秋バテ?|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 館山院 > 秋バテ?

秋バテ?

館山院
2018.09.14

こんにちは! てて整骨院館山の齊藤です。

 

9月も中盤に差し掛かり、今年の猛暑と比べるといくぶん過ごしやすい日もちらほら。

虫の音も秋の音になって、すっかり秋になったことを感じる今日この頃です。

 

近年では、夏バテならぬ秋バテという言葉も言われるようになって来ました。

秋バテってなに?という方もいらっしゃるかもしれませんので記事を書いてみようと思いました。

 

■秋バテとは

涼しくなって過ごしやすくなった初秋であるにもかかわらず、体がだるい・食欲がない・疲れやすい、といった体の不調が現れることを言います。暑い夏ならまだしも、秋になっても・・・というところがキーポイントでしょうか。

 

■なぜ秋バテになるの?

① 朝と晩の急激な温度変化

夏から秋の変わり目は、日中は半袖で過ごせるほど気温が高く、夜は長袖のパジャマと布団が必要になるぐらい冷える日もあります。また、日中の気温も日によって異なり、その気温差に身体が対応しきれないことで体調を崩しやすくなります。

② 秋の長雨と台風

初秋には雨の日が多く、気分が落ち込みがちになります。さらに台風の来襲で気圧も乱れやすくなります。そのため頭痛やめまいなど様々な体調不良を誘発しやすくなります。

③ 夏の生活習慣によるもの

夏の時期に身についた生活習慣によって、身体が冷えてしまっていることがあります。肌寒い日でも冷たいビールを飲んだり、夜も薄着のままで過ごすなど、夏と同じような生活習慣を続けると疲れが出やすくなってしまいます。

 

■秋バテを解消させるには?

① 食事

食事によって夏の間に暑さで消耗した体力を取り戻し、弱った胃腸を回復させることが大切です。食事の基本である「1日3食」・「規則正しく」・「バランスよく」を心掛けましょう。また、冷たいものをなるべく控え、温かいものを摂るようにしましょう。胃腸に負担を掛けないため、よく噛んでゆっくり食べることも大切です。

② 入浴

夏の間は「暑いから・・・」という理由でシャワーで済ませていた人も多いかと思いますが、37~39℃のぬるめのお湯につかると、体内の副交感神経が優位になり、身体が睡眠モードに切り替わります。また、冷房などで冷えてしまった身体を温め、体力の回復・胃腸の回復を助けてくれます。

③ 運動

少し汗をかく程度の適度な運動は、血行を促し疲労感を和らげる助けになります。朝夕の涼しい時間帯のウォーキングなどの軽い運動がオススメです。

 

最後に鍼灸師らしく秋バテ解消にオススメのツボを。ぐーっと指で押しても結構ですが、やはり冷え対策ということで温めることが大切です。可能な方は薬局などで台座灸(せんねん灸など)を買ってセルフケアをしてみてください。「火が怖い」とか「熱いんじゃないの?」と不安な方は是非ひまわり堂グループの各院に鍼灸師が居ますので相談してみてください。それでは厳選の3つのツボのご紹介です。

■足三里

松尾芭蕉の「おくのほそ道」の序文に『・・・ももひきの破れをつづり、笠の緒付けかえて、三里に灸すゆるより、松島の月まず心にかかりて・・・』と登場するぐらい有名なツボです。場所はひざのお皿のすぐ下、外側のくぼみに人さし指をおき、指幅4本そろえて小指があたっているところです。※せんねん灸公式・足三里解説動画

■三陰交

ツボ(経穴)は経絡の上にあると考えられており、手足にそれぞれ陰陽3系統あります。その足の陰経3つ(腎経・肝経・脾経)が交わっているところとして、この名がついています。つまり超重要なツボなのです。また、婦人科系のトラブル解消には定番のツボです。場所は内くるぶしのいちばん高いところに小指をおき、指幅4本そろえて、人さし指があたっているところです。※せんねん灸公式・三陰交解説動画

■湧泉

ツボの考え方は古代中国で原型が作られましたが、当時の人達は人間のパワーは大地の力を足裏から吸い上げるとも考えていたそうです。吸い上げた大地の力を泉に例え、泉が湧くような場所と言うことで湧泉と言うそうです。足でグーをした時、足裏でいちばんへこんでいるところです。目安としては足裏を3等分してつま先のほうから約3分の1のところです。※せんねん灸公式・湧泉解説動画

 

秋の体調不良を引きずったまま過ごしてしまうと、本格的な寒さが訪れる冬になってから更に大きな体調不良を招いてしまう恐れもあります。

元気に日々を過ごすためにも参考にしてみてください!(*´-`)

ページトップへ戻る