お正月に食べる物|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > オレンジ堂整骨院・鍼灸院 > お正月に食べる物

お正月に食べる物

オレンジ堂整骨院・鍼灸院
2019.01.16

皆さん、遅くなりましたが明けましておめでとうございます!

今年の目標など決めましたか??  お正月でたくさん色んなものを食べたと思いますが、地元の郷土料理など知ってますか?

今回は私の地元の新潟のお正月に食べる郷土料理を教えます!!!

 

・新潟の郷土料理 のっぺ
みなさんは「のっぺ」をご存知ですか?
「のっぺ」とは、新潟では当たり前のように食べられている家庭料理で、とろみのついた和風おかずです。とろみは片栗粉ではなく里芋によるもので、にんじん、さやえんどう、こんにゃく、しいたけなどの具材が使われています。サケやイクラをのせることもあるのだそう。家庭により具材は変えられますし、出汁の味も異なるでしょう。

ホッとしながら食べられる煮物なので、家庭に限らず、小料理屋さんや居酒屋などで提供されています。上品なのっぺは、お正月のおせちにはもちろん、冠婚葬祭などのイベント時にも欠かさない料理で、年中食卓にあがるほど。温かくしても冷たくしてもおいしいので、季節に合わせて食べられていますよ。

のっぺの名前の由来
のっぺは、「濃餅」や「能平」と書かれる「ぬっぺい」からきていて、“とろみのある”という意味です。里芋でとろみがつけられた煮物なので、それを指しているのでしょう。

材料は大根、ニンジン、こんにゃくなど。地域、家庭によって入れる具材はさまざまで、その他にごぼうやカマボコ、たけのこ、ぎんなん、れんこん、麩、鶏肉、トトマメ(いくら)、鮭なども使われます。
のっぺは、味を濃くした煮物風のものもあれば、汁もの風のものもあります。
冷たくして食べる新潟など下越地方では、具はやや小さめの薄切り、温め直す中越地方では煮くずれしないように大きめに切ると言われています。
また、普段の祝い事では材料を短冊切りにし、不祝儀には乱切りまたは三角切りしたり、油揚げを入れるなど、材料の切り方や入れる具材も変わる地域もあるそうです。

これだけの食材があれば栄養効果も高いです!!

・のっぺ汁とけんちん汁との違い
似たような料理として「けんちん汁」があります。どー違うのよ?。 大阪あたりだと、「関西ではのっぺ汁、東京ではけんちん汁という」といった、「おでん」と「関東汁(かんとじる)」 のような関係で語られていたりしますが、これは間違い。はっきり言って全くの別物です。
けんちん汁ってのは鎌倉の坊さんが考えた精進料理が元祖なんだそうで、ってことは本来はダシにも具にも生き物は使わない一方、あぶらげ、豆腐等の植物性蛋白は欠かせないって代物です。 さらに大きな違いは、油で一旦具を炒める事(正式にはゴマ油で炒めるのが正しいそうです)
もちろん、お山の修行僧でもなければ肉入れたって構いませね。

全体の材料を半分くらいにして、干し貝柱やぎんなんなどの高級な材料を使わなければ、里芋のおいしい秋口にはのっぺは良いお総菜になります。
だし汁に味付けして根菜類から炊き始めれば、里芋はすぐ火がとおるので、以外と短時間でできる煮物です。
新潟市内のスーパーでは、1年中のっぺがお総菜コーナーに並ぶ店もあり、普段少しだけ食べたいときには助かっています。

この「のっぺ」と切り干し大根を使った「はりはり漬け」が新潟のお正月には欠かせないごちそうです。

来年は皆さんも食べてみてはいかがですか! ?

 

オレンジ堂岡田

 

ページトップへ戻る