血の症状を訴えるときは、

まず出血を疑うという話があります。

 

男性の場合などもそうですが、

内臓(主に胃・腸・肝臓など)から出血を起こしていても貧血の症状を訴えるからです。

 

貧血の症状は、

・動悸

・息切れ

・めまい

・蒼白

・爪がスプーンみたいにへこむ

 

等が挙げられます。

 

このような症状が見られたときは、

軽く考えないで早めに病院を受診しましょう!

 

貧血もいくつか種類があります。

次に紹介するのが、

『巨赤芽球性貧血』

正常な血液をつくるために必要なビタミンB12葉酸が不足して起こる貧血です。

胃の切除手術を受けていたり、

胃炎が進行して胃が委縮しているとこれらの栄養素が吸収できなくなります。

また、妊娠やアルコール中毒、

末期がんなどによってもビタミンが大量に消費されて、

巨赤芽球性貧血を引き起こすことがあります。

・全身の倦怠感

・めまい

など貧血の症状の他にも、

・足のしびれ

・知覚麻痺

・食欲不振

・下痢

などが生じます。

 

巨赤芽球性貧血の場合は、

ビタミンB12と葉酸をサプリメントで補給することが大事です。

夏になり食欲も落ちて、

冷たい飲み物ばかり摂取する等になりがちですが、

まんべんなく栄養を取って貧血も夏の暑さにも負けないようにしましょう!

 

今週末は台風12号が本州直撃するかもという事なので、

皆さんお気を付け下さいね!!

詳細はこちら

夏休み 子供のケガ

オレンジ堂整骨院・鍼灸院
2018.07.25

夏休み、始まりましたね。三匹の母 横山です。

子供達も元気に遊び、思い出作りに山へ海へ

いや、変わらず習い事とかで忙しい!などなど

皆さんお過ごしですよね。今回はこどものケガについてお話ししたいと思います。

小さいお子さんがいるママさん、

子どもというのは、道端でごねて動かなくなったり、思いがけず突然動いたりと、おとなの思い通りにならないことがたくさんありますよね。
わがままを言って泣き叫び、床に寝ころんだ子どもを起き上がらせようと手を引いたら、急に腕を痛がり始めた。

こんなふうに病院に駆け込む親御さんの話を聞きます。

そのほかにも、友達に引っ張られたり、遊んでいて転び、不自然に手をついたら突然腕が動かせなくなってしまった、ということもあります。
これは「肘内障(ちゅうないしょう)」といって、俗に「腕が抜けた」という状態になっているのです。
深刻なケガではありませんが、傷みが激しいため、子どもは腕を上げようとすると泣き叫び 困ったことはありませんか?

小学生のいるママさん、

膝を曲げようとすると痛い

触ったり押したりすると痛い

走ると痛い

階段の昇降で痛い

しゃがめない

こんな症状を訴えた事ありませんか?

オスグッドと言われるこの症状。

正式にはオスグッド・シュラッター病と言われていますが、

 

一般的には呼びやすいようにオスグッドと言われております。

オスグッドは小学生高学年から高校生の運動をしている子どもに起こりやすい怪我です。

 

オスグッドは成長期に起こりやすい怪我ではありますが、

    成長痛とは違います。

 

整形外科や病院では「成長痛なので成長が止まるまで治らないです。」

と言われることがとても多いです。

10歳から14、15歳くらいの子供に多く、サッカーや野球、バスケットボール、陸上選手によくみられます。

 

見た目に分かるけがの以外にお子さん自身が痛みを訴えている時はひまわり堂までお越しください。

お子さんの主治医は「お父さん お母さん」自身です。いつもと様子が違い痛がっている時は

まず、早めの受診が大事ですよ。

オレンジ堂 横山

 

 

詳細はこちら

うなぎのすすめ

Let‘s整骨院
2018.07.24

こんにちは!暑い中、バテ気味の後藤です。
こんな日には美味しいウナギで活力を見出して日頃のパワーを養いたいものです。
というわけで今回はそんなウナギにフォーカスをあてていきたいと思います。

1、うなぎはビタミン類が豊富

ビタミンA
うなぎはビタミンAが特に豊富。
ビタミンAを含む食品のなかでもトップクラス。
うなぎの蒲焼半分(50g)で、成人男性が1日に必要とするビタミンAの摂取量を超えます。
ビタミンAは目の健康に欠かせないビタミン。
不足すると目や網膜にダメージを受けます。
ビタミンAの摂り過ぎも健康に害がありますので、食べ過ぎには注意です。

ビタミンB1
うなぎはビタミンB1も豊富です。
ビタミンB1の含有量は魚介類の中でトップクラス。
うなぎの蒲焼一本(100g)で、成人男性が1日に必要とするビタミンB1の7割を摂取できます。
ビタミンB1は糖質をエネルギーに変換するのに必要なビタミンで、ダイエット効果も期待できます。

ビタミンB2
うなぎの蒲焼一本(100g)で、成人男性が1日に必要とするビタミンB2の半分を摂取できます。
ビタミンB2は人の成長には欠かせないビタミン。
栄養素をエネルギーに変える役割もあります。
皮膚や粘膜の再生にも関係があり、美容にも大切なビタミンです。

ビタミンE
うなぎの蒲焼一本(100g)で、成人男性が1日に必要とするビタミンEの8割を摂取できます。
ビタミンEは「若返りのビタミン」とも呼ばれ、細胞の老化を防ぐ効果があります。
ビタミンEは体内では作られないため、食事から取り入れる必要があります。

2、DHA・EPAも含まれている

うなぎにはDHA・EPAも豊富に含まれています。
意外ですよね?
うなぎは青魚の代表選手であるサンマと同じぐらいDHA・EPAを持っています。
アジやサケより多く持っています。
と聞くと驚きですよね。
EPAは血液や血管の健康維持には欠かせない成分。
血中のコレステロールや中性脂肪を下げる働きもあります。
DHAは「頭がよくなる」という宣伝が有名ですね。
脳の発達・成長には欠かせない成分です。

3、ムチンが含まれている
うなぎのヌルヌルにはムチンが含まれています。
ムチンには胃の粘膜を保護する働きがあります。
他にもたんぱく質の吸収を促進する働き、カルシウムの吸収を促進する働き、ドライアイを防ぐ働きもあります。

4、その他の成分
カリウム、カルシウム、亜鉛、ナイアシン、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、パンテトン酸などが、それなりに含まれています。
こうしてみると、うなぎって栄養豊富で凄い食べ物ですね。(*´Д`)

というわけでこんなに栄養豊富なウナギです。
美味しいだけではなく、健康になる要素も含有しているんですね。
皆さんもぜひぜひウナギを食べましょう!

レッツ接骨院 後藤

詳細はこちら

冷房以外で冷やす?

金町院
2018.07.23

昔はこれほど熱くはなかったような気がする日本の夏ですが、最近では毎年のように最高気温の記録を塗り替えています。東京の8月の平均気温は1970年ころは26℃~27℃だったのに対し、2010年前後は29℃を記録しています。2017年は24℃でしたが、コンクリートに囲まれた住宅地や風通しの悪い部屋の暑さは耐え難いものがあります。

 

室内を涼しくしよう

扇風機で熱気を外へ逃がす

帰宅したら窓を開け、部屋に風を通して空気を入れ替えましょう。窓はできれば対角線上にある二か所を開けると、風が通りやすくなります。窓が1箇所しかない場合は、玄関のドアを少しの間開けて置く、換気扇を回すなど工夫しましょう。防犯が心配な場合は、ドアチェーンをつないだまま少しあけ、ドアストッパーを挟んでおくだけでも空気は流れますのでおすすめです。

扇風機で熱気を外へ逃がす

部屋の中に熱気がこもっている場合、窓辺に扇風機を置いて部屋の熱気を外へ逃がしましょう。この時、扇風機の置き方にポイントがあります。扇風機の前面を外側に向け、扇風機の背面を室内に向けます。扇風機は背後の空気を取り込み前方へと流すので、扇風機の正面を外に向けて置くことで部屋の中の熱気を外に向けて流してくれます。

ベランダ、壁、室外機に打ち水

ベランダや外壁も熱を受けて熱くなっています。打ち水をすると気化熱で温度が下がるうえ、濡れた地面の上を通る空気も冷やされますのでおすすめです。ベランダの床、そして可能であればベランダの窓の周囲の壁やエアコンの室外機の周りにも打ち水をしてみて下さい。水は、前日のお風呂の残り湯など再利用水を利用しましょう。

打ち水は気温が下がっていく夕方が効果的。一つ注意していただきたいのは、打ち水をした水がきちんと排水溝から排水管へ流れるしくみになっているかのチェックです。集合住宅に住んでいる場合、ベランダにまいた水が隣や階下に迷惑をかけていないかも考慮しましょう。

湿度を下げる

部屋の湿度が高くなると私たちは「熱い」「不快だ」と感じるます。湿度を下げることで温度自体がそれほど変わらなくても、「快適」と感じることができますので、エアコンのドライや除湿器を使って室内の湿度を下げましょう。

また、その後も他の場所で発生した湿気が室内に流れ込まないように注意しましょう。お風呂の窓を開け、換気扇も付けてお風呂場の湿度がリビングに入らないようにする、調理中は換気扇を回して調理中発生する蒸気を外に逃がすなどといった工夫をしましょう。

詳細はこちら

そうだ!カツオを釣ろう!! 

館山院
2018.07.20

こんにちは。てて館山の齊藤です。

毎日暑いですね。熱中症対策をきちんとして過ごしましょう!

 

さて、夏の館山と言えば海水浴やBBQのアウトドアレジャーにお祭りや花火大会が有名なのですが、わたくし的にはやっぱり今年もやってきた、ソウダガツオの季節です。

 

たしか去年も書いたよなぁ・・・と思って調べたら9/13(リンク)でした。そういえば去年は群れが来るの遅かったですからね。

 

実は今年のソウダガツオ釣りは今回で3回目。初回はサッカーW杯の日本代表の試合の日だったので、さすがにこんな日は空いてるだろうと思って朝の3時に出発したら既に満員。大迫だけじゃなく、館山半端ないって。めっちゃ人居るもん。あんなん釣りできひんやん、普通。釣り場一杯なら先に言っといて、ゆっくり寝てるから。。。って感じでした。

 

結局、仕掛けを投げるも船が来るというので1時間ぐらいで撤収(もちろんボウズ)。2回目は反省を生かして前夜のうちに現地着。結果3匹。今回はブログネタにするため万全を期して前夜から好ポイントを取っておきました。

 

結果

 

 

どどーん!6匹。釣れはじめたのが5:00頃で6:20には撤収しました。やっぱり暑いですしね。

 

去年は煮物、今年の2回目の釣りで釣ったのは刺身で食べてみました。

 

今回はネットで調べて美味しそう!と思った、伊豆地方で食べられているという、うずわめしっていうのに挑戦してみることにしました。なんでも伊豆の方ではソウダガツオの事を「うずわ(渦輪?)」と呼ぶらしいのです。詳しくは日本テレビの「ぶらり途中下車の旅」でも紹介されているようでしたのでご参考までに。(リンク

 

3枚におろして、血合いをきれいに取り除き。。。(身の半分ぐらいは血合いなのですがヒスタミン中毒の恐れもあるので綺麗に取り除きます)

  

 

うずわめしに欠かせないのは青唐辛子なんです。なかなか見つけられずにいましたが、前日の夜に某大型スーパーの産直野菜コーナーのワゴンに残ってたので2袋ゲット。あとはミョウガも薬味として加えてみます。左上には中骨がありますが、これは熱湯をかけた後に洗ってから昆布と一緒に出汁を取ります。

 

 

ミョウガを混ぜたカツオをたたいたのと青唐辛子を刻んだのと醤油とビール。最初はたたきと青唐辛子を混ぜたのに醤油をつけて普通のお刺身のように食べます。青唐辛子の辛さも手伝ってか、すごくビールが進みました。

 

 

その次は、たたきと青唐辛子に醤油をかけてよくかき回してからのオン・ザ・ライス。大葉も添えてみました。青唐辛子の辛さも手伝ってか、ご飯が進みます。

 

締めに中骨と昆布で取った出汁を掛けて頂く、出汁茶漬け。出汁なんですが、強烈に美味しいのが取れました。宗田節といって有名なのも納得ですね。

 

こんな感じで、うずわめしを堪能しましたが、この料理のキモは青唐辛子ですね。

 

という事で、青唐辛子について調べてみました!!

 

■青唐辛子の旬

7月~9月の暑い時期が旬のようです。

■主な栄養素・効能

青唐辛子にはビタミンCやビタミンE、βカロテンといった主要な栄養素が含まれていますが、一度にたくさんの量を食べられるわけではないので、それらの効果を期待するのは少し難しいかも知れません。しかし、青唐辛子の辛み成分であるカプサイシンが血液の循環をよくするので、体を温めたり冷え症の改善に効果があるとされています。また、脂肪燃焼の効果もあるためダイエット食として利用される方も多いです。ただし、胃腸の弱い方は食べる量や食べ方を考えましょう。

 

という事で、今が旬の青唐辛子を使って、食欲減退からくる夏バテも吹き飛ばしましょう。また、辛さで大汗をかいた後のスッキリした感じもなかなか良いですよね!

 

今年の夏は暑さが厳しいので、食生活もなるべく整えてなんとか乗り切っていきましょうね!(`・ω・´)

詳細はこちら

夏の食中毒

オレンジ堂整骨院・鍼灸院
2018.07.18

今回は、食中毒についてお話ししていきます。

細菌が原因となる食中毒は夏場(6月~8月)に多く発生しています。その原因となる細菌の代表的なものは、腸管出血性大腸菌(O157、O111など)やカンピロバクター、サルモネラ属菌などです。食中毒を引き起こす細菌の多くは、室温(約20℃)で活発に増殖し始め、人間や動物の体温ぐらいの温度で増殖のスピードが最も速くなります。例えば、O157やO111などの場合は、7~8℃ぐらいから増殖し始め、35~40℃で最も増殖が活発になります(*)。また、細菌の多くは湿気を好むため、気温が高くなり始め、湿度も高くなる梅雨時には、細菌による食中毒が増えます。
一方、低温や乾燥した環境中で長く生存するウイルスが原因となる食中毒は冬場(11月~3月)に多く発生しています。食中毒の原因となる代表的なウイルスであるノロウイルスは、調理者から食品を介して感染する場合が多く、ほかに二枚貝に潜んでいることもあります。ノロウイルスによる食中毒は、大規模化することが多く、年間の食中毒患者数の5割以上を占めています。
このほか、毒キノコやフグなどの「自然毒」、アニサキスなどの「寄生虫」なども、食中毒の原因となっています。
このようにさまざまな原因物質によって、食中毒は1年中発生しています。

食中毒の原因となる細菌やウイルスは目に見えないため、どこにいるか分かりませんが、私たちの周りの至るところに存在している可能性があります。
肉や魚などの食材には、細菌やウイルスが付着しているものと考えましょう。
また、いろいろな物に触れる自分の手にも、細菌やウイルスが付着していることがあります。細菌やウイルスの付着した手を洗わずに食材や食器などを触ると、手を介して、それらにも細菌やウイルスが付着してしまいますので、特に注意が必要です。
きれいにしているキッチンでも、食中毒の原因となる細菌やウイルスがまったくいないとは限りません。食器用スポンジやふきん、シンク、まな板などは、細菌が付着・増殖したり、ウイルスが付着しやすい場所と言われています。

腹痛や下痢、おう吐などの症状が急に出たことはありませんか。そんなときに疑われるもののひとつが「食中毒」です。食中毒は、飲食店などで食べる食事だけでなく、家庭での食事でも発生しています。家庭での食中毒を防ぐのは、食材を選び、調理する皆さん自身です。

今年は、特に暑いので様々な食虫毒が、発生する可能性があります。常に体調管理しながら生活していかなければなりません。

 

オレンジ堂整骨院 田仲

 

詳細はこちら

認知症予防に効果的な手指を使う運動・スポーツ

Let‘s整骨院
2018.07.17

指先を使う動作は、脳の「前頭連合野」という部分を刺激するため、

認知症予防に有効と考えられています。

学校授業の体育や部活動があった子どもの頃に比べ、

年齢を重ねると身体を動かす機会は減りがち。

手や指先を使う運動やスポーツを取り入れて、心身の健康維持に役立てましょう。

 

 

カロリー消費だけではない運動のメリット

健康的な毎日を過ごすためには定期的に身体を動かす習慣が必要不可欠です。

運動によるメリットは数多く挙げられますが、米国疾病予防管理センターによると、

運動が身体にもたらすメリットについてこのように説明しています。

■運動の直接的な健康効果・メリット

  • 運動によって消費されるカロリーが食事などからとる摂取カロリーを上回れば

「カロリー負債」となり体重減少に貢献する

  • 体重コントロールを可能にするためには継続的な運動習慣が必要

■運動の間接的な健康効果・メリット

  • 高血圧による病気のリスクを減少させる
  • 2型糖尿病、心臓疾患、がんなどのリスクを減少させる
  • 関節痛やそれに関連する歩行困難などのリスクを減少させる
  • 骨粗鬆症とそれに伴う転倒のリスクを減少させる
  • 抑うつ状態の改善

運動によって期待できることとして、「生活習慣病の予防」「脂肪が燃焼しやすい身体づくり」

「若々しい身体の維持」「脳の活性化」などが挙げられます。

そしてとりわけ、手や指先を使う動作を行うと脳の活性化につながり、

認知症などの予防や改善にも効果が期待できると言われています。

 

指先を使う動作は前頭連合野を刺激し、認知症予防に有効

人間は手や指先を使うことで、脳の「前頭連合野」という部分をより活発に働かせることができます。

「前頭連合野」は、巧みな動作を可能にし、思考・意欲・情動などを実際の行動に変換する場所です。

例えば、手を使ってある動作を行う場合、「前頭連合野」から脳の中央にある「運動野」に指令が届き、

そこが手の筋肉や関節を動かすことによって実際の行動に反映されるようになります。

手をよく使えば使うほど、手から脳へ送られる信号が増え、

それを受け取った脳とその信号をつなぐ神経回路であるシナプスの働きが活発になるため、

こうした動作を繰り返すうちに脳がより活性化されると考えられています。

手はものを握ったり離したりして巧みな動作を行いますが、指先を使う動作には、

小さなものをつまむピンチ動作、指先を触れて動作を行うタッピング動作、

指を何かにひっかけるフック動作などがあります。

また手のひら全体を使って行う動作としては、

重いものや硬いものなどをしっかりと握るグリップ動作などがあります。

特に指先を使って動くピンチ動作やタッピング動作、フック動作などは脳の機能障害での

リハビリテーションや認知症予防などに効果が期待できるものとして注目されています。

運動やスポーツなどにおいても道具を使って行うものは、手の動作が鍵となることが多く、

このことからも運動やスポーツは認知症予防にもつながるのではないかと考えられます。

 

指先の動作を必要とするおすすめの運動・スポーツ

では手や指先をなるべく動かそうと思っても、

面白いと感じるものでなくては、なかなか続かないものです。

これらの動作を必要とする運動やスポーツで、楽しむことがおすすめです。

手のひら全体を使って行うグリップ動作は「ものを握る」ことであり、

道具を使ったスポーツであればこの動作を伴うものがほとんどです。

テニスやバドミントンなどのラケットを握ったり、

ボールを握って投げたりといったことがその例として挙げられます。

また野球やソフトボールのような比較的小さなボールは握る動作で指先にまで力が入り、

グリップ動作とともにフック動作も加わります。

他にもタオルを使ったタオルストレッチなどもグリップ動作を伴う運動の一つと言えるでしょう。

一方、より細かな動作が求められる指先の動きとして、

スポーツに当てはめてみるとピンチ動作においては指先でつまんで投げるダーツが挙げられます。

またフック動作を伴うものとしては壁の突起物に手や指先を引っかけて登るボルダリングや、

ボールの穴に指を引っかけて投げるボウリングなどがその一例として挙げられるでしょう。

運動は健康的な生活を維持するために欠かせないものです。

目的にあわせて、様々な運動の選択肢がありますが、

脳の神経回路をより活発に働かせたいと思う方は、

手や指先を使った運動などもぜひ取り入れてみてください。

 

 

Let’s整骨院  齋藤

詳細はこちら

ページトップへ戻る