インフルエンザ予防|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > オレンジ堂整骨院・鍼灸院 > インフルエンザ予防

インフルエンザ予防

オレンジ堂整骨院・鍼灸院
2019.01.30

今回は、インフルエンザについてお話しさせていただきます。

一般的には、風邪は鼻水や咳といった症状が局所から徐々に出てきますが、インフルエンザの場合は、熱や寒さ、関節の痛みなどの全身症状が急に出てきます。心拍が早くなるのも特徴です。
発熱後は、早すぎるとインフルエンザかどうかの見分けが付かないこともありますが、2~3時間で分かる場合もあります。辛いときは早めに受診をしまし

異常行動が出るというのも昔の話。今ではそれはタミフルによるものではなく、インフルエンザによる症状のひとつと言われています。
タミフルは強い薬というイメージがあるかもしれませんが、体内ではインフルエンザの病原菌にしか効かないので、抗生物質よりも安心度は高いです。また、最近は吸入タイプの「リレンザ(5回吸入)」と「イナビル(1回のみ)」というものがあります。深呼吸ができる6歳以上の子でしたら、タミフルと同じ効果がありますので医師と相談してみてください。「イナビル」は一度でいいので楽な面もありますが、失敗するともう服用できないので、きちんと吸入ができる年齢に達してから使うようにしましょう。

ワクチンをどれだけ打ったかでインフルエンザの抗体(免疫)がついてきます。つまり、ワクチンを毎年接種することで、より抗体がつきやすくなります。子どもは生まれてから年数が少ないので、大人よりも回数を増やして抗体を多く作っていくために2回接種します。1回でも効果がゼロとは言いませんが、2回受けるほうがより効果が高いです

これはもう予防と運しかありませんね。大きく分けると、夏の終わりごろからでるインフルエンザはA(H1N1)型、12~2月に流行するのはA香港型、春先はB型とタイプが異なりますので、3度かかってしまう人もいるんです。ただ予防接種をしていればかかったとしても軽く済みます。
「夏の終わりに一度かかったからこの冬は予防接種しなくていい」ということはありませんのでご注意を!

インフルエンザは飛沫感染によるものなので、手洗い、うがい、マスクを徹底しましょう。家族にインフルエンザが出たら、感染者は治るまでなるべく部屋から出ないこと。可能であれば寝室を分けるか2m以上離す、唾液や鼻水などが付く可能性のあるタオルや食器類は別にするように。あとは、しっかりとした栄養と睡眠、適度な運動を心がけてください。先日、子供がインフルエンザに罹ってしまったお母さんのお話をご紹介させていただきます。飛沫感染(2m)を予防するために、寝るときに子供の頭と逆側(つまり子供の足側)で母が寝るようにしていたら、無事にうつりませんでしたという体験談をいただきました。

 

オレンジ堂整骨院 田仲

ページトップへ戻る