副鼻腔炎|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 亀有南口分院 > 副鼻腔炎

副鼻腔炎

亀有南口分院
2018.11.12

いや~
少しずつ寒くなってきましたね。
読書の秋、
スポーツの秋
食欲の秋
と様々な秋がありますが、皆さんどの秋をお過ごしですか?
僕は・・・
もうー
そりゃー
食欲の秋ですよ!(笑)
皆さんの期待は裏切りませんよ!
でも今年はいつもとは違いますよ!
ダイエットをしながら食べています!
「はいはい、またダイエットね」
「どうせいつも口だけのやつでしょ」
って皆さん思っている事でしょう!
残念ながら今回は一味違います!
なぜならば糖質を抑えながらやっているからです!
大好きな甘い食べ物たちとは少し疎遠になりましたけど、
それでも全く食べないわけではないので
全然辛くありません!(ほんとは少し辛い)
もしダイエットを考えているそこのアナタ!!!
糖質制限をおすすめ致します!
どうも窪田です。

とまぁー僕のダイエット話は置いといて、

今回は「副鼻腔炎」について少しお話をしたいと思います。
というのも半月ほど前に僕自身がかかりまして、
ほんとに辛かったので、皆さんにはその症状の情報を共有させていただきます。

原因:
人間の鼻には副鼻腔という空洞があり、前頭洞、篩骨洞、上顎洞、蝶形骨洞の4つがあります。
副鼻腔の内面をおおっている組織の炎症が起こることで副鼻腔炎になります。
原因としては、感染症、アレルギー、大気汚染、鼻の構造的問題があるようですが、
細菌やウイルスによる感染症が多いようです。
例えば、風邪を引いた後とかにかかりやすいですね(自分がそうでした)

症状:
副鼻腔炎の一般的な症状は、鼻汁、鼻閉、後鼻漏こうびろう(鼻汁が喉の奥に流れること)、頭重感、顔面の痛みや圧迫感、嗅覚障害などがあるようです。
僕自身は、始めに上の奥歯の痛みを感じ、一過性の痛みかなと放置していましたら翌日には顔面の痛みに頭痛が出るようになりました。最後には黄色の鼻水が出てきたのでこれはおかしいぞと思い耳鼻科に行きましたら副鼻腔炎だねと言われました。
でも鼻のことなのに何故歯が痛くなるのかなと思う方もいるかと思います。
副鼻腔の位置がすぐ歯の上にあり、炎症で少し腫れたりすると歯を圧迫し痛みが出るようになります。痛みが辛すぎて我慢出来ずに歯を抜いてしまった方もいるみたいですので、もし似ている症状が出た場合は先ず耳鼻科に行ってからの方がいいかもしれませんね。

歯と頭痛と黄色の鼻水の症状が出た場合は副鼻腔炎の可能性が大です!

ページトップへ戻る