夏、旬を迎えるイカについて|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > オレンジ堂整骨院・鍼灸院 > 夏、旬を迎えるイカについて

夏、旬を迎えるイカについて

オレンジ堂整骨院・鍼灸院
2018.08.22

皆さん、 こんにちは!!

今回はイカについてです。

 

イカは、ビタミンやミネラル、たんぱく質を豊富に含んでおり、健康や美容に良い食材と言われています。

そんなイカは、ダイエット面でも注目されており、低カロリー・低糖質な上に、ダイエット効果も豊富です。

しかし、イカにも太る要素が含まれており、食べ方次第では太る原因にもなるので、注意するようにしましょう。

イカのカロリーと糖質、そして、ダイエット上のメリット・デメリット、ダイエット効果を高める食べ方について紹介しますので参考にして下さい。

刺身や寿司ネタとしても使われ、パスタなどにもなり、また中華料理の炒め物にも欠かせない食材です。幅広い活躍だけあって、種類も豊富。

多く流通しているのは、スルメイカ。漁獲量も多く、塩辛などの加工品にも多く利用されます。

刺身で楽しまれるような高級品種はヤリイカ。ヤリイカ以外に寿司ネタに多く使用される高級イカには、アオリイカ、ケンサキイカがあります。寿司ネタになるものにはコウイカもあります。

イカには甲を持っている甲イカ類と、筒イカ類があって、甲イカ類は身が厚くて甘みがあるという特徴を持ちます。先にご紹介した、ヤリイカやアオリイカ、ケンサキイカなどは筒イカ類の仲間です。

甲イカ類にはモンゴウイカもいます。こちらも身が厚く食べ応えがあるので、身だけで冷凍にしたものが広く出回っています。

よく食べられる種類には、ホタルイカもいますよね。刺身ではもちろん、煮物にしてもおいしいイカです。

 

イカのカロリーは?

イカのカロリーについてですが、イカ100gあたり「約88kcal」と低カロリーです。

イカ以外の魚介類のカロリー(100gあたり)

  • タコ:約76kcal
  • えび:約92kcal
  • ホタテ:約72kcal

このように他の魚介類と比較すると、イカは高カロリーですが、食品全体で見るとイカは低カロリーと言うことができます。

イカの主な効果としては
以下のようなものが挙げられます。

  1. むくみの改善
  2. 肝臓細胞の保護
  3. 視力回復効果
  4. 血圧を下げる
  5. 疲労回復効果
  6. 血液をサラサラにする
  7. 悪玉コレステロールを減らす

 

特に、悪玉コレステロールを減らしたりむくみを解消するという効果は直接、ダイエットにも繋がります。 美容に効果があり!!!!!

スルメにしてイカを食べる場合
噛み続ける事で、満腹中枢を刺激できるためお腹が減らないおやつとしても、活用できます。さらに、イカは高タンパク低カロリーなので筋力を落とす事無く、脂肪を落とせる食品といえます。

そのため直接的、間接的という両面からのダイエット効果を得る事ができます。

 

また、最近の研究の結果イカを食べる事で、脂肪肝が改善するという効果も確認されています。肥満からくる脂肪肝は、発展すると、肝臓がんや肝硬変、糖尿病などいろんな病気の原因になってしまいます。

特にお酒好きな人や
女性ホルモンが少なくなる40代以上にこういった脂肪肝のリスクが高まってきます。

ですので、対象になる人はイカを積極的に食べるようにして栄養を摂取しつつ、病気の予防にも努めましょう

こんなにも嬉しい効果がいっぱいです。イカもたくさん種類があるので食べやすいのから食べてみてはいかがですか!!!

 

オレンジ堂  岡田

ページトップへ戻る