書くことがない|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 亀有南口分院 > 筋トレは抗っていることになるのか?

筋トレは抗っていることになるのか?

亀有南口分院
2018.09.29

先日、女優の樹木希林さんが亡くなられました。

 

自分が子供のころには「寺内貫太郎一家」というドラマで

もうすでにおばあちゃん役をされていましたが

年齢を重ねるにつれ『老い』に抗わず

その自然体のままでの演技が印象的でした。

 

そんな姿を思い返し『老い』について

思いついたことを少しお話したいと思います。

 

 

 

 

 

アメリカの心理学者エリクソン,E.H.は

人間の発達を

加齢による生物学的な成熟と衰退のみを基礎にしたものではなく

「人間は誕生から死まで生涯をかけて発達する存在である」

と考えました。

 

人の出生から子供、大人、老人に至るまでの発達を

包括的に見ていくことを『生涯発達』とし

この生涯発達の観点を明解にした『ライフサイクル理論』

という概念をエリクソンは提唱しました。

 

ライフサイクル理論で、人の一生は

「乳児期」「幼児期」「児童期」「学童期」

「青年期」「成人期」「壮年期」「老年期」

の8つの発達段階に分類されます。

 

それぞれの発達段階には

成長や健康に向かうプラスの力(発達課題)と

衰退や病理に向かうネガティブな力(危機)がせめぎ合っており

その両方の関係性が

人の発達に大きく影響していると仮定しています。

 

 

乳児期:「基本的信頼 対 不信感」

幼児期:「自律性 対 恥」

児童期:「積極性 対 罪悪感」

学童期:「勤勉性 対 劣等感」

青年期:「同一性獲得 対 同一性拡散」

成人期:「親密性 対 孤立」

壮年期:「生殖性 対 自己停滞」

老年期:「統合性 対 絶望」

 

 

各発達段階ごとに

「(発達課題)対(危機)」が対になって設定されています。

これは、どちらか一方しか獲得できないわけではありません。

 

危機を抱えながらもそれを克服し

発達課題を身につけていくような

経験を積み重ねていくことが大切ということになります。

( 発達課題は後に獲得することも可能です )

 

 

 

各発達段階には発達課題と危機がありますが

ここで老年期を例えに上げると

 

老年期は子育てが終わり、退職して余生を過ごす時期であり

身体の老化と直面し、死と向き合うことになる時期です。

 

発達課題は「統合性 対 絶望」です。

 

統合性とは

老年期までの各発達段階で獲得してきたものを振り返り

自分の人生をポジティブに受け入れて統合することです。

 

統合性を獲得することで気持ちや情緒が安定し

円滑な人間関係が築けたり

趣味・ライフワークを心から楽しむことができるようになります。

 

しかし

自分の人生を受け入れられないままだと

人生を後悔したり、新たな自分を探し求めることになり

身体の老化や時間の無さに不安や焦りが募り

絶望感を感じてしまうのです。

 

 

 

 

 

晩年、闘病生活を感じさせず

自然体で女優を貫いた姿は素敵でした。

 

心からお悔やみ申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南口院 いたばし

ページトップへ戻る