季節の変わり目のアレルギー|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > Let‘s整骨院 > 季節の変わり目のアレルギー

季節の変わり目のアレルギー

Let‘s整骨院
2018.08.21

こんにちは!
レッツの後藤です。
暑さもひと段落して秋めいてきました。
こんな時はアレルギーをはじめ自己免疫に関係した病気が出やすい時期です。
というわけで今回は季節の変わり目の体調変化時に出やすいアレルギー症状についてお話ししたいと思います。

1、まずアレルギーとは?
主に体内へ侵入するモノへの免疫反応を総称しているものであり、生活環境や遺伝的な要因が影響していると言われています。
免疫反応は体の防御反応として必要な要素ですが、それがエスカレートした場合本来の目的とは逆に自己を攻撃しだすという現象がアレルギー反応ではないでしょうか。
代表的な疾患としては有名な花粉症やハウスダスト、蕁麻疹、更に関節リウマチや急性糸球体腎炎といった軽度なものから比較的重度なものまで数多く含まれています。
またストレスにより症状が誘発されやすいといったデータもあるので現代社会における代表的な疾患と言えるのかもしれません。

種類
アレルギーはクームス分類によれば大きく分けて五つのタイプがあり、

・Ⅰ型- 蕁麻疹、食物アレルギー、花粉症、アレルギー性鼻炎、気管支ぜんそく、アトピー性皮膚炎、アナフィラキシーショック(蜂などの昆虫に刺された際起きるショック症状) etc。

・Ⅱ型- 自己免疫性溶血貧血、不適合性輸血、特発性血小板減少性紫斑病、、悪性貧血(ビタミンB12の欠乏によっておこる貧血)、円形脱毛症 etc。

・Ⅲ型- 血清病、全身性エリトマトーデス全身性、急性糸球体腎炎、関節リウマチ、リウマチ肺炎 etc。

・Ⅳ型- 接触性皮膚炎(ベルトやアクセサリーによるかぶれ等)、ツベルクリン反応、感染アレルギー、薬剤性肺炎 etc。

・Ⅴ型- バセドウ病などの刺激型の疾患。

2、治療法は?
アレルギーに対しては根本的な治療法といったものは確立されておらず、因子に対する対抗的な薬物の投与や原因となる物を避けるといったアプローチが行われているのが現状です。
前述のとおり、ストレスによるものや疲労によって症状が出た場合は困っている原因の除去や十分な休息によって軽減できる場合もあります。
ただ薬の継続的な使用や原因を除去し続けた場合、反応を起こす因子が減少することによって症状が大分軽減することが証明されています。
とりあえず症状にお困りの方は専門医によって適切な診断と検査をしてどういった要因が関与しているのかを調べてみることが先決かと思います。

3、鍼治療
花粉症やアレルギー性鼻炎や喘息、リウマチの各症状、蕁麻疹、内臓に影響を与えるアレルギー性疾患に対しては有効です。
主に体質改善を目的としたゆっくりした治療が目的なので身体に対して無理は生じません。
また初めての方でも痛みなども殆どないので安心してうけていただく事が出来ます
当院ではこれらの疾患に対するアプローチも出来ますのでお困りの方は是非是非ご利用ください。

レッツ接骨院 後藤

ページトップへ戻る